SirikaSirika
MMA
インタビュー

【UFC】なぜ元RIZIN王者マネル・ケイプは敗れたのか。パントージャ「彼の腕をキックでへし折ることを考えていた」

2021/02/08 11:02
 2021年2月6日(日本時間7日)米国ネバダ州ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night: Overeem vs. Volkov」が開催され、フライ級ランキング5位のアレッシャンドリ・パントージャ(ブラジル)が、元RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプ(アンゴラ)を判定3-0(29-28×2, 30-27)で撃破。UFC戦績を7勝3敗とした。  2016年8月のUFC登竜門番組「TUF」で、扇久保博正に判定負けも、UFC本戦では、後の王者デイブソン・フィゲイレードと渡り合い、フィゲイレードとドローのブランドン・モレノに判定勝ち、かつてケイプが判定負けしている佐々木憂流迦にも一本勝ちの戦績を誇る。2020年7月の前戦では、ロシアの13勝無敗1分アスカー・アスカロフに判定負けを喫したが、フライ級戦線も実力者ぞろいであることは間違いない。  試合を制したのは、パントージャの蹴りだった。  試合の入りはサウスポー構えだったケイプに、圧力をかけてダブルレッグに入ったパントージャ。ここは切ったケイプだが、ナチュラルなオーソドックス構えになると、パントージャは右のカーフキック! ボクシングベースのケイプが、大きくスタンスを開いて構えた前足に、パントージャが外側からのローキックをふくらはぎに当てると、ケイプはサウスポー構えが多くなっていった。  朝倉海との2度目の試合で海をマットに沈めた右のパワーハンドが、サウスポー構えで前手になるなか、パントージャは、得意の右ミドルもヒット。徐々にケイプを手詰まりにさせていった。  実は、この展開の一部を的中させた選手がいる。4年半前の「TUF」でパントージャを判定で下した扇久保博正だ。  今回のフライ級戦の両者をよく知る扇久保は自身のYouTubeで、パンチ勝負では、「ケイプはかなりボクシングがうまい。パンチの勝負になると、いつも通り、パントージャはガンガン行くと思うけど、ケイプは柔らかくいなして、懐に入って当たんないように思う」と、ケイプ有利を予想しながらも、「蹴りも使うと展開は変わる。ケイプは上体で避けるのでハイキック、ミドルキックが有効だと思う。パントージャはミドルを結構打つし、それを作戦に入れていけば、削って削って、ケイプがバックを見せたところで寝技で極められる」と予想していた。  2019年大晦日に、石渡伸太郎にスプリット判定勝ちを収め、当時バンタム級王者だったケイプへの挑戦権を獲得していた扇久保は、「もし僕がケイプと戦うなら、距離を取ってジャブをついて、蹴りで削って、相手が焦れてパンチで来たときにタックルを合わせる」と語っていた。  ジャブを当て、カーフキックで右を封じ、さらにミドルキックでパンチの距離を潰したパントージャ。グラウンドに持ち込めば、佐々木を極めた寝技の強さを見せることができる。しかし、2R以降、各試合のラウンド終盤にテイクダウンに行ったのは、ケイプの方だった。  攻撃を印象づける時間帯でのダブルレッグテイクダウン。ここで、パントージャはスクランブルから足を効かせての立ち上がりを見せている。逆に言えば、ケイプもテイクダウンからの抑え込みには固執せず、「立たせてバックテイクからコントロール」の動きで、ラウンドを終えている。それは、パウンドで削れれば削るものの、倒しても「寝技」の展開を避けたかったからとも考えられる。パントージャが倒されてもダメージ無く立ち上がった、このケイプのテイクダウンアテンプトは、判定において大きなポイントメイクにはならなかった。 (C)Zuffa LLC  扇久保は、近年のパントージャについて、「僕と戦った後にATTに移籍して、レスリングが急激に強くなった。打撃も以前はクロールみたいに(振り回して)打ち勝つのが、いまは綺麗に打つ。僕とやったときより強くなっている」と語り、パントージャ勝利を予想していた。  ATTでパントージャはケイプと対戦した経験を持つ堀口とも交流したが、新型コロナウイルスの陽性反応で、一度、試合は延期となっている。練習では、現ONE Championshipフライ級王者のアドリアーノ・モラエスとも練習。90年代にムエタイ選手からカーフキックを伝授されたとも言われるファビオ・ノグチの黒帯マカラオコーチとキックの練習を積んできた。  試合後、パントージャは、「彼のボディを蹴ろうとしてるとみんな思ってただろうけど、(ガードしてきた)彼の腕をキックでへし折ることを考えてた。5発目のキックで、俺は彼の腕を破壊できると確信した」と語っている。  サウスポー構えになった時のストレートも封じられたケイプにとって、前戦のように蹴りを多用しない朝倉海をダウンさせた距離では戦えなかったことは確かだ。そして、ウィークポイントである寝技があることによって、パントージャの組みのプレッシャーも感じながら戦わざるを得なかった。  1年2カ月ぶりの試合のブランクの影響もあったであろうケイプは、試合後、「ごめんなさい、日本」とツイート。  勝者のパントージャは、「タフな対戦相手であるほど、戦略が重要になる。ミステイクが1秒でもあったら、ドボンだ。自分は3R・計15分を戦うつもりで準備してきている。14年もやってきて、もう違う人間になっているというか、何より賢くなった。どんな相手とでも、誰とでも戦えるし、優れたストライカーであるマネルとだってそれで勝負できるし、柔術だってできる。すべてが頭に入ってる。コーチは俺に必要な全部を叩き込んでくれてる」と、試合を振り返った。  試合に向かう様々な環境、自身と相手の武器、相対関係によってそれぞれの試合は異なる。世界最高峰の舞台では、出来ないことがあれば、すぐにそこを突かれ、すべてが出来た上で、さらにストロングポイントが突出している選手同士が凌ぎ合いを戦っている。  フライ級王者との再戦をアピールしたパントージャ、オクタゴンでの再起を誓うケイプ、そしてかつて彼らと対戦した日本のファイターは、どんな進化を目指すか。RIZIN王者の敗戦は、海の向こうの出来事ではない。  以下は、試合を終えたパントージャとの一問一答だ。 [nextpage] またもATT! パントージャ「月曜にはジムに行く」 ──試合を終えた率直な感想を教えてください。 「マネル・ケイプはタフな対戦相手だったけど、自分の力を証明して、勝利しただけさ。マネルが素晴らしいファイターなのは分かっていたけど、彼はUFCがハイレベルなことを知る必要があった。よりハイレベルなヤツらがここにはいるんだ。1R目は相手も緊張していたように見えた。マネルは今後もUFCで良い試合を重ねていくだろう。自分としては今回もまたタフな選手と試合ができて嬉しいよ。打撃技術には自信があるし、ムエタイの経験も柔術の経験も十分にある。フライ級トップのファイターと今後ももっと試合をしていきたいね」 ──今回の試合でどんな作戦を考えていましたか。 「1Rからきちんとスコアのつくスマートな戦い方を心がけ、一切ミスをしなかった。いつだって試合をするときはフィニッシュすることを考えて臨むから、タフな対戦相手であるほど、戦略が重要になる。ミステイクが1秒でもあったら、ドボンだ。自分は3R・計15分を戦うつもりで準備してきている。今日マネルと戦ったけれど、その自分のなかには(王者のデイブソン)フィゲイレードとやりたいということがあった。とにかくフィゲイレードと再戦したいんだよ。(ブランドン)モレノが戦えないなら自分がいる。  最初に彼と対戦(2019年7月「UFC240」でパントージャが判定負け)したとき、彼は俺に、『ストリート・ファイトのように、ブルドッグ・ファイトしようぜ』と言ってきたんだ。俺は、『やってやるよ、ぶちのめしてやる』って言ってたんだけど、1R目に彼はテイクダウンしてきたんだよね。おちょくられた。俺はもうそういうミスは犯さない」 ──勝因をどのように考えていますか。 「自分は成長し続けている。経験したすべての試合が自分に必ず何かを与えてくえていて、それをどんどん見せていく。自分は14年やってきて、もう違う人間になっているというか、何より賢くなった。どんな相手とでも、誰とでも戦えるし、優れたストライカーであるマネルとだってそれで勝負できるし、柔術だってできる。  すべてが頭に入ってる。コーチは俺に必要な全部を叩き込んでくれてる。頭の中にすべて詰まっていて、フォーカスする。それが目に宿る。ある人が、『俺の目が血走ってる』と言っていたんだ。『フェイス・トゥ・フェイスでひとたび目を合わせたら、誰もこいつを止められないぜ』ってさ」 ──マネルと実際に戦って印象が変わった部分はありますか。 「タフな相手だった。バンタム級でやってきた選手がフライ級に転向したということもあってとても強い。でも、俺の拳だって強い。俺は、彼に自分の拳を感じさせることができたと思ってる。だから彼も敬意を持ってくれた。彼のボディを蹴ろうとしてるとみんな思ってただろうけど、(ガードしてきた)彼の腕をキックでへし折ることを考えてた。5発目のキックで、俺は彼の腕を破壊できると確信した。そういうことなんだ、俺は対戦相手を破壊することを考えて試合してる」 ──今回の試合のダメージの回復にどれくらいかけて、どれくらいで戦いに戻ってきますか。 「月曜だ! 月曜にはジムに行く。何よりATTのジムのみんなに感謝を伝えにいかないといけない。みんながどれほど自分のためにハードワークしてくれていたか。素晴らしいチームに恵まれたことに感謝していて、だからこそ、この試合も勝つことができたんだ」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事