ONEONE
シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】ベテランの伏見和之が他団体で活躍する“健太の弟子”心直と対戦

2021/01/23 15:01
 2021年2月7日(日)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2021 act.1』の第2弾対戦カードが発表された。  元SB日本スーパーバンタム級王者で現SB日本バンタム級1位・伏見和之(RIKI GYM)が、心直(REON Fighting Sports Gym)と対戦する。 心直は“プロフェッショナルシスト”健太を師匠に持ち、ジュニア時代はNJKFアマチュア大会で45kg級王者に。プロデビュー後、J-NETWORKではフライ級新人王となり、同級4位にランクイン。2020年9月の新日本キックで元日本フライ級王者・泰史から勝利を奪う番狂わせを起こした。12月のREBELSでも延長戦までもつれ込む接戦で老沼隆斗を苦しめている。戦績は5勝(1KO)5敗2分。  その心直を迎え撃つ伏見は2008年5月デビューのベテランで、SB軽量級1といってもいい強打を持ち、毎回倒し倒されのダウンの応酬で会場を盛り上げる。2020年2月には佐藤 執斗を破り、まだまだ若手の追随を許さない。  そして、山田ツインズの弟・虎矢太(シーザージム/SB日本スーパーバンタム級)が沖縄の翔平(SHINE沖縄)と対戦する。翔平はアグレッシブなファイトスタイルを特徴とし、沖縄のキック団体『TENKAICHI』ではライト級、フェザー級王者の二階級を制覇している強豪。戦績は24戦13勝(4KO)11敗。対する山田は前戦となった昨年12月の浅草大会では14戦のキャリアを持つHIROKIを相手に3度の投げでシュートポイントを奪っただけでなく打ち合いでも圧倒した。現在3戦無敗の山田は格上の翔平を下し連勝記録を伸ばすか。  なお、今大会は昨年11月の『SHOOT BOXING 2020 act.2』と同じく、会場に来られないファンのために「ローチケ LIVE STREAMING」にて有料配信することも決定した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事