MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉海、堀口のカーフキックは「外せると思っていた」。未来は「作戦に無かった」

2021/01/01 09:01
【RIZIN】朝倉海、堀口のカーフキックは「外せると思っていた」。未来は「作戦に無かった」

(C)ゴング格闘技

 2020年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催された「Yogibo presents RIZIN.26」のメインイベント・RIZINバンタム級(61kg)タイトルマッチ(5分3R・ヒジ有り)で、王者・朝倉海(トライフォース赤坂)が、挑戦者・堀口恭司(アメリカン・トップチーム)を迎え撃った。

 2019年8月の前戦では、朝倉海が1R1分08秒、堀口の右にカウンターの右クロスを当ててKO勝利。今回は1年4カ月ぶりの再戦だった。

 試合は、遠い間合いを取った堀口が、パンチ狙いで前重心となった朝倉の左前足に、踏み込みの鋭い右のカーフキック(ふくらはぎへの蹴り)を効かせると、「踏ん張りが効かなくなった」朝倉の跳びヒザ蹴りにカウンターの右ストレートをヒット。さらに続けて組んできた朝倉をふりほどくように右フックを2度かぶせてダウンを奪うと、最後はパウンドで勝負を決めた。

 試合後、会見場に左足をひきずって現れた海は、試合の感想を問われ、「悔しいです」と振り絞るように答えた。

「完全に足を効かされたなっていう。そこが一番の敗因でした。最後も別にパンチが効いたわけじゃないですけど、踏ん張りが効かなかったです」

 堀口が蹴ってくることは「想定していました」と海は言う。

「向き合った感じではそんなに変わらなかったし、(ローキックは)外せると思っていました。僕も出入りが速いので、今まであんまりローキックを僕に対して蹴ってこれる選手はいなかった。そこでちょっと……やられちゃいました」

 海の兄で参謀的な役割を担うセコンドの未来は「(カーフキックが来るとは)分かってはいなかったですね。カーフキックを“そんなに狙ってくる”というのは作戦のなかに無かったんで。あのカットが出来れば、だいぶ流れが変わったのかなと」と、堀口の徹底した足狙いは想定外で、さらにカーフキックの対処が出来ていなかった、と敗因を分析する。

「外せる」と思っていた海にとっての想定外は、堀口の踏み込みの速さと強さだった。

「踏み込みが速かったのと、結構、思いっ切り踏み込んで来た。それに対応出来なかったですね。もう2発目くらいから結構効いちゃっていました。それで(さらに)外すことも出来なくなりました」

 そして、遠い間合いからの低く鋭い軌道のローはカウンターのパンチを合わせるのが困難だった。「(パンチは)合わせ辛いですけど……試合が終わってからは対策のしようはあるなと感じました」と海は反芻する。

 前戦のように堀口の飛び込む突きにカウンターを狙っていた海だが、「やっぱりパンチでは全然、入って来なかったですよね。ずっと合わせる準備はしていたんですけど。(逆に)僕のパンチに対しての蹴りを狙ってきたんで、そこはちょっと盲点でした」

 ATTの名将マイク・ブラウンが予告していた「ニュー・ホリグチ」の一つであるカーフキック。さらに、陣営はテイクダウンも用意していたが、それを出す前に堀口は試合をフィニッシュした。

 海は堀口の組みについては「テイクダウンはそこまで警戒してなかったです。逆に僕の方から(テイクダウンを)取りに行こうという考えでした。でも、すべて前足が機能しなくなってしまったことで……」と唇を噛み締める。

 未来も「カーフキックが一番の敗因じゃないかと思いますが、海の身体も硬かったですね、動きが。どうしてあんなに硬かったのか謎なんですけど。堀口選手がそうさせたのか。力みが凄かったので、いつもの力が出し切れていない感じがありました」と、王者を“力ませた”原因を謎、と表現した。

「まあ、また見たいですね」と海が三度、敗戦から立ち上がりリヴェンジすることに期待した未来。

 海も、「いろいろ修正して必ずリヴェンジしたいと思います。まずは足を治して、そっからやらなくてはいけないこともたくさんあるんで、いち早くリヴェンジ出来るようにするしかないかなって思います」と、前を向いた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事