MMA
インタビュー

【RIZIN】朝倉未来、復活の1R KO勝利で「斎藤選手に早くリベンジをしたい。正直、負ける気はしない」

2021/01/01 01:01
 2020年12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催された「Yogibo presents RIZIN.26」の第13試合(68kg契約・5分3R)ヒジ有りルールで、朝倉未来(トライフォース赤坂)が、前DEEP王者の弥益ドミネーター聡志(team SOS)と対戦。  スイッチを繰り返す変則的な動きを見せる弥益に対し、朝倉は左の三日月蹴りを腹に効かせると、ボディアッパーのフェイントから左ストレートをクリーンヒット、続けざまに左ハイキック&右フックでダウンを奪い、1R 4分20秒 KO勝ちした。  巧みなボディ攻めで弥益のガードを下げさせてのハイキック一閃。試合後の会見で未来は、「三日月が効いたときにもうハイは入るかなと思った」とフィニッシュを振り返った。  また、フェザー級戦線について、「クレベル選手とか、強かったですね」と対戦を視野に入れながらも、「斎藤選手ととにかくリベンジマッチをしたい。正直、負ける気はしない」と、RIZINフェザー級王者・斎藤裕との再戦をあらためて希望した。 格闘技に対しての覚悟が足りなかった ──試合を終えた心境からお願いします。 「まあ、安心しています」 ──対戦してみて弥益選手はいかがでしたか。研究もされたかと思いますが。 「強かったですよ。フェザー級のトップ戦線の人だなと。すごく変則的な動きのなかに、ノーモーションの強い右ストレートとか的確に出してくるので、そういうところは注意しました」 ──フェザー級で斎藤裕選手のほかに対戦したい選手もいますか。 「クレベル選手とかね、強かったですね。刺青の2人の対戦は──なんか対戦要望されましたけど──レベルが違うんで。まだまだ早いかなと。眼中ないですね」 ──今後の展望を教えてください。 「ほんとうに……なんて言いますか、格闘技に対しての覚悟が足りなくて、11月はあんな結果になってしまったので、今回は短い期間でしたけどすごく気持ちを作って、リスクはあるけど攻めて、来年からはもっと格闘技に真剣に向き合って、フィジカルトレーニングだとか、逆に何にもやってなくてこの強さだったので、弟のようにボクシングに通ったり、日本を代表して世界と戦う選手になりたいです」 ──「格闘技に対しての覚悟が足りなかった」というのは練習に向き合っていなかったということでしょうか。 「というより、試合のなかで保守的になっていたし、何というか、やっぱり格闘技ってリスクもあるけど、自分からの仕掛けだったりも大事で、11月から肉体的にも全く強くなったんですけど、精神面で200回分くらい強くなれたかなと感じます」 ──榊原CEOが、試合前に「未来にもダメージはある」と言っていたのですが、それを押して連戦に出場したのは、格闘技にもっと向き合いたかったということでしょうか。 「拳にヒビが入ってたことですか。そうですね……格闘家ってやっぱ怪我がつきもので仕方ないですけど、ここは身体にムチを打って“出る場所”かなと感じたので、リスクはあったんですけどKOが出来てよかったですね」 ──そのKOですが、序盤は弥益選手のスイッチにやり辛そうな感じでしたが、三日月蹴りから腹と上と上下に打ち分けて勝負を決めました。未来選手自身はどこでフィニッシュの手応えを感じましたか。 「三日月が効いたときにもうハイは入るかなと思いました。ボディアッパーのフェイントから左ストレート、ハイでしたね」 ──今後はどのあたりで試合をしたいですか。 「次、試合あれば出たいですね。すぐにでも。斎藤選手ととにかくリベンジマッチをしたいので……正直、負ける気はしないですね。やりたいです、早く」 ──起用を提言したシバター選手の試合をどう見ましたか。 「シバターはほんとうに採用して、というか正解だったなと。正直、格闘技のファンが増えたんじゃないですかね。あんなに真剣な姿を見て感動した人もいると思うし、プロレス的要素も含めつつ、HIROYA選手に勝つなんてすごいことなので、今日のMVPじゃないですか」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事