MMA
インタビュー

【RIZIN】萩原京平、生意気な平本蓮を「いっぱいいっぱいまでいじめて、いたぶって終わらせる」

2020/12/29 17:12
 2020年12月31日(木)さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.26』に出場する全選手の個別インタビューが、29日(火)に行われた。  第8試合の68kg契約5分3R(ヒジあり)で、平本蓮(THE PANDEMONIUM)と対戦する萩原京平(SMOKER GYM)がインタビューに答えた。 <質疑応答> ――コンディションはいかがですか? 「バッチリです。過去最高くらいで仕上がってきているので今からアイツを殴りたくてウズウズしていますよ」 ――その殴りたくてウズウズしているのは、一連のSNSやYouTubeで平本選手から挑発されたからですか? 「それもあるんですけれど、アイツの素行が悪いと思っているので。その辺のことで頭にきているところがあるんでね、リングの上で見せたろかって思っていますよ」 ――やはり頭にきてる? 「ナメられているなと思うので、その辺を早く分からせたいですね」 ――平本選手は練習中の動画も公開していますが、それを見てどう思いましたか? 「少しは見たんですけれど、あまり対戦相手の動画を見ない方なので、軽く見て、目を通したくらいですね」 ――先にMMAをやっている者として、そんな一朝一夕で身に付くものではないよ、との想いもありますか? 「そうですよね。僕も打撃の方からMMAに転向してきているので、レスリングや寝技のしんどさ・厳しさは十分に分かっているつもりなので。アイツは言ったらMMAを始めたてじゃないですか。そういうしんどさをまだちゃんと分かっていないと思うんですよ。僕もMMAに転向してから、そういう面でだいぶ苦労したので、初めの躓きをアイツに味わわせてやろうと思っています」 ――萩原選手が打撃で行くのか、それともテイクダウンして寝技で行くのかが注目されるところですが、今のところはどう考えていますか? 「どっちもですよね。記者会見で宣言した通り、マウントをとってヒジでボッコボコにしてやろうとも思っていますし、それは当日の僕の気分ですよね。いっぱいいっぱいまでいじめて、いたぶって終わらせたろうと思っているので」 ――ただ、これまでのRIZINの試合では自分からテイクダウンには行っていませんよね? 「RIZINに出てからは自分からは1回も行ってないですけれど、RIZINに出る前の試合では自分からテイクダウンも行ってるし、練習ではレスリングの自分から仕掛ける練習、自分からテイクダウンをとりに行く練習をやっているので、今回はその練習の成果をやっと見せられるなって感じですね」 ――平本選手は、萩原選手のカーフキックを「あんなのは蹴りじゃない」と言っていました。 「カーフキックは今回の戦いの作戦の中には全く入っていません(笑)。でも全然チャンスがあれば使って行って、かく乱させてやろうと思いますね」 ――大晦日ということで違うモチベーションはありますか? 「特にモチベーションは変わらないんですけれど、日本の格闘技といえば大晦日のお祭りごとのイメージが強いので、そこに出られるのはテンションが上がります。嬉しい気持ちはありますね」 ――声を聞いているとテンションが上がっている様子がうかがえますが、試合になると落ち着いてやるタイプですか、それともエネルギーが出ちゃうタイプなのか。 「試合の時は落ち着いて戦えているんですけれど、リングに入った瞬間は昂っていますよね。でも試合の中ではその昂ぶりを見せないというか。試合の時は冷静に、でも気持ちは凄くアツくって感じでいつも戦っています」 ――大晦日の格闘技はテレビで見ていましたか? 「あります。去年もたしか家で見ていたと思うんですよね。まさか今年、自分がそこの舞台に立っているというのは面白いですよね」 ――しかもRIZINで今年4試合目ですからね。 「普通の選手ならありえないですよね。他の選手は根性入ってないと思うので。4大会連続で出場できる選手はなかなかいないと思うので、今年は気合い入れて突っ走りろうかなと思いましたね」 ――結果を踏まえて来年の自分はどうなっていると思いますか? 「来年には、自分のイメージではベルトを巻いているので。来年の大晦日に自分がメインの試合でタイトルマッチができたら一番いいなって思っていますね。そういうイメージを毎日自分でしています」 ――平本選手が「自分の物語の第一章に出てくる敵の一人にすぎない」と言っているんですが、萩原選手にとって平本選手はどういう位置づけですか? 「もちろんまだペーペーですよね。マンガとかにも一番威勢よく出てくるヤツはすぐにやられるじゃないですか。平本は完全にそういうキャラだと思っている。この試合はアイツが盛り上げるだけ盛り上げてくれているので、美味しいところは全部僕が持っていくという。僕の引き立て役ですよね。踏み台に過ぎないですね、アイツは」 ――柔術家の岩崎正寛さんから指導を受けているようですが、それはどういう力になっていますか? 「岩崎さんと練習しだしてから、自分でも分かるくらいグラウンドの技術が上がっているので、岩崎さんと練習するようになってからMMAファイター的に凄く成長できているなって思います。今回の試合がMMAファイターとして成長した姿をアイツに試せる試合だと思っているので、岩崎さんとの練習はほんまに自分のためになっています」 ――打撃だけでなく、あくまでもMMAファイターとしてMMAの技術を全て使って戦うということですね。 「そうですね」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント