MMA
レポート

【Fighting NEXUS】渡部修斗が一本勝ちで対抗戦勝利に導く「またRIZINとDEEPで頑張ります」「Fighting NEXUS vol.21×PFC.24」

2020/12/27 18:12
 2020年12月27日(日)18時から、GENスポーツパレス4Fにて、「MARRION APPAREL Presents Fighting NEXUS vol.21×PFC.24」が開催された。 ▼第12試合 Fighting NEXUS vs PFC対抗戦 3大将戦 MMA 5分2R(延長1R)65.8kg契約(※当日計量)〇渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘/Fighting NEXUS)[1R 1分37秒 リアネイキドチョーク]×寺田 隆(GUILTY/PFCフェザー級3位) 「Fighting NEXUS vs PFC 対抗戦 大将戦」。父に修斗初代ウェルター級チャンピオンの渡部優一を持つ渡部修斗は、2020年8月の「RIZIN.22」での井上直樹戦の一本負けからの4カ月ぶりの再起戦。対する寺田は山本空良との初戦はドローも、再戦で一本負け。以降PFCで3連敗中だ。  1R、開始早々、低いシングルレッグから金網まで押し込みダブルレッグに切り替えテイクダウンは渡部。  頭を抱え込む寺田の右脇を潜りバックを奪うと、左足をかけて引き込み、シートベルトに組んで、両足は4の字ロック。徐々にリアネイキドチョークで絞め上げタップを奪った。  大将戦で一本勝ちし、Fighting NEXUSチームを勝利に導いた渡部は、ケージの中「Fighting NEXUSバンタム級王者の渡部修斗です。今日、対戦してくれた寺田選手、遠い所からありがとうございます。そのおかけで僕はこのケージに立つことが出来ます」と挨拶。  続けて「今年、RIZINで負けてしまい、たくさんの人の期待を裏切ってしまいました。応援してくれた人、僕の身近な誰かの目標になれるように、またRIZINとDEEPで頑張りますので、関係者の皆さん、よろしくお願いします」と、RIZIN再挑戦をアピールした。 [nextpage] ▼第11試合 Fighting NEXUS vs PFC対抗戦 MMA 5分2R(延長1R)70.3kg契約(※当日計量)×拳勇(OOTADOJO/Fighting NEXUS)[判定0-3] ※18-20×3〇遠藤来生(POD/PFC)  1R、オーソドックス構えからサウスポーにスイッチする拳勇の跳びヒザにカウンターの右フックは遠藤。2R、遠藤のダブルレッグを差し上げる拳勇。なおも詰める遠藤は首投げテイクダウンからバックテイク。向き直り立ち上がる拳勇はミドル。判定は20-18×3で遠藤が勝利した。 ▼第10試合 Fighting NEXUS vs PFC対抗戦 MMA 5分2R(延長1R)61.2kg契約(※当日計量)〇村田純也(鈴木道場/Fighting NEXUS)[2R判定1-0] ※20-18, 19-19×2[延長判定3-0] ※29-28×3×亀松寛都(POD/PFC)  1R、サウスポー構えの村田にオーソドックス構えの亀松。互いにインローからケージレスリングを仕掛ける亀松。村田は下から腕十字狙うもかつぎパスの亀松がバックにつく。  2R、右ハイの亀松に左ミドルをダブルで当てる村田。しかし亀松のダブルレッグにジャンピングガードを取る村田。金網背に立ち上がる村田は右を小手に巻き、払い腰テイクダウン! バックテイクも立つ亀松。蹴り足を掴んでテイクダウンは村田。ブザー。判定は1-0で延長へ。  延長R、亀松の右ローがローブローとなり中断。再開。亀松に注意1。先にダブルテイクダウンは亀松も、脇差しリバーサルする村田が上に。そのままブザー。判定3-0で村田が勝利。「格闘技が無ければロクな者にならなかったです。格闘技に恩返しをしたいです」と語った。 【写真】決勝戦を田中智也が出場辞退。山本喧一PFC代表からフライ級(56.7kg)王者のベルトを巻かれたザ・タイガー石井(左)。 [nextpage] ▼第16試合 MMA 5分2R(延長1R)70.3kg契約(※当日計量) ×木村 豊(nico mma dojo) [判定0-3] ※18-20×3〇岸野“ジャスティス”紘樹(トイカツ道場)  1R、木村のシングルレッグをがぶる岸野が細かいパウンド。サウスポー構えから左ヒザで飛び込む。 2R、岸野は左ハイから前へ。抱える木村はシングルレッグも切る岸野がバックからリアネイキドチョーク狙い、ヒザを突きブザー。 ▼第15試合 Fighting NEXUS初代フェザー級決定トーナメント Bブロック準々決勝 MMA5分2R(延長1R)フェザー級(65.8kg契約)67kg契約〇鈴木淑徳(K-PLACE)[判定3-0] ※20-18×3×須貝秋彦(ピロクテテス新潟)※鈴木が前日計量で1.1kgオーバーの為、須貝が勝ち上がり。今回は67kg契約ワンマッチとして行われた。  1Rに組んで小外がけでテイクダウン&パウンドは鈴木。2Rも再三ダブルレッグテイクダウンは鈴木。金網際でバックテイクした鈴木がリアネイキドチョーク狙い。立ち際にみたびダブルレッグテイクダウン決める鈴木がバックのままブザー。判定3-0で勝利した。 ▼第14試合 Fighting NEXUS初代フェザー級決定トーナメント Aブロック準々決勝 MMA 5分2R(延長1R)フェザー級(65.8kg契約)山本空良(POD/PFC)SHIN(ノヴァウニオン)※SHINが対朝不良のため中止。山本が勝ち上がり ▼第13試合 KICK 3分3R 70.3kg契約(※当日計量)〇餅 瓶太(和神会)[1R 2分55秒 TKO] ※タオル投入×倉田鉄平(リバーサルジム茅ヶ崎グランドスラムKREW)  1R、サウスポー構えの餅の左ストレートで倉田が2度ダウン。倉田陣営からタオルが投入された。 [nextpage] ▼第9試合 MMA 5分2R(延長1R)65.8kg契約(※当日計量) ×石田陸也(総合格闘技道場DOBUITA)[延長判定0-3] ※27-30,28-29×2〇大越崇弘(TRIBE TOKYO M.M.A)  1R、大越のダブルレッグにニンジャチョークを合わせる石田だが、頭抜く大越に立つ石田。大越は再びダブルレッグテイクダウン。石田は下から三角に組みヒジ打ち。 2R、右ミドルの大越、左前蹴りの石田。金網に詰めての石田のヒザ蹴りがローブローに。中断、再開。右を振り詰める大越はダブルレッグへ。差し上げる石田の小手巻き投げを耐える大越。1者20-18大越も19-19×2で延長へ。  延長R、左で差して押し込む大越は片足をかけに行くが、石田は首相撲&ヒザ蹴り! しかし大越がダブルレッグテイクダウン。石田はニンジャチョーク狙いも頭抜く大越が上でゴング。延長判定は3-0で大越が勝利した。 ▼第8試合 MMA 5分2R(延長1R)65.8kg契約(※当日計量)×谷口軍曹(ASH)[2R 1分42秒 TKO]〇新井拓己(ストライプル新百合ヶ丘) ※サウスポー構えの新井が小外がけ等で再三テイクダウン&パウンド。 ▼第7試合 MMA 3分2R バンタム級 61.2kg契約×姉崎真也(示元會)[1R 0分13秒 TKO]〇木村琉音(K-Clann)※木村が金網詰め左右ラッシュ ▼第6試合 MMA 3分2R 61.2kg契約(※当日計量) 〇根本 洋(リバーサルジム茅ヶ崎グランドスラムKREW)[1R 2分18秒 肩固め]×井上涼太(チームフォレスト) ※井上のギロチンのクローズドから出た根本が肩固め ▼第5試合 KICK 2分2R ライト級 70.3kg契約村山敏之(K-Clann)桂大雅(クロスポイント・パラエストラ拝島) ▼第4試合 KICK 2分2R ストロー級 52.2kg契約〇高本千代(高本道場)[判定3-0] ※20-17×2, 20-16×横山理紗(FREEDOM@OZ) ※サウスポー構えの高本が左の蹴りを起点に前進 ▼第3試合 KICK 2分2R ウェルター級 77.1kg契約〇山田順也(FREEDOM@OZ)[判定2-1] ×楊忠岐(K-Clann) ▼第2試合 MMA 3分2R フライ級 56.7kg契約×笠原悠佑(拳心會)[1R 1分11秒 TKO] ※金網詰めてラッシュ〇aGO(HIDE'S KICK)※注意1 ▼第1試合 JUNIOR KICK 90秒2R〇金子暖東(フリー)[判定3-0] ※20-16×3×エディ(野澤道場)※金子が左右ラッシュで2度ダウン奪う
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事