ボクシング
ニュース

元K-1王者・武居由樹のボクシングデビュー戦、3月11日・後楽園ホールで予定「もう楽しみです」

2020/12/23 12:12
 プロボクシング転向を発表した元K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者の武居由樹(大橋ジム)が、2021年3月11日(木)東京・後楽園ホールで開催される大橋ジム主催興行『フェニックスバトル76』でプロデビュー戦を予定。大橋ジムから発表された。  武居は10歳からキックボクシングを始め、高校時代はボクシング部でも活躍。2014年11月にKrushでキックボクシングデビューし、2016年6月に初代Krushバンタム級王座、2017年4月には第2代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王座を獲得。2019年6月に両国国技館で行われた「スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」では全試合KO勝利で優勝した。20連勝を飾り、戦績は23勝(16KO)2敗。2020年3月のデンサヤーム・アユタヤファイトジムに判定勝ちした試合がK-1での最後の試合となった。  武居は自身のSNSにて「デビュー戦(予定)決まりました! もう楽しみです。たくさんの応援よろしくお願いします」とファンに告げている。対戦相手はまだ未定。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事