SirikaSirika
ボクシング
ニュース

マーク・ハントがボクシングマッチで約2年ぶりの試合、前日計量では対戦相手と乱闘騒ぎに

2020/12/15 12:12
 2020年12月16日(水・現地時間)オーストラリア・シドニーで開催されるボクシングビッグマッチのメインイベントでマーク・ハント(ニュージーランド)のボクシングマッチ(3分6R)が行われる。  ハントは2000年7月のK-1 WORLD GPで初来日。頑丈な身体と一撃のパワー、そして無口だが愛嬌があるところで人気者となり、2001年にはK-1 WORLD GPのヘビー級世界トーナメントを初制覇。2004年6月にはPRIDEにも参戦し、吉田秀彦とMMAデビュー戦を行うとヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップらとも対戦。2010年9月からはUFCにもレギュラー参戦し、2014年11月にはヘビー級暫定王座決定戦も行った。  倒すか倒されるかのスタイルでUFCでも人気を博したが、2018年12月の試合を最後にUFCから離れた。今回はボクシングルールの試合だが、ハントにとっては約2年ぶりの試合となる。 (写真)ハントのMMAデビュー戦はPRIDEでの吉田秀彦戦 対戦相手は元ラグビーリーグのスター選手であるポール・ガレンで、ボクシング戦績は9戦無敗の39歳。  14日に行われた記者会見では、ガレンの自信に満ちた発言を聞いたハントが「これはフットサルじゃない。これは戦いだ。お前は寝るんだ。寝かせてやる」と珍しいトラッシュトークで挑発。「俺は準備ができたら引退すると宣言した。準備ができた時、そして自分が満足した時が引退する時だ。会社から引退しろと言われたわけでもないし、ノーファイターでもないし、お前のようなバイトファイターでもない。お前は俺のレベルに達していない。俺は20年間格闘技のトップに 座り続けてきたんだ」とまくしたてたが、ガレンは「(彼のキャリアは)水曜日に終わるだろう」と言い放った。  15日に行われた前日計量では、計量を終えてインタビューに答えるガレンにハントが歩み寄り、胸を突き飛ばして乱闘寸前に。周囲に止められても何度もガレンに襲い掛かろうとするなど珍しくエキサイトする姿を見せている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事