MMA
レポート

【UFC】3つの王座戦が流れたメインで王者フィゲイレードが挑戦者モレノと死闘の末にドロー防衛、オリヴェイラが元王者ファーガソンに圧勝! ダーンが打撃戦を制して3連勝、ジャカレがガードからの打撃で失神TKO負け、スワンソン&フィジエフが衝撃KO勝利!

2020/12/13 10:12
 2020年12月12日(日本時間13日)、米国ラスベガスのUFC APEXにて「UFC 256」が開催された。 UFC 256: Figueiredo vs. Moreno 2020年12月12日(土)、日本時間13日(日)米国ネバダ州ラスベガス「UFC APEX」 【メインイベント】 ▼UFC世界フライ級選手権試合 5分5R△デイブソン・フィゲイレード(ブラジル)124.5lbs/56.47kg・王者[判定1-0] ※47-46, 47-47, 47-47△ブランドン・モレノ(メキシコ)124.5lbs/56.47kg・挑戦者※フィゲイレードが2度目の王座防衛に成功  メインイベントは、わずか3週間前、11月22日の『UFC255』でアレックス・ペレスにギロチンチョークで一本勝ちしフライ級王座の初防衛に成功したばかりのデイブソン・フィゲイレード(ブラジル)が、ナンバーシリーズ2大会連続出場。UFC史上最短の連続王座戦に臨む。同じく『UFC255』で強豪ブランドン・ロイヴァルを下した同級ランキング1位のブランドン・モレノ(メキシコ)相手に2度目の防衛戦を行う。  モレノは、2018年5月のアレッシャンドリ・パントージャ戦の判定負け後、一度、UFCをリリースとなるもLFAを経て、2019年9月にオクタゴン復帰。3勝1分けで王座挑戦権を手にした。フィゲイレードが唯一敗れているジュシー・フォルミーガに2020年3月に判定勝利しており、メキシコ人初のUFC王者を目指す。  前日計量では王者デイブソン・フィゲイレード(ブラジル)が124.5ポンド(56.47kg)、挑戦者ブランドン・モレノ(メキシコ)が124.5ポンド(56.47kg)でともにパス。  フェイスオフでは、先に両手でハートマークを作った笑顔のモレノに対し、フィゲイレードは右手で首を刈っ切るポーズを見せ、挑戦者と目線を合わせると厳しい表情でモレノを見据えた。  1R、ともにオーソドックス構え。いきなり後ろ蹴りを見せたフィゲイレードがカウンターの右をヒット。さらに左ジャブで組み付くが、差し返したモレノが左で差し上げてバックテイク狙い。今回もスクランブルから立ち上がるフィゲイレードは右ボディ打ち。さらに右クロス!  モレノの左に右をかぶせるフィゲイレード。モレノは左ハイもブロック。フェイントをかけながら右ロー、左ジャブでアゴを上げさせるフィゲイレード。モレノの左ハイを空振りさせ、バランスを崩したモレノにパウンド狙い。しかしモレノも蹴り上げで立つと、ジャブ、左ミドルで押し返す。  左ジァブの差し合いはモレノ。ダブルレッグはフィゲイレードが切る。左ハイを打つモレノ。ブロックするフィゲイレードも左ハイ! ブロックの上に当たるとモレノの身体が流れる。詰めるフィゲイレードだがモレノも凌ぐ。  2R、サウスポー構えのフィゲイレード。オーソドックス構えに戻すとモレノのジャブをかわして右ローをカーフに打つ。  モレノのジャブに右ストレートを返すフィゲイレードはノーガードで詰めると低い位置からの前手で左ジャブを突く。さらに右ヒジで詰めるが。ボディロックテイクダウンはモレノ。顔を押して立ち上がるフィゲイレードだが、指が目に入り中断。  フィゲイレードが下のポジションで再開。縦ヒジを打つフィゲイレードがは背中を見せて立ち上がると、ついてくるモレノに正対し、右ロー。そこにモレノは右を突く。遠間から左フックを突くフィゲイレードは若干疲労したか。  左ミドルを当てるが、フィゲイレードの入りに右ストレートはモレノ! 右ストレートでフィルターの頭を上げさせる。ボディ打ちから前に出るフィゲイレードにボディロック&小外がけテイクダウンはモレノ! しかしフィゲイレードはここもスクランブルで立ち上がる。  3R、フィゲイレードはオーソドックス構えから。スイッチし左ミドルもモレノが蹴り足をつかんで前へ。しかし、ここも強いフィジカルで前に出るフィゲイレードは、サウスポー構えになり左の蹴りで前進。モレノは組み付くが離れる。  後ろ廻し蹴り、パンチが大きくなるフィゲイレード。モレノは左右で前進。左をガード上に振る。互いに厳しい時間帯。ここでフィゲイレードの前蹴りがローブローに。モレノは嗚咽し亀になるも立ち上がる。フィゲイレードに減点1がかせられる。  前に出るフィゲイレード。蹴り足を掴んで倒すが、モレノも足を手繰り立ち上がる。スイッチするフィゲイレードは左前手を伸ばし、圧力をかける。4Rへ。  4R、左の相打ちはフィゲイレード。しかしモレノも右を返す! 右ハイをガード上に当てるモレノ。フィゲイレードもジャブを交わして前に出るが、モレノが体を入れかえテイクダウン! そこにギロチン狙いのフィゲイレードだが、すぐに頭を抜くモレノ。フィゲイレードも金網背に立ち上がると右アッパー! しかし押し戻すモレノは一気に左右ラッシュへ! 被弾したフィゲイレードは身体が泳ぐが、前へ。ジャブを突くモレノ。フィニッシュのジャブの打ち終わりにジャブ!  前に出て来たフィゲイレードも左右を当てるがそこにボディロックテイクダウンはモレノ! スタミナが苦しいフィゲイレードにハーフからパウンド狙い。下からヒジを打つフィゲイレードに体を離して右のパウンドで飛び込むモレノ! 立ち上がるフィゲイレード。モレノのラウンドに。  5R、勝負の最終ラウンド。ともにオーソドックスから。サウスポー構えから左ミドルを2度打つフィゲイレードに左フックを振るモレノ。モレノの左に左を合わせるフィゲイレード。詰めるモレノはどこでラッシュするか。フィゲイレードの大きな左は空振り。互いにジャブはブロック。サウスポーになり左ミドルを打つ王者。モレノの左も単発。左で飛び込むフィゲイレードに左右を返すモレノ。右カーフキックはフィゲイレード。その左えをかわして左を振るモレノは遠い。  右で差して組んだモレノ。金網まで詰めるがフィゲイレードは左で小手に巻きデフェンス。そこから払い腰はフィゲイレード! 最後をパウンド連打で印象づけた。  互いに右目を腫らせた両者。判定は1-0(フィゲイレード47-46, 47-47, 47-47)で王者がドロー防衛。苦しんだ王者はセコンドとのハグに涙を見せた。  僅差で2度目の王座防衛に成功したフィゲイレードは、チャンピオンキャップをかぶり、「昨日、午前2時に胃の調子が悪く病院で検査をしたんだ。(ローブローについて?)レフェリーはレフェリーの仕事をした。故意じゃなかったからコメントできない。(リマッチも?)もし次の試合で自分の前に立つなら、ダナの決断次第だ。いまは少し家族との時間を過ごしたい」と語った。  バンタム級世界王座戦、ピョートル・ヤン(ロシア)vs.アルジャメイン・スターリング(米国)、ウェルター級王座戦、カマル・ウスマン(ネイジェリア)vs.ギルバート・バーンズ(ブラジル)、女子世界フェザー級王座戦アマンダ・ヌネス(ブラジル)vs.ミーガン・アンダーソン(豪州)のすべてが流れた今大会で、3週間間隔で、王座戦に臨んだフィゲイレードは、最後に、「ショーを見せるためにここにいる。自分がオクタゴンにいるときは最高のショーになる」と、語った。  また、敗れた挑戦者は「左手は骨折はしてないと思うけど、左肩に違和感があって打てなくなった。接戦だったから分からないと思っていた。肩を痛めたけど、すぐに練習を再開したい。いや、家族のもとに帰りたいかな。この時間を愉しんだよ。もちろんベルトをとりたかった。まずは家族のもとに帰って子供たちを強く抱きしめたい。もちろんリマッチしたい。ファンのためにも僕のためにも、このスポーツのために。(フライ級史上最高の試合だった)ジョー、ありがとう、光栄だよ」とコメントした。 (C)WALLID ISMAIL  試合後、フィゲレイドとモレノはダメージが大きく会見を欠席。フィゲレイドは試合前日に続き病院へ搬送されている。 [nextpage] 【セミメインイベント】 ▼ライト級 5分3R×トニー・ファーガソン(米国)155lbs/70.31kg[判定0-3] ※26-30×3○シャーウス・オリベイラ(ブラジル)154.5lbs/70.08kg  セミで行われるライト級戦。前日計量では、5月のジャスティン・ゲイジー戦でのTKO負けからの再起戦となるトニー・ファーガソン(米国)が155ポンド(70.31kg)のチャンピオンシップウェイトでクリア。  2017年12月のポール・フェルダー戦の敗北後、オクタゴンで7連勝中のシャーウス・オリベイラ(ブラジル)は、サングラスにUFCとパートナーシップを結んだキッチナー社のマスクのフル装備で秤に乗り、154.5ポンド(70.08kg)で計量をクリアしている。  ライト級3位のファーガソン、7位のオリヴェイラ。  1R、サウスポー構えのファーガソン。オーソドックス構えのオリヴェイラ。セコンドのディエゴ・リマはコロナ陽性反応でつけず。  右ミドルハイはオリヴェイラ! ブロックするファーガソンは右の返しを入れる。強い圧力をかけるオリヴェイラは金網に詰めてボディロックテイクダウン! ギロチン狙いからハーフガードで右足を二重がらみにするオリヴェイラは足を解きパス、うつぶせになろうとするファーガソンにマウントへ。  マウントから両脇を差して抱き着くファーガソン。引きはがしヒジを打つオリヴェイラ! 後頭部をマットに叩きつけるオリヴェイラ。肩固め狙いから頭を戻しヒジを打つ。さらに終了間際に腕十字へ! 左脇に挟みヒジを曲げるが、肩を入れ込んだファーガソンがしのぎブザー。  2R、オーソドックス構えになり右ボディから入るファーガソン。しかし蹴り足を掴まれたファーガソンは右ヒジ! オリヴェイラはテイクダウンを奪うが、ファーガソンは下から顔面に蹴り上げ。オリヴェイラは左目上から出血する。中断後再開。  かつぎパスから上四方、パウンド。ケージウォークで足を戻すファーガソンはクローズドガードに入れて潜りから足関節狙い。足を解いたファーガソン。ここも折りたたんでかつぎパスから上四方となると、ファーガソンは下からオリヴェイラを自身の右ヒザ裏で両手でクラッチし、固定する。  3R、前に出るファーガソンを右ローで牽制するオリヴェイラ。ファーガソンの蹴り足を掴んで詰めて尻下でクラッチ組むとリフトしテイクダウン! 左で脇差し、右は枕にパスガードするオリヴェイラはマウントから三角絞めへ! すぐに肩をズラすファーガソンにオリヴェイラは足を解除。そのままサイドで抑え込み。ファーガソンの下からのアナコンダチョーク狙いも潰し、サイドをキープ。  ノースサウスからレッグドラッグ、サイドに戻りヒジを突いて抑え込んでブザー。オリヴェイラは満面の笑みで両手を挙げた。  元王者相手に、30-26×3の大差判定3-0で勝利したオリヴェイラは、「この短い期間で試合を受けたのは俺だけだろう。(腕十字は)彼は王者だからタップしないだろうと思ったけど、歴史を作ってやろうと思ったよ。このライト級で来月にはコナー・マクレガーが試合をするけど、ベルトを狙うのは俺だ。神とシュートボクセに感謝するよ。ダナ、ボーナスを待っているよ」と、王座獲りとボーナスををアピールした。 [nextpage] 【メインカード】 ▼女子ストロー級 5分3R○マッケンジー・ダーン(米国)115lbs/52.16kg[判定3-0] ※29-28×3×ヴィルナ・ジャンジローバ(ブラジル)115lbs/52.16kg  注目の女子ストロー級戦では、マッケンジー・ダーン(米国)とヴィルナ・ジャンジローバ(ブラジル)がともに115ポンド(52.16kg)で計量をパス。  かつて柔術で40kg重いギャビ・ガルシアに勝利しているダーンは、2020年最終戦を3連勝で飾るべく、UFCのビキニ姿で右腕で力こぶを作り満面の笑み。“女デミアン・マイア”の異名を持ち、Invicta時代に魅津希にも勝利しているジャンジローバも3連勝を賭けて、秤の上で両手を広げて咆哮。柔術対決に向け、両者はがっちり握手をかわした。  メガトン・ディアスを父に持つダーンは柔術世界王者。女子ストロー級で11位に位置している。2019年6月に長女を出産。2019年10月にアマンダ・ヒバスに判定負けも、2020年5月、9月とランク外選手にヒザ十字、腕十字を極めている。  対するジャンジローバは16勝1敗。2019年4月にカール・エスパルザ相手に判定で初黒星を喫したが、12月にマロリー・マーティンにリアネイキドチョークで一本勝ち、2020年8月にフェリス・ヘリングを腕十字で極めている。  1R、ともにオーソドックス構え。先に組みにいくのはジャンジローバ。ここは剥がすダーン。ジャンジローバはワンツーを強振。ダーンも左右を振る。  ダーンの右ローにパンチを狙うジャンジローバ。ワンツーの連打で前進するダーン。ジャンジローバは右のオーバーハンド。ブロッキングのダーン。左右のラッシュで金網まで押し込み右足にシングルレッグに入り、いったん引き出すが、差し上げるジャンジローバ。四つになり突き放す。  左ミドルを当てるジャンジローバ。ダーンは右オーバーハンドで前に出る。右の大振りはジャンジローバ。  2R、左ジャブの刺し合い。右の踏み込みは互いに頭を傾ける。ダーンの右ローを掴んで倒すジャンジローバだが、深追いせず。ダーンは詰めて組みに行くが、体を入れ替えるジャンジローバは右ヒザ!  先に前に出るのはダーン。左手がジャンジローバの目に入り中断。頭を下げて前に出るダーン。ジャンジローバの右ミドルの蹴り足を掴んで組みに行くが、ダーンはそのヒザをもらい鼻上のブリッジから出血。ジャンピングガードで抱き着くダーンを下に落とすジャンジローバ。右で足をすくうダーンに上からパウンドを落とすジャンジローバ。ダーンが崩したところでブザー。  3R、ワンツーから右バックフィストはジャンジローバ。ブロッキングするダーンはダブルレッグへ。金網まで押し込むが、ジャンジローバは左で小手に巻き差し上げ切ると体を入れ替える。突き放すジャンジローバ。  左右を振って前に出るダーンの離れ際に左ハイはジャンジローバ! 打撃で手数でも優位に立つジャンジローバ。しかしダーンは右を振っての突進でシングルレッグからダブルレッグに移行。そこをスイッチ気味に崩すジャンジローバ。ダーンはシッティングガードで近づいていくがブレーク。  左右の打撃が軸がぶれるようになってきたダーン。ジャンジローバは右ヒジも狙う。ジャブの刺し合いから前に出るのはジャンジローバ。組みを切られたダーンはスタミナ厳しいか。右ミドルを返すと、金網際でシングルレッグへ。そこでスタンドからジャンピングで腕十字狙いからオモプラッタ、アンクルロックに移行するジャンピングだが、ダーンもしっかりデフェンス、足を抜きパウンドしブザー。  序盤から中盤までの打撃のプレッシャーはダーン。2Rに右の蹴りで出血させたジャンジローバは後半に攻勢に立ったが……判定は3-0で打撃でアグレッシブさを見せたダーンが勝利した。  試合後、ダーンは「グラップラーなのにボクシングマッチって言われるかと思ったけど、彼女はテイクダウンデフェンスが上手いから打撃で戦おうと思ってました。成長を見せたかった。鼻を折ったことがなかったので、セコンドに聞いてしまいました(笑)。1Rずつを取って最終ラウンドになったと思っていたので、打ち合うしかないと思いました」と、打撃戦を想定していたことを語った。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R○ケビン・ホランド(米国)185lbs/83.91kg[1R 1分45秒 TKO] ※右パウンド4連打×ホナウド・ジャカレ・ソウザ(ブラジル)185.5lbs/84.14kg  ジャカレは前戦ライトヘビー級でブラホヴィッチ戦にスプリット判定負け。ミドル級に戻して2連敗からの再起戦に臨む。ホランドはUFCで2020年5月、8月、9月、10月31日と怒涛の4連戦を4連勝している。  1R、ともにオーソドックス構え。向き合うとホランドの大きさが際立つ。ホランドの右ローにいきなり掴んでテイクダウンを奪うジャカレだが、ホランドは下から三角に組んで、ヒジ打ち! ジャカレのパス際に立ち上がる。  スタンドでのギロチンから引き込みも首は抜かれたホランド。しかし下からのパンチが届くホランドは、長い足を効かせてガード。  足を捌いてパスを狙うジャカレに左の鉄槌、さらに右フックでジャカレの意識を飛ばせると、左右を連打! ジャカレは正座して座ったまま後方にのけぞり失神。レフェリーがすぐに間に入った。  ホランドはUFC5連勝。勝利コール後、椅子に座って回復を待つジャカレの前に正座して挨拶に行った。  試合後インタビューでは、「以前も鉄槌を効かせている。グラウンドのデフェンスを練習してきたよ。一気に何人を相手しても勝てるよ思う。黒帯をもらってもいいんじゃないかな。この動きはナチュラルなものだ。試合を終えて生きてるなと感じると。ほんとうは12月にもう1試合予定しているんだ。(今年5試合だが?)次の試合も楽しみにしているよ」と、まさかの年内にもう1試合のプランがあることを語った。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R×ジュニオール・ドス・サントス(ブラジル)246.5lbs/111.81kg[2R 2分34秒 TKO] ※右ヒジ○シリル・ガーヌ(フランス)247.5lbs/112.26kg  ヘビー級7位のドスサントスと14位のガーヌの対戦。パンチャーのドスサントスは3連続TKO負け。キックがバックボーンのガーヌはUFC3連勝中。2つの一本勝ちと判定勝利と打撃でのフィニッシュはまだ無い。  1R、ともにオーソドックス構え。ガーヌの蹴りに先にシングルレッグに入るドスサントス。切るガーヌは左ローを当てる。スイッチするガーヌ。その入りにドスサントスはパンチを狙う。  右前手でジャブ、左ミドルと遠間から打つガーヌ。右ハイは空振り。喧嘩四つでガーヌの左ミドルが股間に。中断、再開。  臆せず左ミドルを当てていくガーヌ! 蹴り足を掴んだドスサントス。ガーヌは左ボディで入るが、その打ち終わりに右を当てるドスサントス!  2R、最初からサウスポー構えのガーヌ。左ミドル、右ジャブ、左ローは奥足ローを当てる。左の蹴りを上下に散らし、ドスサントスの右ストレートの入りは右回りでかわす。  右の関節蹴りも見せるガーヌ。ドスサントスの頭が下がったところに打ち下ろしの右フック! テンプルにもらい一気に動きが止まったドスサントスに右ヒジを当てるガーヌ。背中を向けたドスサントスにさらに右ヒジを当てるとドスサントスがダウン。  4連敗のドスサントスは後頭部への打撃をアピールするも受け入れられず。ガーヌはUFC4連勝。オクタゴンで初のTKO勝利をマークした。  2018年8月のプロデビューからわずか7戦でドスサントスを下したガーヌは試合後、「(有効な打撃だったが?)フィニッシュは後頭部じゃないと自信があったよ。少し後頭部に近かったけど。ドスサントスが後ろを向いてしまったからね。少し時間が空いて、自分は信頼されていないのかなと思ったけど、この勝利で未来に向かおうと思うよ」と語った。 [nextpage] 【プレリム】 ▼フェザー級 5分3R○カブ・スワンソン(米国)145lbs/65.77kg[2R 1分52秒 KO] ※右フック×ダニエル・ピネダ(米国)145.5lbs/66.00kg  スワンソンは、MMAでは2019年10月のクロン・グレイシー戦の判定勝ちから1年2カ月ぶりの復帰戦。2019年12月の「QUINTET」米国大会ではジェイク・シールズの足関節で左ヒザを負傷している。ピネダは8月にエウベウ・バーンズにクルスフィックスでのヒジでTKO勝ちをマークしている。掛け率ではピネダがフェイバリットで優勢。  1R、サウスポー構えから入るスワンソンだがオーソドックスに戻す。ピネダはオーソドックス構え。スワンソンはいったん組むが固執せず。ピネダは左から右のワンツーをヒット! 下がるスワンソンに右カーフキック! スワンソンの足が流れる。スイッチし前足を変えるスワンソン。  ピネダの右ローを掴んでテイクダウン。ピネダのヒール狙いを足を抜きガードの中に。腰を掴んでパスを狙うとピネダは三角絞めから腕十字狙い。またいで外したスワンソン、スクランブルから立ち上がる両者。  右のカーフキックを効かせるピネダは左右で前に! しかし打ち合い上等のスワンソンは左ストレート! ピネダがダウンから立ち上がるとスワンソンは金網に詰めて右ストレートを効かせる。  2R、スワンソンの左足のダメージはいかに。前足を変えてサウスポー構えになるスワンソン。右の跳びヒザはピネダ。スワンソンも押し戻し左ミドル。ピネダの右ローを足を引いてかわす。左足にシングルレッグはピネダ。  しかし足を抜いたスワンソンは、金網を背にしながらも右アッパー! さらに左フック、右アッパー、そして打ち下ろしの右フックにピネダが後方にダウン! ここで両手を挙げてみせたスワンソンだが、続行にパウンド。レフェリーが間に入った。  復帰戦をKO勝利で飾ったスワンソン。アンダードッグの評価のうえ、カーフキックにも苦しんだが、ヒザの怪我を克服しての逆転勝利に落涙。オクタゴンを降りた瞬間、右足をひきずった。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R×ヘナート・モイカノ(ブラジル)155lbs/70.31kg[1R 4分05秒 KO] ※左ボディ→右フック→左フック→パウンド○ハファエル・フィジエフ(キルギス)155.5lbs/70.53kg  1R、ともにオーソドックス構えから。右カーフキックから入るフィジエフ。4発をヒット! モイカノも右ミドルを返す。右ボディを突くフィジエフ。右ローにはカウンターの右を狙う。  フィジエフは左右の蹴りから左の蹴りを上下に連打。さらに左ストレート。左ミドルを2発もその2発目にモイカノは右ストレートをカウンターで当てる。  モイカノのダブルレッグを切るフィジエフはワンツースリーに繋ぐコンビネーション! モイカノの前蹴りを掴んでこかし、立ち上がってきたモイカノに左ボディ、右フックをアゴに、さらに返しの左フックを打ち抜き、モイカノが後方にダウン! パウンド1発でレフェリーがすぐに間に入った!  キルギスのフィジエフはUFC3連勝。MMA9勝1敗に。モイカノは口から出血もあり、立とうとするがふらつき、周囲に支えられた。 ▼フェザー級 5分3R○ギャビン・タッカー(カナダ)146lbs/66.22kg[判定3-0] ※30-27×3×ビリー・クアランティーロ(米国)145.5lbs/66.00kg ▼女子ストロー級 5分3R○ティーシャ・トーレス(米国)[1R終了時 TKO] ※ヒューズが左目負傷×サム・ヒューズ(米国) 【アーリープレリム】 ▼フェザー級 5分3R○チェイス・フーパー(米国)145.5lbs/66.00kg [3R 3分02秒 ヒールフック] ×ピーター・バレット(米国)145.5lbs/66.00kg ※現在UFCで最年少21歳のフーパーがイマナリロールから内ヒールでパウンド、外ヒールに移行しタップ奪う。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事