SirikaSirika
ムエタイ
レポート

【BOM】第1部:北野克樹が初防衛、4人の新王者が誕生

2019/04/15 20:04
2019年4月14日(日)神奈川・横浜大さん橋ホールにてBOMプロモーション主催のムエタイ大会『BOM -THE BATTLE OF MUAY THAI SEASON 2-』が開催された。2部構成で行われた大会第1部では、タイトルマッチ5試合が行われた。 ▼BOUT1-08 WBCムエタイ日本スーパーライト級(63.50kg)タイトルマッチ 3分5R〇北野克樹(誠至会/WBCムエタイ日本スーパーライト級王者)判定3-0 ※49-48、49-48.49-47●実方拓海(TSK japan/第2代WMC日本スーパーライト級王者、ルンピニージャパン同級王者J-NETWORK同級王者)  北野は蹴り技を得意とし、2018年1月にWBC王座を獲得。2017年2月から6連勝を飾っていたが、2018年10月の『KNOCK OUT』で水落洋祐に判定で敗れた。今回が初防衛戦。  挑戦者の実方は2017年8月にWMC日本王座、2018年7月にルンピニージャパン王座、そして同年12月にはJ-NETWORK王座も奪取した三冠王。今回、四冠王を狙う。  1Rはローの蹴り合い。2Rになると北野は後ろ廻し蹴り、後ろ蹴り、ハイキックと大技を繰り出す。実方は変わらずローを蹴っていく。3Rはパンチの手数を増やした実方だが、北野に強いミドルを合わせられる。蹴りの距離を保って次々と蹴っていく北野。  4R、パンチを狙う実方だが、パンチはかわされ北野の蹴りをもらう。北野はハイキックも繰り出して印象がいい。5R、パンチで前に出る実方だったが、やはり北野の距離を潰すことが出来ず。北野が蹴って距離を保った状態で試合終了。北野が防衛に成功した。 ▼BOUT1-07 WMCインターコンチネンタル・スーパーウェルター級(69.85kg)タイトルマッチ 3分5R●J(TSK japan/初代WMC日本ウェルター級王者)KO 3R1分58秒 ※フック連打〇柿沼 慶(ポゴナクラブ/第2代WMC日本ウェルター級王者)※柿沼が新王座に就く。  Jは昨年3月にWMC日本王座、11月にはムエタイオープン・スーパーウェルター級王座を獲得した2冠王。柿沼は昨年12月にWMC日本王座を獲得した。両者は2017年6月にムエロークで対戦しており、Jが3Rに右ハイキックでKO勝ちしている。今回はインターコンチネンタル王座を懸けての再選となった。  1、2Rとも柿沼は徹底して右ローを蹴る。Jはハイキックやジャブを放つが柿沼のガードは高く固い。3Rもローを蹴る柿沼に、Jはパンチの手数を増やして飛びヒザ蹴りやハイキックを放ち、自分の流れに持ち込んだかと思われたが、ここで柿沼がいきなりの左フックでダウンを奪う。  Jのダメージは濃く、立ち上がるも足元がふらつく。柿沼は一気にフックの連打で襲い掛かり、ダウンを追加。Jは立ち上がるもフラフラでレフェリーは柿沼のKO勝ちを宣した。▼BOUT1-06 WMC日本61.50kgkg契約 3分5R〇翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/第3代・初代WMC日本ライト級王者、第5代INNOVATONライト級王者)判定3-0 ※50-47、49-47、49-47●伊東伴恭(LAILAPS東京北星ジム/第4代WMC日本ライト級王者)  1R、翔はいつも通り前蹴りを多用しながら前へ出る。伊東はローとミドルで応戦。終盤に翔がボディへパンチをヒットさせ、ヒザ蹴りも打つ。2R、翔が右ストレート空振りからの左ヒジをヒットさせ、ボディへのパンチとヒザで伊東を追い詰めていく。前に出て組みに来る翔に伊東は後退を繰り返す。  3R、翔は淡々と前へ出てのヒジ、組んでのヒザを繰り返す翔。伊東はローやパンチで反撃するが翔の前進を止められない。4Rが始まってすぐ、翔が左ヒジをヒットさせて伊東を流血に追い込む。ドクターチェック後、伊東はハイキックで逆転を狙う。  5R、翔は勝利を確信したか、自分からはほとんど攻撃を出すことなく、前蹴りと首相撲で最終Rを終えて判定勝ちした。 [nextpage] ▼BOUT1-05 WMC日本フェザー級(57.15kg) 王座決定戦 3分5R●川原龍弥(北流会君津ジム/WMC日本フェザー級2位)判定0-3 ※三者とも48-49〇佐野貴信(創心會/RISEフェザー級10位)※佐野が新王座に就く。  佐野はRISEを主戦場にして戦っていたが、最近はヒジ打ちあり・つかみ無制限のルールで試合を行っている。今回はプロ20戦目にして初のタイトルマッチ。対する川原は2018年のJ-NETWORKライト級新人王トーナメントで優勝、8戦無敗の18歳だ。  1R、佐野は得意の右ミドルを次々とヒットさせ、右ローと右ストレートも合わせて主導権を握る。川原は動きが硬く、攻撃がほとんど出ない。2R、佐野のコンビネーションに川原は徹底した右ローで応戦するが、そのローに佐野が右ストレートを合わせてダウンを奪う。佐野は一気に右ストレート、左フック、ヒザ蹴りで倒しにかかった。  3R、逆襲に転じる川原が右ストレートと右ローで前へ出る。首相撲に持ち込まれると佐野は首投げをするようにして背中を向けてしまい、印象が悪い。これがどう採点に響くか。4Rもパンチ&右ローで前に出る川原に佐野もパンチの数を増やして打ち合いに応じる。前に出る川原と迎え撃つ佐野で激しい攻防に。  5R、川原は逆転を狙って首相撲勝負を挑む。佐野もパンチと右ミドルで応戦。最後まで激しい攻め合いとなり、2Rにダウンを奪った佐野が判定勝ち。初のベルトを手にした。 ▼BOUT1-04 WMC日本バンタム級(55.34kg)王座決定戦 3分5R●Mr.ハガ(ONE'S GOAL/WMC日本バンタム級4位)判定0-3 ※47-49、47-49、49-47、47-50〇大田一航(新興ムエタイジム)※大田が新王座に就く。  ハガと大田の兄・拓真は2018年10月にWMC日本バンタム級次期挑戦者決定戦として対戦し、拓真が勝利を収めている。当初は今大会で拓真が王者・鳩に挑戦する予定だったが、鳩が王座を返上し、拓真は階級を上げたためハガと一航で王座が争われることになった。  1R、サウスポーのハガは左ミドルを多用、大田はじっくり見て時折パンチを合わせに行く。2Rには大田がパンチ、ミドル、ヒザでボディを攻め、右ストレートをクリーンヒットさせてハガをグラつかせる。3Rになると大田のパンチとミドルを被弾する場面が目立ち始めるハガは必死に左ミドルを蹴り返し、左右フックを繰り出す。  4Rになるとハガは逆転を狙ってヒジを打つ。大田はパンチのコンビネーションからの右ミドルでハガを転倒させる。最終5R、大田はハガのヒジを回り込んでかわしながら、パンチ、ミドルを当てていき軸足払いで3度転倒させた。判定3-0で大田が新王座に就いた。 ▼BOUT1-03 WMC日本ウェルター級(66.68kg)王座決定戦 3分5R〇誠(レンジャージム/WMC日本ウェルター級4位)TKO 3R2分5秒 ※ヒジによるカット→レフェリーストップ●田邊裕哉(京都野口ジム/WMC日本スーパーライト級7位、MuayThaiOpenウェルター級5位)※誠が新王座に就く。  1Rから強いローの蹴り合いとなり、2Rになるとサウスポーの誠の左インローにダメージを受けたか田邊が距離を詰めてのパンチ、ヒジの打ち合いを挑む。誠もこれに応戦して打ち合いがたびたび見られた。 3Rは田邊が蹴りを多用して主導権を握ったかに見えたが、誠の左ストレートで動きが止まったところに誠が左ヒジでカット。流血に追い込み、TKO勝ちで誠が新王座に就いた。 ▼BOUT1-02 WMC日本ライト級(61.23kg)契約 3分3R〇下東悠馬(TSK JAPAN/WMC日本スーパーフェザー級7位)判定3-0 ※30-26、30-27、30-27●加藤淳平(LAILAPS東京北星ジム)※2Rに加藤がヒザ蹴りでダウン。 ▼BOUT1-01 WMC日本66.00kg契約 3分3R●エイメン・ゴールドライフ(GOLD LIFE GYM)判定0-3 ※28-30、28-29、28-29〇YOUTA(WSR西川口) ▼BOUT1 OPENNING FIGHT WMC日本フェザー級(57.15kg)契約 3分3R●渡辺秀康(レンジャージム)TKO 3R 43秒〇神田賢吾(WSR荒川)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事