GLORIOUSGLORIOUS
MMA
レポート

【GLADIATOR】ROADFCとの対抗戦は1勝1敗2分。長岡弘樹がDXFCウェルター級新王者に

2019/04/15 17:04
4月14日(日)、大阪市・城東KADO-YAがもよんホールにて「GLADIATOR 009 in OSAKA」が開催された。 「GLADIATOR vs ROADFC日韓4大対抗戦」は1勝1敗2分でドロー。メインでGLADIATORバンタム級王者じゅん(総合格闘技道場Reliable)が判定負け、セミでウェルター級王者レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)がドロー、フライ級でもGLADIATOR王者NavE(Grand-Square)がドローと、王者3人が勝ち星を挙げられない厳しい結果となった。 対抗戦では竹本啓哉(ALIVE)が韓国のキム・ジングクにリアネイキドチョークで勝利し、唯一の白星を挙げている。 また、DXFCウェルター級選手権試合は、長岡弘樹(総合格闘技道場DOBUITA)が王者・石川史俊(風吹BJJ)に判定勝利し、新王者に輝いた。 ▼第13試合 メインイベント GLADIATORvsROADFC対抗戦 バンタム級5分2R×じゅん(総合格闘技道場Reliable/第4代GLADIATORバンタム級王者)[判定0-2]○ジン・ジュンサン(ROADGYM/韓国ROADFC) ▼第12試合 セミファイナル GLADIATORvsROADFC対抗戦 ウェルター級 5分2R△レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/初代GLADIATORウェルター級王者)[判定ドロー]△ジュン・ユンジェ(SSABI MMA/韓国ROADFC) ▼第11試合 DXFCウェルター級タイトルマッチ 5分3R×石川史俊(風吹BJJ/第5代DXFCウェルター級王者)[判定0-3]○長岡弘樹(総合格闘技道場DOBUITA/元第2代ライジングオンウェルター級王者)※長岡が第6代DXFCウェルター級王者に ▼第10試合 ライト級 5分2R×ウエタユウ(MIBURO)[判定0-2]○マックス・ザ・ボディ(BRAVE) ▼第9試合 GLADIATORvsROADFC対抗戦 フライ級 5分2R△NavE(Grand-Square/第3代GLADIATORフライ級王者)[判定ドロー]△パク・スワン(SSABI MMA/韓国ROADFC) ▼第8試合○宮城友一 (DROP/第2代GLADIATORライトフライ級王者)[1R 3分15秒 リアネイキドチョーク]フライ級 5分2R×横溝和也 (創道塾/元GLADIATOR武士道フライ級王者) ▼第7試合 GLADIATORvsROADFC対抗戦 バンタム級 5分2R○竹本啓哉 (ALIVE)[1R 0分58秒 リアネイキドチョーク]×キム・ジングク(THAI HON/韓国ROADFC) ▼第6試合 フェザー級 5分2R○天草ストロンガー四郎(チームソフトコンタクト)[1R 0分58秒 TKO]×森宏之(総合格闘技 闇愚羅) ▼第5試合 フライ級 5分2R×ヤックル慎吾(元初代GLADIATORライトフライ級王者)[判定0-3]○大翔(総合格闘技道場BURST/初代WARDOGフライ級王者) ▼第4試合 フェザー級 5分2R△中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)[1R1分46秒 ノーコンテスト]※ローブロー△今村 豊(宇留野道場) ▼第3試合 バンタム級 5分2R○増田拓真(総合格闘技道場reliable)[判定2-0]×三上真司(総合格闘技 闇愚羅) ▼第2試合 ウェルター級 5分2R○スティーブン・ギレスピ(フリー/スコットランド)[1R 0分42秒 ギロチンチョーク]×クォン・ドヒェン(TeamHON/韓国ROADFC) ▼第1試合フライ級 5分2R○親川龍 (reversal Gym OKINAWA CROSS×LINE)[判定3-0]×道端正司(ストライキングジム アレス) GLADIATOR 公式サイト
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事