MMA
ニュース

【RIZIN】どうなる!? 朝倉海vs.堀口恭司、日本人で唯一両者と対戦した扇久保博正が予想「今の流れは──」

2020/12/08 18:12
【RIZIN】どうなる!? 朝倉海vs.堀口恭司、日本人で唯一両者と対戦した扇久保博正が予想「今の流れは──」

(C)RIZIN FF

 大晦日、さいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.26」で「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む王者・朝倉海(トライフォース赤坂)と挑戦者・堀口恭司(アメリカントップチーム)。

 この両者と日本人で唯一対戦している扇久保博正(パラエストラ松戸)が王座戦の予想を、自身のYouTube「おぎちゃんねる。」にアップした。

 堀口恭司とは、2013年3月と2018年7月の2度対戦し、1度目は修斗で2Rにリアネイキドチョークで一本負け。2度目はRIZINで判定で敗れている扇久保。朝倉海とは2020年8月にRIZINで「バンタム級王座決定戦」として戦い、1Rに右アッパーを効かされ、左ヒザでダウン。最後はサッカーキックでTKO負けとなっている。

 この海vs.恭司について扇久保は、「楽しみ。お互いにフィニッシュというか、ここぞというときの畳みかけがほかの選手と違う。こっちの息もつかせぬ間にババババッて来るんで。当たればどっちも倒れる。そこからの詰めもお互いにすぐに決めに行くんで、滅茶苦茶、目が離せない試合になると思います」と、期待を寄せる。

 両者と直に肌を合わせ「タイプは全然、違う」と言う。

 その印象を、「堀口選手の方がやり辛いという感じはありました。どっからでも打ってくる。寝技でも気が抜けない。堀口選手にはたぶん、自分は右フック1発くらいしか当てていない。当てさせてくれるのは海選手かもしれないです。結構、(自分の)蹴りを当てていたんで。朝倉選手はここ(中間距離で)ずっと強い打撃を打ってくるみたいなイメージ」と、対戦相手としては、堀口の方が「戦い辛い」と語る。

 そしてスタミナに関しても、「堀口選手の方がスタミナがあるイメージ。海選手は少しだけ最後3ラウンド目とか、疲れているのが多いようなイメージがあります」と、全ラウンドを通じて動きが落ちない堀口に持久力では分があるとした。

「ただ」とそこに扇久保は留保をつける。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事