MMA
レポート

【DEEP&PANCRASE】“ヒロ”ヤマニハが福島に判定勝ち、高野が赤尾に逆転KO勝ち! 中本が右の強打でTKO勝利=夜の部

2020/11/29 18:11
【DEEP&PANCRASE】“ヒロ”ヤマニハが福島に判定勝ち、高野が赤尾に逆転KO勝ち! 中本が右の強打でTKO勝利=夜の部

(C)DEEP&PANCRASE

 2020年11月29日(日)大阪・住吉区民センター大ホールにて、「DEEP&PANCRASE大阪大会」が開催された。※今大会は新型コロナウイルスの感染防止のため通常の2kg増しの契約体重。試合はツイキャスPPVにてライブ配信された。

▼メインイベントPANCRASE公式戦 バンタム級 5分3R
○アラン“ヒロ”ヤマニハ(ブルテリア・ボンサイ) 63.0kg
[判定3-0] ※30-27×3
×福島秀和(BLOWS) 63.05kg

 PANCRASE公式戦では、バンタム級+2kgで、PANCRASEランキング1位のアラン“ヒロ”ヤマニハ(ブルテリア・ボンサイ)を地元の福島秀和(BLOWS)が迎え撃つ。

 ヤマニハは、2017年以降は上田将勝、藤井伸樹、金太郎相手に敗れたものの、2019年7月のTSUNE戦で3R TKO勝ち、復活を遂げると、続く10月大会で春日井たけしから2度のダウンを奪い判定勝ち。 2連勝をマークしている。

 対する福島は、2018年にTSUNEに判定負けも山本哲也に判定勝ち。続く林大陽戦で一本勝ちと2連勝。しかし、2019年は春日井たけしに判定負け後、2020年2月にブラッディ・ファンにも判定負けで2連敗。8月に地元・大阪で平田丈二に判定勝ちし連敗から脱している。

 王者ハファエル・シウバとのブラジル対決も視野に入るヤマニハを、福島は再び地元で止めることが出来るか。前日計量後、ヤマニハは「明日の闘いは戦争になるだろう」と激闘を予告。BLOWSの福島も「メインイベンターとして大阪大会をしっかりと締めます」と語っている。

 1R、ともにオーソドックス構え。ヤマニハの右前蹴りを掴んだ福島だが、逆にテイクダウンはヤマニハ。ここはすぐに立つ福島はシングルレッグも切ったヤマニハがバックに。亀になる福島はハーフガードにしてフルガードにしようとするが、その際でパスするヤマニハ。

 すぐに亀になり立とうとする福島だが、ヤマニハはサイドバックでコントロール狙う。正対しフルガードにする福島。ヤマニハはインサイドから細かく脇腹にパウンドする。福島は残り1分をクローズドガードで凌ぐ。ジャッジ3者ともヤマニハを支持。

 2R、右アウトローを当てるヤマニハ。さらに歩きながら左前蹴り。掴もうとする福島だが抜かれる。右から左をヒットさせるヤマニハ! 左ハイにも繋ぎ、右ローに福島がバランス崩して下に! 蹴り上げの動作に体を離したヤマニハはスタンド勝負か。

 左ジャブを伸ばす福島。ヤマニハもジャブから右アッパーで押し戻すと打撃で前に。福島の打ち終わりに連打で返していく。蹴り足は取られても構わないヤマニハは上下に散らして首相撲ヒザ、右ロー。

 福島も圧力をかけてワンツーで前に詰めるが、前足をカーフで狙われる。しかし、コーナーに詰めたヤマニハのヒザ蹴りがローブローに。再開。福島は左目を腫らすが右を振る。ジャッジ3者ともヤマニハを支持。

 3R、後がない福島だが、ヤマニハの左右の圧力、さらに右ローに身体が流れる。それでもワンツーで組みに行く福島。そこに首相撲ヒザを合わせるヤマニハ! コーナーを背にしながらもジャブの刺し合いで勝ると、右ミドルも。前蹴りから左を当てる福島!

 しかしコーナーから出るヤマニハは右のカーフキック! さらに右ローを効かすと左右ラッシュで前ヘ! 右前蹴りも腹に効かせると福島がダウン。そこにヒザ蹴りを叩き込むヤマニハ。福島は鼻血も多くなるが、気持ちは切らせず。ヤマニハはハーフからヒジ&パウンド。ゴングに福島はすぐには立ち上がれず。

 判定は3-0(30-27×3)でヤマニハが勝利。右手を上げビルドアップされた肉体を大きく広げた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事