MMA
インタビュー

【UFC】9戦無敗の強豪と対戦する佐藤天「勝負にこだわって一つひとつ上にいく」=29日(日)決戦!

2020/11/28 14:11
 2020年11月28日(日本時間29日)に開催される「UFC Fight Night: Smith vs. Clark」で、日本の佐藤天(サンフォードMMA)が、MMA9戦無敗(UFC2勝、7KO)の強豪ミゲル・バエザ(米国)と対戦する。  メインイベントに出場予定だったカーティス・ブレイズ(米国)が新型コロナウイルス感染症検査で陽性反応となり、デリック・ルイス(米国)とのヘビー級戦が延期に。アンソニー・スミス(米国)とデヴィン・クラーク(米国)の一戦がメインイベントとなり、佐藤とバエザの試合がセミメインイベントとして行われる。  日本人として稀有なウェルター級で、世界最高峰の舞台UFCで2勝1敗をマークしている佐藤は、今回の試合がUFC4戦目にして契約最終試合となる。次なるステップのために連勝なるか。米国フロリダからラスベガスUFC APEX入りした佐藤に聞いた。 ──MMA9戦無敗(UFC2勝、7KO)のミゲル・バエザを提示され、受けた経緯について教えてください。 「前回試合が出来なくなってしまって(2020年8月にダニエル・ロドリゲス戦に向け計量をパスしたものの、その後のドクターチェックで帯状疱疹の跡が見つかりドクターストップ)、それからいつ声がかかっても良いようにすぐに練習に戻っていて、そのなかで他にも何人かの選手でオファーがあったんですが、タイミングで今回のミゲル・バエザ戦にサインをすることになりました」 (C)On The Road Managemen ──バエザが得意とするカーフキックはサウスポー構えの佐藤選手には遠いものの、どの局面でも強く、リーチも長く左右ともにフィニッシュブローを持つ打撃は脅威です。サンフォードMMAで佐藤選手はどのような対策や練習を行ってきたのでしょうか。 「もちろん対策はしてきましたが、相手のスタイルに合わせて練習方法を変えるということはなく、自分の強みを活かして、その中で相手のスタイルと自分の武器を照らし合わせた戦い方を練ってきました」 ──今回、ヘンリー・フーフトとグレッグ・ジョーンズの両コーチがセコンドにつけないなか、ミットも受けていたショーン・ソリアーノがセコンドにつくとのこと。特に問題はありませんか。 「コーチ、チームメイトとしっかり練習を積んできて意思の疎通も取れてるので全く問題ないです」 (C)On The Road Managemen ──契約最終試合で今後、上位を目指すために、この厳しいカードでどのような試合を考えていますか。 「まず、UFCにいて厳しくないカードはないです。契約最終戦だからというわけではなく、常に崖っぷちだと思ってやっていますし、それは自分がデビューしてから今まで変わりないです。その中でも勝負にこだわって一つひとつ上にいくことが大事だと思います」 UFCファイトナイト・ラスベガス15:スミス vs.クラーク 現地時間2020年11月28日(土)、日本時間29日(日)米国ネバダ州ラスベガス/UFC APEX 【メインイベント】 ▼ライトヘビー級 5分5Rアンソニー・スミス(米国)205lbs/92.99kgデビン・クラーク(米国)204.5lbs/92.76kg 【セミメインイベント】 ▼ウェルター級 5分3Rミゲル・バエザ(米国)171lbs/77.56kg佐藤 天(日本)170lbs/77.11kg 【メインカード】 ▼ヘビー級 5分3Rジョシュ・パリジアン(米国)265.5lbs/120.43kgパーカー・ポーター(米国)263lbs/119.30kg ▼フェザー級 5分3Rスパイク・カーライル(米国)145.5lbs/66.00kgビル・アルジオ(米国)146lbs/66.22kg ▼女子バンタム級 5分3Rアシュリー・エバンス・スミス(米国)135.5lbs/61.46kgノルマ・ドゥモン・ビアナ(ブラジル)139.5lbs/63.28kg* ※ドゥモン・ビアナが体重超過。試合は予定通り行われるものの、対戦相手のエバンス・スミスに報奨金の30%を支払う。 ▼フェザー級 5分3Rジョナサン・ピアース(米国)145.5lbs/66.00kgカイ・カマカ(米国)145lbs/65.77kg 【プレリム】 ▼バンタム級 5分3Rマーティン・デイ(米国)135.5lbs/61.46kgアンデルソン・ドス・サントス(ブラジル)135lbs/61.24kg ▼女子フライ級 5分3Rジーナ・マザニー(米国)125.5lbs/56.93kgレイチェル・オストビッチ(米国)125.5lbs/56.93kg ▼フライ級 5分3Rス・ムダルジ(中国)126lbs/57.15kgマルコム・ゴードン(カナダ)126lbs/57.15kg ▼キャッチウェイト 5分3Rルーク・サンダース(米国)140lbs/63.50kgネイト・マネス(米国)139.5lbs/63.28kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事