MMA
ニュース

【UFC】アリスター・オーフレイムが“引退”について触れる「現実的でなければならない」

2020/11/27 12:11
 現在UFCで活躍中のアリスター・オーフレイム(オランダ=40歳)が自身のSNSで“引退”について触れた。  アリスターは1999年10月、リングスに初来日。2002年からはPRIDEに参戦し、後継団体であるDREAMでは2010年にヘビー級暫定王座に就いた。2007年11月には初代Strikeforce世界ヘビー級王座も獲得。さらに2010年12月には決勝でピーター・アーツをKOし、K-1 WORLD GPでも優勝と、立ち技とMMAの両方でビッグタイトルを獲得した。  2011年12月からはUFCに参戦し、初戦でブロック・レスナーを1RでTKOすると、現在まで19戦して12勝7敗。現在は連勝を飾っている。  そのアリスターが自身のSNSにて突然、引退について投稿した。 「40歳になっても私はまだ成長している。それは試合を見れば一目瞭然だと思う。しかし、現実的でなければならない。もう少し試合をして、グローブを壁にかけるつもりだ。ベルトを獲ればミッション完了だ」と、あと数戦で引退すると表明。その数戦内でUFC王座を手にすれば、自分の格闘家としてのミッションは完了するとした。  MMAとK-1を合わせて80戦以上の試合を行ってきたアリスター。いよいよカウントダウンが始まったようだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事