MMA
ニュース

【RIZIN】所英男、大晦日の五輪メダリスト太田忍との対決に意気込み「3年半ぶりの冷凍人間の復帰戦。ご期待ください」

2020/11/24 12:11
【RIZIN】所英男、大晦日の五輪メダリスト太田忍との対決に意気込み「3年半ぶりの冷凍人間の復帰戦。ご期待ください」

『RIZIN.25』のリング上で復帰の挨拶を行った所。五輪メダリストを迎え撃つ

 2020年11月21日(土)大阪城ホールにて開催された『Yogibo presents RIZIN.25』で、2016年リオ五輪レスリング男子グレコローマン59kg級銀メダリスト、太田忍(26歳)のMMA転向&大晦日参戦が正式発表された。

 デビュー戦の相手は、RIZINには2017年7月の堀口恭司戦以来3年半ぶりの参戦となる所英男(リバーサルジム所プラス)。近年は主にグラップリングの試合に出場しており、MMAでの試合も3年半ぶりとなる。


 その所が自身のSNSにて太田戦へ向けての意気込みを綴った。「大晦日。RIZINに出場します。対戦相手はオリンピックのレスリング銀メダリスト太田忍さんです。老獪な技術で勝つつもりはありません。大晦日らしく楽しく激しい試合をします。3年半ぶりの冷凍人間の復帰戦。ご期待ください」と、“冷凍”から蘇り、ベテランのインサイドワークで勝つのではなく楽しく激しい試合を見せると宣言した。

 また「所ジョージさんの逆境ファイターを会場で聞くのが緊張の中での楽しみです」と、久しぶりに入場局がRIZINの大会場に響き渡るのが楽しみだとした。

 一方、太田は『RIZIN.25』の翌日に自身のYouTubeチャンネルにて動画をアップ。


「所さんは僕が小さい頃からずっと見てきた選手だから、本当に選手として好きなわけ。1週間前に対戦カードが僕の方に知らされたんだけれど、その時はビックリしたというか、嬉しいというよりも複雑な気持ちだったね。好きだったから。でもその人と殴り合わないといけないという。しかも俺のスタイル的にはテイクダウンしたいじゃん。でも所さんはグラップリング能力が高いから、テイクダウンしたところでグラップリングになるから難しくなりそうだけれど、リングの上でも言ったけれど負ける気はないからね。100%勝てるって準備をして、どれくらい勝てる割合があるか分からないけれど、今から練習してパーセンテージをどんどん上げていけるようにしっかり仕上げていきたいなと思います」と、憧れの所に必勝を誓った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事