K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】“K-1生誕の地”で武尊vsレオナ・ペタスが対戦「僕とレオナ選手だったらKO以外にあり得ない」(武尊)

2020/11/18 03:11
 2020年11月17日(火)都内で記者会見が行われ、2021年1月24日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館にてK-1 JAPAN GROUP年間最大のビッグマッチ『K'FESTA(ケーズフェスタ).4』を開催することが発表された。  K'FESTAはこれまで毎年3月に開催してきたが、中村拓己K-1プロデューサーは「2021年の大会開催に向けて色々な会場に当たっていたところ、1月24日の国立代々木競技場第一体育館が使えるという連絡をいただきました。代々木第一は1993年にK-1が誕生した地。これは『やれ』ということだなと」と経緯を説明。また「2014年の旗揚げが代々木第二でした。かつてK-1ヘビー級やK-1 WORLD MAXが開催された代々木第一での大会開催は我々GROUPの夢でしたので感慨深い」という。  その「K-1の聖地への凱旋」という歴史的な大会の第一弾決定カードが、K-1スーパー・フェザー級タイトルマッチ、王者・武尊(K-1GYM SAGAMI-ONO KREST)vs挑戦者レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TOP ZEROS)。今年11月3日の福岡大会で組まれながら武尊の左拳負傷により中止。「何としても1月に間に合わせる」という武尊に対して、レオナは「バッチリな武尊選手とやりたいので待つ」と受け入れて、3カ月遅れでの対戦が実現した。  2人が呼びこまれると、レオナは正面を見ずに武尊の顔を凝視。だが、武尊が手を差し出すとレオナも応じて2人はがっちりと握手を交わした。  まずレオナは「福岡で僕と武尊選手の試合を楽しみにしていた皆さん、すいませんでした。でもこうして武尊選手が戻ってきてくれたので、代々木で熱い試合をしようと思っています。僕が勝つところを見に来てください」  対する武尊は「福岡で試合を楽しみしてくれていたファンの皆さんには申し訳ない気持ちなんですけれど、もっと盛り上げてまた福岡にK-1を持っていけるように頑張るので。福岡の皆さんにも代々木の試合に注目して貰えたら嬉しいです」  質疑応答では、2人がそれぞれこの試合に賭ける熱い思いを語った。  レオナは「一番強い武尊選手を倒して、一番だと証明する。ずっと追い込みをしてて過去イチで仕上がった僕を見せられると思う。11月の福岡を楽しみにしてくれてた人も納得するような、バッチリの完全決着でいきたい。11月3日にチャンピオンになるつもりでチャンピオンの器を作った。今、武尊選手よりも僕の方がチャンピオンにふさわしいと思うし、1月に向けてさらにチャンピオンの器、覚悟の違いを見せて勝てるんじゃないかな」  武尊は「1月24日には最高の状態で仕上げてリングに上がるので、恨みっこなしの全力の殴り合いをレオナ選手とやりたい。(握手は)レオナ選手に『お待たせしました』という気持ち。僕とレオナ選手だったらKO以外にあり得ない。レオナ選手の実力も認めてるし、アマチュアで2回戦って1勝1敗で本当の意味での決着戦になると思うので。今までやってきた対戦相手とは違う、気持ち良く全力を出せる試合になると思う。(レオナに勝ってるのは)格闘技は気持ちの戦いだと思ってるんで、気持ちで勝ってる方が勝つ。レオナ選手だけじゃなくて、他の団体の選手にも、階級違う選手にも、全員に気持ちでは負けないんで。絶対勝ちます」  静かな口調の中にも、見えない火花がバチバチと散る会見だった。  なお、武尊、レオナ、両選手の応援シートが作られることが決定。他の券種も含めたチケット料金は調整中で、チケット発売は11月下旬より公式WEBSHOP「K-1.SHOP」にて先行発売が決定。  また、前日の1月23日(土)にも後楽園ホールでKrushを開催することが決まっており、中村プロデューサーは「ぜひファンの皆さんには、我々K-1 JAPAN GROUPのプロのイベントを2日連続で楽しんでいただきたいと思います」と語った。 [nextpage] ●武尊のコメント 「K-1ファンの皆様、格闘技ファンの皆様、そしてレオナ・ペタス選手、お待たせしました。1月の24日に代々木第1で大会を開催できるということで、代々木第1という会場は、K-1にとっても凄い歴史があって意味ある会場だと思うし、そこでレオナ選手とできるのは凄くうれしいです。本当は11月3日に試合が決まっていて、福岡で楽しみにしていてくださった皆様には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど、代々木第1でK-1をもっと盛り上げて、大きくして、また福岡にK-1を持っていけるようにがんばるんで、福岡のファンの皆様も、代々木第1の試合に注目してもらって、楽しみにしてくれたらうれしいです。1月24日、代々木第1でレオナ選手とバチバチ殴り合うんで、是非応援をよろしくお願いします。 (11月の試合が流れて、今回改めて試合が決まったが、お互いに早く試合をしたいという気持ちはあった?)11月に試合ができなかったのは本当に申し訳なかったし、早くしたいという気持ちも凄くあったんですけど、レオナ選手が言ってくれたように、最高の状態の体でレオナ選手と戦いたいと思うんで、1月24日は最高の状態に仕上げて、思いっきりレオナ選手とぶつかりたいと思います。(一度対戦が流れて期間が空いたことで、どんな変化がありそうか?)怪我したことでちょっと練習内容とかは変更があったんですけど、僕は毎回毎試合、同じような追い込みをして、同じように体を作ってやる、いつもと変わらない最高の状態を作りたいと思っています。 (SNS等で拳を使わない練習を発信しているが、万全になるのはいつぐらい?)それは本当にやっていかないとわからないことなんであれなんですけど、1月24日には必ず最高の状態に仕上げる自信があるから、この試合を引き受けたし、この試合をやりましょうという話になったんで、そこには何の言い訳もない最高の状態でリングに上がるので楽しみにしていてください。 (どういう決着が理想的?)試合決着はKOしかないと思うし、僕とレオナ選手だったらKO以外はあり得ないと思うんで。あとは僕もレオナ選手の実力も認めているし、アマチュアで2回戦ったこともあるんで、1勝1敗ということで本当の意味での決着戦になると思うんで、本当に今までやってきた対戦相手とは違う、気持ちよく全力出し合える試合になるんじゃないかなっていう、恨みっこなしの思いっきりの殴り合いをやりたいですね。(レオナ選手にここは負けないというところは?)前回の会見でも言いましたけど、格闘技は気持ちが大事だと思ってるんで、気持ちで勝ったほうが勝つんで。僕はレオナ選手だけじゃなくて、階級の違う選手にも全員に負けないんで、絶対勝ちます。 (代々木第1体育館という会場で試合をすることに特別な気持ちはある?)昔のK-1で何度か見に行ったこともあるし、K-1にとっては始まりの場所でもあると思うんで。新しいK-1になってからは一番最初は代々木第2体育館で、いつかもう一つ大きい代々木第1にK-1を戻したいと思ってずっとやってきました。僕だけが戻ったわけじゃないんですけど、K-1として戻ってこれたのは凄いうれしいことだし、そこの場所で昔のK-1を超える大会をしたいなと思っています。(ツーショット撮影の時に握手を求めたのはどういう心境?)お待たせしましたっていう意味です」 ●レオナ・ペタスのコメント「皆さん、こんばんは。THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROSのレオナ・ペタスです。まず一つ、福岡で僕と武尊選手の試合を楽しみにしていてくださった福岡の皆さん、試合できないですみませんでした。でも、こうして武尊選手が戻ってきて、代々木で熱い試合をしようと思ってるんで、是非僕の勝つ姿を見に来てください。よろしくお願いします。(11月の試合が流れて、今回改めて試合が決まったが、お互いに早く試合をしたいという気持ちはあった?)11月3日は武尊選手が怪我してしまって、試合が流れてしまったのは本当に残念に思いますけど、僕は本当にバッチリな武尊選手とやりたかったんで。そのバッチリな武尊選手は1月ということで、一番強い武尊選手に勝って、僕が一番ということを証明したいと思います。 (一度対戦が流れて期間が空いたことで、どんな変化がありそうか?)僕はこういう経験が初めてで、試合に向けて体を作っていたこともあって、今日も朝、体重計に乗ったら62kgとかで体重が落ち過ぎちゃって。まあこういう経験は初めてなんですけど、ずっと追い込みっていうんですかね、武尊選手に向けてのトレーニングはできているんで、過去一で仕上がった僕を見せられるんじゃないかなと思います。 (どういう決着が理想的?)まず11月3日の福岡を楽しみにしていてくれたお客さんもいると思うんで、本当にその人たちが納得してくれるように、バッチリ完全決着でいきたいと思います。(前回の会見では『自分が勝っているのは身長だけだ』という発言があったが、その後気持ちの変化は?)11月3日にチャンピオンになると思っていて、チャンピオンに相応しい器を作ってきたと思っています。それを1月24日に向けて、さらにチャンピオンに相応しい器を作っていこうと思っているところで、武尊選手より僕のほうが相応しい器なんじゃないかなと思うし、そこは勝ってるんじゃないかなと思います。覚悟の違い……まあ覚悟の違いと言っていいかわからないですけど、そこに向けて作ったんで勝てるんじゃないかなと思います。 (代々木第1体育館という会場で試合をすることに特別な気持ちはある?)僕は5敗しているうちの2敗が代々木第2体育館なんで、代々木には怯えてるんですけど(苦笑)、K-1のチャンピオンに一度勝った場所でもあります。代々木第1ではちゃんと勝って、僕もK-1チャンピオンになりたいと思っているんで、代々木は最高の地になるんじゃないかなと思って、結構ワクワクします。(武尊から握手を求められて、どういう気持ちになった?)試合は喧嘩じゃないんで、僕と武尊選手なら最高の試合を見せられると思うし、それに向けて気持ちを受けたっていう感じですね。(意外だとは思わなかった?)元々武尊選手は汚い選手とかじゃないし、心の感じもいい選手だと思っているんで、全然普通だと思っています」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア