MMA
ニュース

【Bellator】朝倉未来に対戦要求した二階級王者パトリシオ“ピットブル”がフェザー級王座戦で「粉砕してやる!」、24連勝アモソフ、秘蔵っ子ピコ、 メレンデス妻、ホイスの息子も登場=11.13(金)

2020/11/12 18:11
 2020年11月12日(日本時間13日)に米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナで開催される「Bellator 252: Pitbull vs. Carvalho」の前日計量が11日、同地で行われた。  もともと今回のメインイベントであるパトリシオ“ピットブル”フレイレ(ブラジル)とペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)による「Bellator世界フェザー級選手権試合」兼「フェザー級ワールドGP準々決勝」のカードは、3月13日の『Bellator 241』で実施予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。8カ月の時を経て、無観客&ライブ配信にて実現されることとなった。  2019年9月以来の実戦に向け、ライト&フェザー級二階級王者のパトリシオは144.7lb(65.63kg)で計量をパス。対する挑戦者のペドロ・カルバーリョも144.5lb(65.54kg)で計量を無事にパスしている。  公開計量では、Bellatorのブラックマスクをつけて登場し、センターに立つスコット・コーカー代表にベルトを手渡したパトリシオに対し、カルバーリョは、身長・リーチともに166cmのパトリシオに対し、身長180cm、リーチ178cmの長さを誇るように、右手をパトリシオの目前にまで伸ばして挑発。  慌ててコーカー代表が「触れないように」と2度、注意すると、その右手を手前に折って「かかって来い」と、マスクを外してチャンピオンをさらに挑発し、右手で胸を叩いてガッポーズ。  右肩にベルトをかけ直したパトリシオも左手でカルバーリョを指さし、「お前を粉砕してやる」と答えて詰め寄ると、間にコーカー代表が入り、両者の距離を開けに行った。  ステージ上のインタビューでカルバーリョは、「僕の自信はハードワークから来ている。1月から1月、月曜日から月曜日、決して止まらなかった。試合ごとに100倍成長し、3月から今日までの期間は、ひたすら僕をよりよいファイターにしてくれた。最後には僕だけがケージに残っている。新王者として」と王座奪取に自信。  対してパトリシオは「僕がチャンピオンだ。キル・ヒム。ただ勝つ、それだけだ」とシンプルに自信に満ちた表情で語った。  また試合前の動画では、「この試合に勝って、100万ドルを手にして、トーナメントで決勝に進む準備ができている。彼はタイトルに飢えているし、SBG(アイルランド)のコナー・マクレガーのチームメイトとして準備を整えてきただろうから、ベストファイトに期待しているけど、僕に殺されることを覚悟してほしい」と、ここでもキラーとしての王者のコメントを残している。パトリシオは2020年4月に、RIZINの朝倉未来にも対戦を要求しており、兄のパトリッキーとともに日本マットとも縁が深い。フェザー級4度目の防衛なるか、注目だ。  対するカルバーリョも「僕に有利に働くのは、間違いなく僕のコンディショニングとペースだと信じている。彼らは3Rになるとペースを落とし始めるんだ。僕は3Rになると、ウォーミングアップをしている状態。彼を動かし続けて、ショットを選択して、彼を片付けるつもりだよ」と、チャンピオンシップラウンドとなる4R以降に、チャンスが訪れることを語っている。  なお、セミファイナルでは、MMAデビュー以来、驚異の24連勝中のヤーソラフ・アモソフ(ウクライナ)が、フォークスタイルレスリングがベースのローガン・ストーレー(米国)と対戦。さらにフェザー級ワールドGP準々決勝として、ダニエル・ヴェイケルvs.エマニュエル・サンチェスがマッチアップ。  プレリミではコーカー代表の秘蔵っ子アーロン・ピコ、 ギルバート・メレンデスの妻ケリー・テイラーメレンデス、ホイスの息子クォンリー・グレイシー、クリス・ブレナンの息子ルーカス・ブレナンらが登場する。  試合は日本でも、午前6時からプレリミナリーファイトがBellator MMA YouTubeチャンネルにて配信され、午前9時からメインカードがDAZNにて配信される。 [nextpage] Bellator 252: Pitbull vs. Carvalho 計量結果 【メインカード】 ▼Bellator世界フェザー級選手権&ワールドGP準々決勝 5分5Rパトリシオ・フレイレ(ブラジル)144.7lb/65.63kg/王者ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)144.5lb/65.54kg/挑戦者 ▼ウェルター級 5分3Rヤーソラフ・アモソフ(ウクライナ)170.5lb/77.33kgローガン・ストーレー(米国)170lb/77.11kg ▼フェザー級ワールドGP準々決勝 5分5Rダニエル・ヴェイケル(ドイツ)143.8lb/65.22kgエマニュエル・サンチェス(米国)145lb/65.77kg 【プレリミナリー】 ▼フェザー級 5分3Rアーロン・ピコ(米国)145.6lb/66.04kgジョン・デ・ジーサス(米国)145lb/65.77kg ▼女子ストロー級→キャッチウェイト 5分3Rケリー・テイラー・メレンデス(米国)116.2lb/52.7kg※体重超過エミリー・キング(米国)115lb/52.16kg ▼フェザー級→キャッチウェイト 5分3Rゲイブリエル・ヴァルガ(米国)(145.8lb/66.13kg)ブランドン・フィリップス(米国)(150lb/68.03kg)※体重超過 ▼ライト級 5分3Rマニー・ムロ(米国)155.5lb/70.53kg)デヴィン・パウウェル(米国)155.2lb/70.39kg ▼バンタム級 5分3Rジョーネル・ルゴ(米国)135lb/61.23kgスカイラー・スート(米国)135.4lb/61.41kg ▼フェザー級→キャッチウェイト 5分3Rルーカス・ブレナン(米国)(148lb/67.13kg)※体重超過アンドリュー・サラス(米国)(145lb/65.77kg) ▼ウェルター級 5分3Rローマン・ファラルド(米国)170.5lb/77.33kgパット・ケイシー(米国)170.8lb/77.47kg ▼ウェルター級 5分3Rクォンリー・グレイシー(米国)168.8lb/76.56kgトレバー・グッデ(米国)170lb/77.11kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事