SirikaSirika
MMA
インタビュー

【DEEP】阿部大治が1R TKO勝ち、RIZIN出場の住村に「覚悟しとけよ」の真意とは?

2020/11/03 17:11
【DEEP】阿部大治が1R TKO勝ち、RIZIN出場の住村に「覚悟しとけよ」の真意とは?

(C)DEEP/GONG KAKUTOGI

 2020年11月1日、DEEPが東京竹芝・ニューピアホールで昼夜2大会を開催。昼大会(12時開始)「DEEP 98 IMPACT」のメインでは、ウェルター級で、元王者の悠太(ALLIANCE)と、元UFC&ONEの阿部大治(フリー)が対戦した。

▼ウェルター級 5分3R
×悠太(ALLIANCE/元DEEP王者)
[1R 4分17秒 TKO]
〇阿部大治(フリー/元パンクラス王者)

 阿部大治は、柔道で全国的に活躍後、初代J-NETWORKライトヘビー級王者、第11代PANCRASEウェルター級王者となり、UFCに参戦し1勝2敗。ONE Championshipではルイス・サントス、イブ・タンに敗れ4連敗を喫したが、8月23日の「DEEP 96」で佐藤洋一郎との死闘をスプリット判定で制し、再起を遂げている。

 対するは元DEEP同級王者の悠太は、3月の王座戦で王者・住村竜市朗に判定負け以来、8カ月ぶり再起戦。高校でレスリング部を学び、2013年3月にDEEPウェルター級王座戴冠を果たした。同年12月には前王者・白井祐矢をKOに下して初防衛に成功。2016年4月に加藤久輝とRIZIN.1で対戦するも、KO負け。同年10月にはDEEPウェルター級GP一回戦で住村と初対戦。2Rにリアネイキドチョークで一本負けしている。

 その後、怪我で長期入院もあり1年8カ月のブランクを経て、2018年6月のDEEP84で復帰も川中孝浩に判定負け。しかし、以降はANIMAL☆KOJI、渡辺良知、佐藤洋一郎相手にいずれも判定勝利で、住村に敗れるまで3連勝を挙げていた。

 佐藤戦でフルラウンドスタミナを切らすことなく戦い、競り勝った阿部にとっては、連勝で王座挑戦を決めたいところ。悠太にとっても、住村とのタフファイトで逃したベルトに再びたどり着くためには落とせない戦いで、ウェルター級のコンテンダー争いの一戦となる。

 1R、ともにオーソドックス構え。阿部は左ジャブ連打に右アッパーを織り交ぜる。さらに前足に内・外とローキックを当てる。阿部のジャブに出血する悠太。再開。左ミドルを当て、左ジャブをヒットさせる阿部に、悠太は組みにいくが切る阿部。再び出血後再開。左ミドルハイを当て悠太に接近させない阿部は、左ジャブ、左アッパー、左フックでダウンを奪い、パウンド。レフェリーが間に入った。

 試合後、阿部は息子とともに撮影に応じると、「サポートしてくれた人、県外からも駆け付けてくれた人、ありがとうございました。一つだけ言いたいことがあります。あと1試合残してライト級に行きます。誰とは言わないけど、僕の試合を断って、ほかの試合に出た、誰とは言わないけど、2月、覚悟しとけよ、住村(竜市朗・現ウェルター級王者)!」と叫び、ウェルター級王座獲りを宣言。さらに「年末はRIZINで強い選手、戦いましょう」とRIZIN出場もアピールした。

 試合後、阿部にマイクアピールの真意を聞いた。

選手を選んで逃げてRIZINでやるのは違うなと

──1R TKOでのフィニッシュでした。

「面白かったですか? そうだといいんですけど。前回、KOでしっかり倒し切ることが出来なかったので、今回は打撃に特化した武器をいちからつけなおすつもりでボクシングを採り入れて、自分の間合いをコントロールしながら試合を進めました」

──前回の試合以降、より落ち着きを増したように感じます。

「前回の試合までは結構、開いてしまって(2019年7月のONEから1年二カ月ぶり)。試合勘も戻っていなかったんですが、前回から2カ月スパンで試合が出来たことが良かったです」

──悠太選手とは1年ほど前まではともに練習をしている関係でした。

「そうですね。悠太選手とは練習もさせてもらいましたし、人として好きな選手だったので、戦いたくはないなと思ったんですけど、DEEPに参戦して同じ階級にいる以上は、試合をやるしかない。だからしっかり戦って……、最後に『また練習をお願いします』と話しました」

──人間性もそうですし、手の内を知っているという部分ではいかがでしたか。

「お互い手の内を知っていたのですが、でも、僕もこのパターンは入るなというのをイメージしていて、それが出来たのかなと思います」

──最後レフェリーがかぶって良く確認できなかったのですが、フィニッシュブローは……。

「最後なんだったですかね(笑)。アッパーを当てて、入ったのは分かったのですが、どれで倒したのかはちょっと後で見直します」

──試合後のマイクではいくつか発言が。まず「階級をライト級に下げる」と。

「日本でRIZINがだいぶ盛り上がっているじゃないですか。ライト級はGPも開催されていて盛り上がっていて、そこで勝負したいなと思って。あともうひとつは11月に住村(竜市朗)選手と試合を、というオファーが来たんですよ。で、住村選手は怪我で断ったのに、11月にRIZINに出られる(レッツ豪太と対戦)じゃないですか。それは違うなとムカついてます。だから2月に逃げられないように、マイクで言っておこうと思って。2月の『DEEP 100』でド派手にやっちゃいたいと思います」

──笑顔で語りながらも内心は……。

「ムカついています。僕は誰とでも逃げないでやります。そこを選手を選んで逃げてやるのは違うなと……。『年内試合出来ない』って言われましたからね。それじゃあしょうがない。こちらも11月に試合をして2月の復帰を待とうと。それでアレ? 話が違うなと」

──その住村選手が現DEEP王者です。

「チャンピオンだったら胸張って堂々と構えてもらいたいっスよね」

──RIZINライト級に参戦する場合、71kgというのはいつ以来の試合になりますか。

「中3以来ですかね……全然、リカバリーすれば問題ないんで。海外含め名前のある選手がたくさんいるじゃないですか。そのへん、強い選手と僕は片っ端から誰とでもりたいです」

──ウェルター級では、2月のDEEPウェルター級タイトルマッチがウェルターのラストマッチになると。

「ラストです。その後はもうほんとうにライト級でやっていくんで。ライト級でも強い選手とやっていきたいです。それに、今回ダメージが無いんで、年末も意識しています。誰とでもやります。オファー待ってます」

 マット上で2月にベルトを賭けた対戦をアピールされた住村は、ツイートで「いや、パイセンやから!! 住村さん!! やろが!!」「昔みたいに、スミムラさんって呼べ!!」と年上ゆえに「さん付け」しろとアピール。そこに盟友の皇治から「いや、スミムラで正しい。“さん”の無駄遣い」と突っ込まれている。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年5月号
2021年3月23日発売
巻頭2大対談は、青木真也×平田樹、那須川天心×志朗! ONEライト級に転向しフォラヤンと対戦する秋山成勲、世界のバンタム&フェザー級特集も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事