キックボクシング
ニュース

【RISE】鈴木真彦が危険な発言、1回戦の江幡塁戦は「圧倒的に1Rで終わらせる」=那須川天心挑戦者決定トーナメント計量

2020/10/31 17:10
 2020年11月1日(日)エディオンアリーナ大阪『RISE DEAD OR ALIVE 2020 in OSAKA』の前日計量&記者会見が、10月31日(土)府内にて13:00より行われた。 「RISE DEAD OR ALIVE 2020 -55kg~那須川天心挑戦者決定トーナメント~」に出場する、志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者)は54.9kg、準決勝の対戦相手・植山征紀(龍生塾ファントム道場/SB日本スーパーバンタム級王者)は54.95kg、鈴木真彦(山口道場/第7代RISEバンタム級王者)は54.8kg、準決勝の対戦相手・江幡塁(伊原道場/WKBA世界スーパーバンタム級王者、KNOCK OUT初代同級王者)は54.8kgで、それぞれ計量をパス。  続いての会見で各選手は次のように語った。 江幡 塁「RISEに初めて出場します。大阪で試合も初めてです。ワンデートーナメントという過酷なトーナメントに参加できて楽しみにしています。1回戦からRISE王者の鈴木選手ですので、前から知っていたんですが、戦えるとは思っていなかったので1回戦から山場がきています。僕は新日本キックで7年前に志朗選手と戦っています。7年ぶりにRISEの舞台で決勝戦で当たれるかもしれないので、志朗選手に勝ってもらって僕も勝って、決勝を新日本キック出身の2人が戦って優勝は僕がもらっていきます」 鈴木真彦「ワンデーで過酷ですが、生きるか死ぬか(DEAD OR ALIVE)じゃなく全員殺してやる気持ちで挑みます。トーナメントなので山場は初戦かなと思うけれど、皆さんは1回戦で僕と江幡選手が削り合っての試合を予想していると思うので、圧倒的に1Rで終わらせます。普段、僕たちは関東へ行って試合をやることが多いので、地元でやるとなったらテンション上がりますけれど気持ちは一緒。気を引き締めていきたい」 志朗「大阪での試合は1年ぶりくらいで、その時はルンキットに勝った縁起のいい場所なので明日は自分が優勝します。1回戦の勝ち方が重要だと思っていますし、練習を二部練に分けてトーナメントを想定した練習をしていたので自信があります。新日本キックで最後戦えなかった2人(志朗と江幡)が、この舞台で戦うのは面白いと思います。でも63kgのトーナメントを見ても、白鳥選手と原口選手が戦うことがなかったので、何が起こるか分からない。どっちが来ても勝てる準備は万全なので、どっちが来ても大丈夫です」 植山征紀「SBから来ました。トーナメントの代打で使っていただきありがとうございます。あとはやるだけなので明日は人生懸けて優勝します。1試合目が山場と思っているのでここをしっかり勝って波に乗って優勝します。応援団もたくさん来てくれるのでモチベーションは凄く高い。代打で決まって持っているなと思っているので、その運を味方に優勝します」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事