MMA
レポート

【DEEP】ボンサイ柔術・鈴木琢仁が再起戦勝利、原口央が拓MAXを破る=DEEP浜松

2020/10/29 16:10
 2020年10月25日(日)、『DEEP HAMAMATSU IMPACT 2020』がアクトシティ浜松で開催された。  セコンドは全員、フェイスシールドを着用の中、メインでは地元ボンサイ柔術の鈴木琢仁が、BRAVEのレバナ・エゼキエル(コンゴ)と対戦した。 ▼メインイベント DEEPライト級 5分2R〇鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu)[判定3-0] ※20-18×3×レバナ・エゼキエル(BRAVE)  セコンドにクレベル・コイケがつく鈴木。PANCRASEネオブラッドトーナメント2016フェザー級優勝者である鈴木は、2019年9月にデビッド・キムラ、12月に窪田泰斗に、いずれも判定勝ちで2連勝も、2020年8月に大原樹里に1R TKO負け。今回が再起戦となる。MMA7勝5敗。  対するレバナは3歳から日本在住。RIZINにも出場したロクク・ダリの従兄弟で、2020年8月のDEEPでは朝倉未来の弟子・畠山祐輔に判定負けを喫している。MMA1勝1敗。鈴木同様に再起戦となる。セコンドには宮田和幸BRAVE代表。  1R、いきなり中央に飛び込んだレバナ。ともにオーソドックス構えから鈴木は右の前蹴り。レバナの右に左ローを合わせて尻餅をつかせる。さらに左ミドルハイ、左ジャブは鈴木。さらに左ロー、ミドル、左かかと落としとオーソから左の蹴りを多用。  レナバは長い手でパンチを振るも手打ち気味に。かいくぐる鈴木は、大きな右を振ってレバナの上体を上げるとダブルレッグテイクダウン。  片手で首を抱えるレバナはハーフガードのクオーターネルソンからブリッジ。その際で足をまたぐ鈴木はサイドに。横回転で仰向けになり首を抜いて上四方に。下から首を抱えるレバナにヒザをボディに突き、右で脇差しヒジを打ち下ろす。  ブリッジで落とすレバナ。下になる鈴木は三角絞め狙いからヒジ、腕十字狙い。中腰になり外すレバナに潜りから足関節に入る。外掛けデラヒーバを狙い、ゴング。  2R、左ハイを当てる鈴木。レバナが前がかりに左右を振ってきたところにダブルレッグテイクダウン。下から頭を抱えてしまうレバナにマウントを奪う鈴木は、脇腹にボディ。レバナのブリッジにバランスを取りながらこつこつとパウンド。サイドに回り、脇腹にヒザ蹴り、鉄槌。再びマウントになると、脇腹にパンチ、残り10秒の拍子木と同時に上体を上げ、パウンド。判定は3-0で鈴木が勝利。地元のDEEPで危なげない試合運びで再起を飾った。 ▼セミファイナ DEEPフェザー級 5分2R×拓MAX(TEAM HAMBOLT)[判定0-3]〇原口 央(BRAVE)  セミでは、拓MAX(TEAM HAMBOLT)と原口央(BRAVE)が対戦。ともにサウスポー構えから左を振って組んでテイクダウンを奪う原口が、立ち上がる拓MAXのバックを再三奪い、チョーク、腕十字を狙うなど判定勝利。  1月にWARDOG CAGE FIGHTで新フェザー級王者となった拓MAXだが、レスリングで全国高校生選抜選手権3位の実力を持つ原口に完封され、地元で勝利とならなかった。原口はZSTでの連敗から再起を果たした。  また、引退試合のMASATO(STRIKs GYM)が大岩貴(ブラジリアンタイ)に判定勝利。有終の美を飾った。 [nextpage] 【全試合結果】 DEEP HAMAMATSU IMPACT 2020 2020年10月25日(日)アクトシティ浜松展示イベントホール開場/13:30 開始/14:00 ▼MASATO 引退試合DEEP 60kg以下 キックルール 3分3R(延長1R)〇MASATO(STRIKs GYM)[判定3-0] ※20-18×3×大岩 貴(ブラジリアンタイ) ▼メインイベント DEEPライト級 5分2R〇鈴木琢仁(Bonsai Jiu-Jitsu)[判定3-0]×レバナ・エゼキエル(BRAVE) ▼セミファイナ DEEPフェザー級 5分2R×拓MAX(TEAM HAMBOLT)[判定0-3]〇原口 央(BRAVE) ▼DEEPライト級 5分2R〇篠原アンジェロ(HARD COMBAT) [1R 5分00秒 TKO]×ハリースタローン(SEKITANI JIUJITSU ACADEMY)  ▼DEEPフェザー級 5分2R×須山 渉(Bonsai Jiu-Jitsu)[判定0-3]〇大村友也(掣圏会) ▼DEEPバンタム級 5分2R×内山拓真(Bonsai Jiu-Jitsu)[1R 0分47秒 TKO]〇三好真大(BRAVE) ▼DEEPバンタム級 5分2R(ヒジ無し)×望月風我(禅道会)[1R 0分37秒 リアネイキドチョーク]〇山本哲也(和術慧舟會IGGY HANDS GYM) ▼DEEPバンタム級 3分2R アマチュアSPルール×平野紘希(K.O.SHOOTO GYM)[判定0-3]〇今井健斗 (マーシャルアーツクラブ中津川) ▼DEEP 69kg以下契約 3分2R アマチュアSPルール〇佐藤哲郎(JAWS WEST)[判定3-0]×壁谷勇佑(禅道会豊橋) ▼DEEPバンタム級 3分2R アマチュアSPルール〇青田 剛(K.O.SHOOTO GYM)[判定3-0]×北川文汰(MtF MUGEN GYM) ▼DEEPフェザー級 3分2R アマチュアSPルール 〇小谷壽彦(禅道会豊橋)[判定3-0]×大竹修斗(パラエストラ柏) 【KICK】 ▼DEEP 100kg以下 キックルール 3分3R(延長1R)〇マウンテンRYUGO(TenCloverGym)[判定3-0]×加藤秀学(志焔塾) ▼DEEP 66.5kg以下 キックルール 3分3R(延長1R)×YUSHI(TEAM FOREST)[判定0-3]〇滝口幸成(TEAM滝口) ▼DEEP 55kg以下キックルール 3分3R(延長1R)〇大澤匡弘(STRIKs GYM)[判定3-0]×KAZUNORI(T-KIX GYM) ▼DEEP 72kg以下 キックルール 3分3R(延長1R)×康輝(キング・ムエ)[判定0-3] ※延長〇青谷秋未(正道会館健明館) ▼DEEP 90kg以下 キックルール 2分3R〇TKCウィンチェスター(TEAM HAMBOLT)[判定3-0]×小林悠也(ストライキングジム アレス) ▼DEEP 58kg以下 キックルール 3分3R〇仲川広汰(TenCloverGym)[判定3-0]×MASANARI(キック塾) ▼DEEP 65kg以下 キックルール 3分3R〇長谷川佑也(TEAM FOREST)[3R 1分41秒 TKO]×伊藤晃希(ストライキングジム アレス) ▼DEEP 62kg以下 キックルール 2分3R×久野尚保(Fight lab aggressive)[3R 1分53秒 TKO]〇青島政史(TenCloverGym) ▼DEEP 58kg以下 キックルール 2分3Rアレックス太田(TEAM HAMBOLT)[3R 0分30秒 TKO]松井大樹(MEIBUKAI) ▼DEEP 50kg以下 キックルール 2分3R△タイガー林(TenCloverGym)[判定1-1]△KOTORA(T-KIX GYM)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事