K-1K-1
K-1
レポート

【Krush-EX】デビュー戦の赤田功輝が逆転KOで大胆にK-1出場アピール、女子は好試合でJKファイターが揃って勝利

2020/10/24 22:10
「Krush-EX 2020 vol.2」2020年10月24日(土)東京・GENスポーツパレス ▼セミファイナル(第6試合)Krushライト級 3分3R×大関敬真(BOXING-WORKS水龍會)KO 1R 2分52秒 ※左フック〇赤田功輝(K-1ジム川口TEAM SIRIUS) (写真)大関が最初にダウンを奪った 大関は『格闘代理戦争』でのパワフルなファイトで注目を浴びた存在だが、今年4月のデビュー戦で敗れており2戦目に臨む。赤田は今回がデビュー戦。 (写真)左フックでダウンを奪い返す赤田 1R、前に出てくるサウスポーの赤田に大関は右ミドルとパンチでボディを狙い撃ち。赤田も左ミドルを放つ。大関の右ローがローブローになってしまい試合は一時中断。再開後、大関がパンチをまとめて左フックでダウンを奪う。 (写真)最後の打ち合いでは大関の左フックよりも先に赤田が左フックを打ち抜いた 大関は一気に詰めていきパンチを連打するが、赤田の左フックをカウンターでもらって逆にダウン。これで息を吹き返した赤田が打ち合いに行き、大関も打ち合いに応じて両者の左フックが数回相打ちになったところで大関がダウン。立ち上がるも足元がふらつき、レフェリーがストップした。  逆転KOで場内を沸かせ、デビュー戦をKO勝利で飾った赤田はマイクを持つと「倒そうと思っていたんですがまさか本当に1R決着になるとは思わなくて、何を言っていいか分かりません。自分プロデビューが怖くて毎日寝れないほどだったんですが、皆さんのおかげで勝つことができました。僕はアマチュアでも数えるほどしかしあをしていなくて本当に怖かったんですけれど、12月両国国技館空いていませんか? 面白い試合ができると思うます。決定で! ありがとうございました」と、大胆にK-1出場をアピールした。 ▼第3試合 Krush女子アトム級 2分3R×AIKO(FREEDAM@OZ)判定0-3 ※26-30×2、27-30〇NOZOMI(TAD)  NOZOMIは高校1年生で9月に16歳になったばかり。8月に開催された『K-1甲子園』に出場し、女子ワンマッチで関係者から高い評価を受け、今回のプロデビュー戦が決まった期待のルーキーだ。小学4年生から格闘技を始め、アマチュアで約70戦を経験しているという。対戦相手はプロ1勝1敗1分のAIKO。  1R、軽快なフットワークのNOZOMIは飛び込んでの高速ワンツー。AIKOも前へ出てアタックを繰り返し、NOZOMIのストレートに右フックを返すが、NOZOMIが4連打を打ち返す。NOZOMIのフットワーク、出入りの速さ、そしてワンツーのスピードは目を見張るものがある。 2Rは激しい打ち合い。NOZOMIがスピーディーなジャブ、ワンツー、AIKOは下がらずに負けじとフック、前蹴りを打ち返す。被弾する場面もあるNOZOMIだが、圧倒的なスピードと出入りの速さを見せる。終盤には右ハイをかすめる。  3R始まってすぐ、AIKOの蹴りがローブローとなってNOZOMIはうずくまってしまう。インターバル後、再開すると両者再び打ち合い。左右ストレートを連打するNOZOMIにAIKOも打ち返してカウンターを奪う、NOZOMIの勢いは止まらずスピードのある連打を繰り出していく。AIKOが右ローを蹴ろうとしたところへ飛び込んでの右ストレートでダウンを奪う。 (写真)NOZOMIがダウンを奪った右ストレート その後も両者激しい打ち合いを展開。NOZOMIはK-1甲子園での試合でもそうだったように後半はクリンチが増えたが、スピードと手数で優ったNOZOMIが判定3-0で勝利。ニューヒロインの誕生を予感させる戦いぶりだった。 [nextpage] ▼第2試合 Krush女子-50kg契約 2分3R〇ケイト・ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪)判定3-0 ※30-28、30-28、30-29×JASMINE(ポゴナ・クラブジム)  前日計量では“女マッスルモンスター”の肉体を披露して周囲の度肝を抜いたJASMINE。高校時代にはボート競技で埼玉県代表として全国大会に出場し、日本代表候補にも選ばれたという。ケイトの「右の上から2本目のアバラを折る」と予告するなど大いに注目を集めた。  対するケイトも期待の新人女子ファイターで、現在高校2年生。ベラルーシとのハーフであるケイトは3歳から極真空手を学んで13年の経歴を持ち、2019年極真会館東日本空手道選手権高校生女子3位、2019年極真会館東東京空手道選手権大会高校生女子無差別級優勝など、本人も「ありすぎて覚えていない」というほどの優勝・入賞歴を持つ。  男女混合大会や体重無差別で勝つことに意義を持ち、好んで出場していたという。2016年にはなんと高校生の男女混合大会で優勝したことがある。キックボクシングは裂くね7月から始め、アマチュアでは約5戦を経験してプロのリングに上がる。  1R、両者慎重な立ち上がり。JASMINEはロー、ミドルを単発で蹴りつつ回り込み、ケイトがそれを追っていく展開。ケイトはJASMINEが蹴ってくるのを待ってワンツーを放つ。  2R、JASMINEは左右の重いミドルを当てるが、前へ出るのはケイト。コーナーへ追い詰めたケイトはパンチの連打でラッシュを仕掛け、JASMINEもこれに応じて打ち合いに。お互いにクリーンヒットなく離れるが、ケイトは左右ストレートでパンチ主体のスタイルで攻める。  3R、左右のロングリーチから放つストレートでJASMINEにロープを背負わせるケイト。JASMINEはここで思い切り右フックを打ち、ヒットを奪うとケイトも左右ストレート連打で応戦。右フックを思い切り振り回すJASMINEにケイトは被弾しながらも笑顔を浮かべ打ち合いに応じ、判定3-0でケイトが白星デビューを飾った。 ▼メインイベント(第7試合)Krushバンタム級 3分3R△倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)ドロー 判定0-0 ※30-30×3△橋本裕也(K-1ジム五反田チームキングス/第16回K-1アマチュア チャレンジAクラス-55kg優勝)  当初メインで組まれていた元プロボクシング西日本新人王・大泉翔(team SHOW TIME) vs稲垣柊(K-1ジム大宮チームレオン)は、大泉が減量による脱水症状のため計量に不参加・欠場。稲垣は64.4kgで計量をパスしていたため、稲垣の不戦勝となった。そのため、この試合がメインに繰り上がって行われた。  1R、倉田は両手を下げて前後へステップを踏む独特の動きでプレッシャーをかけ、右ストレートを打つ。サウスポーの橋本は倉田の攻撃を待ち、よく見てかわしての左ストレートとロー。これも倉田がボディワークでかわす。  2Rが始まってすぐ、倉田のローがローブローとなり試合は中断。再開後、ボディワークと頭の動きでフェイントをかける倉田だが、橋本はのってこない。プレッシャーを懸ける倉田に橋本は左ミドル。ノーモーションの橋本の左ストレートをもらった倉田はすぐに右を打ち返し、一進一退。  3R、お互いが警戒し合ってなかなか手の出ない展開が続いたが、橋本が左ミドルを蹴り始めると倉田がガードの上からでも構わずパンチを叩きつける。右ボディはヒット。倉田が飛びヒザを放てば橋本も飛びヒザを返す。倉田がストレートを出せば橋本もストレートを返す。一進一退、相手が攻撃を出せばすぐに攻撃を返す展開となったが、相手を見すぎた両者の戦いはドローとなった。 [nextpage] ▼第5試合 -56kg契約 3分3R×篠原広耀(優弥道場)判定0-3 ※28-30×2、29-30〇愛瑠斗(=えると/健成會)  篠原は2015全日本学生キック・フライ級準優勝の実績を持ち、プロでは1勝3敗1分。KrushやKHAOSでは3連敗と白星が欲しいところ。愛瑠斗はこれがデビュー戦。  1R、篠原は突進してパンチ&ローのインファイトを繰り返す。愛瑠斗は前蹴り、飛びヒザ蹴りを連破して応戦し、左右の連打も見舞うが、篠原の左右フックをもらって頭が大きく跳ね上がる場面も。  2Rもインファイトを仕掛けてくる篠原に愛瑠斗もパンチコンビネーションを回転させて応戦。激しい打ち合いが繰り広げられるが、篠原のバッティングで試合は中断。篠原には警告が与えられる。再開後、前に出る篠原に愛瑠斗は顔面とボディのパンチコンビネーション、顔面前蹴り、左ロー、ヒザ蹴りと技をフル回転させて打ち込んでいった。  3R、鼻血で顔を真っ赤に染めながらも突進してのインファイトを仕掛ける篠原はまるでボブ・サップのよう。愛瑠斗は突き放しての右ストレート&左ボディ、ヒザ蹴り、前蹴りと技を駆使し、両者バッティングが多くなるも愛瑠斗がタフな一戦を制した。 ▼第4試合 Krushフェザー級 3分3R〇八木正樹(WSRフェアテックス三ノ輪)判定3-0 ※30-28、30-28、30-27×高口賢史郎(K-1ジム五反田チームキングス) 八木は1勝1敗1分の戦績でKrushでは1敗1分とまだ勝ち星がない。高口は3敗とまだ勝利がなく初勝利を目指す。  1R、左ミドルを蹴る八木に高口はかなり接近してのショートパンチで攻める戦法。八木はこれにヒザ蹴りで反撃し、左ボディと右フックを連続ヒット。高口も右のボディを叩き続ける。  2R、八木は距離ができると左ミドルをヒットさせるが、高口がすぐに接近して右ボディをしつこく叩く。これに八木は前蹴り、ジャブで隙間ができると右ストレートをクリーンヒットさせるが、高口は下がらず接近戦を続ける。  3Rも接近戦を仕掛けて前へ出てくる高口に八木は疲労の色を見せるが、左右ミドル、ヒザ蹴り、右ストレートで対抗。高口はしつこく右ボディと左右フックで接近戦を仕掛ける。八木が意地を見せて高口を突き放しながらの攻撃を決め、判定3-0で勝利を得た。 ▼第1試合 Krushスーパー・ライト級 3分3R〇梅村直希(湘南格闘クラブ)KO 1R 2分43秒 ※左ストレート×水上陽生(ポゴナ・クラブジム)  1R、サウスポーの梅村が左ミドル中心に攻めれば、水上は左右ローと右ミドルで応戦。水上がコーナーへ詰めてくると、梅村は前へ出て渾身の左ストレート。これがズバリと決まり、一発KO勝ちした。  梅村はマイクを持つと「私は頭が悪い、勉強ができない、私は何もできない。こんな私に何ができるかと考えていたところ、試合を通じて周りの人に元気を与えられることに気づきました。今年はコロナでいろいろありましたが、コロナの年に誕生したファイターとして引き続き見てもらえればと思います」と饒舌にマイクで喋った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事