K-1K-1
SirikaSirika
K-1
ニュース

【Krush】勝利の真優、大好きだった祖父が1週間前に死去「じいちゃんもきっと喜んでくれていると思う」

2020/10/18 20:10
【Krush】勝利の真優、大好きだった祖父が1週間前に死去「じいちゃんもきっと喜んでくれていると思う」

会見に笑顔で出席した真優

 2020年10月17日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.118』の一夜明け会見が、18日(日)都内にて行われた。

 第2試合のKrush女子フライ級3分3R延長1Rで、小澤聡子(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を判定3-0(30-29、30-28、30-27)で破り、連敗から脱出した真優(月心会チーム侍)が出席。前夜の試合を振り返った。


「昨日はたくさんの応援ほんまにありがとうございました。1週間前に実は大好きなじいちゃんが亡くなってけっこうメンタルにきて…自分にとってこの1週間どう過ごしていこうかという感じやったんですけれど、最後にじいちゃんの顔を見た時に“ここで逃げたらあかんぞ”って。“ここで辛い試練を乗り越えたらまたお前は一歩成長できるぞ”って言ってくれた気がしたので、しっかり今回は勝つことが自分の目標やったのでとりあえず勝ててホッとしています」と、祖父の死という悲しみを乗り越えての試合だったと告白。


 試合については「前にガツガツ来る対戦相手だったので、それに対してどう戦っていくかを中心に練習も頑張っていたんですけれど、10カ月ぶりの試合でなかなか自分の思う通りに動かなかったのがほんまに悔しいですね」と、ブランクが影響したという。

 その中でも「一発一発のパンチや蹴りを的確に当てられるようになったこと、スタミナも徐々に上がってきているので、それを次につなげたいと思います」と、成長を感じられる部分もあった。


 そして「いま空位になっているクイーンのKrushのベルトを目指していますが、こんなレベルではベルトが欲しいと言ったらファンの方にもお前のレベルでは無理やと思われるので、しっかり次に向けて師範と自分の仲間とどうやったらもっと上に行けるか、どうやったらもっと強くなれるかを一緒に考えて、もう1回頑張っていきたいですね。Kのリングで勝てたことが嬉しかったので、じいちゃんもきっと喜んでくれていると思うので次へしっかりつなげていきたいと思います」と、もっと自分をレベルアップさせていきたいと語った。


●第3試合の勝者・伊藤健人(K-1ジム蒲田チームアスラ)
「昨日はKOで勝ってマイクを握るまでが自分の目標だったんですけれど、握れなかったのでこの場を借りてありがとうございます。今回移籍して初の試合で前のK-1ジム目黒の会長を始め、仲間、今でも応援して下さる会員様に感謝します。移籍したK-1ジム蒲田代表に感謝し、勝って感謝を伝える事ができて本当に良かったです。移籍してからいろいろな方にお世話になって、いろいろな方に練習に付き合ってもらって。なので今回は勝ちたかったというのが一番で、その方々に結果で見せられてよかったです。

 試合内容はイメージ通りには自分の動きが出来なかったですね。その誤差がけっこうありました。練習でしか直すことができないので、練習と昨日の試合感をそのまま練習で継続して 次の試合でもっと変わった姿を見せようと思います。(ダウンを取った右ストレートは)あれも練習していたことで、今回は倒し切ることが目標だったの詰めきれなかったのがセミ、メインをはる選手との差だなって終わって感じました。年内にもう1試合したいので、ぜひお願いします。次は必ず倒して勝とう思います。皆さんのおかげで選手としてやっていけているので、ここから上に上がっていけるように頑張っていきます」


●第1試合の勝者・利川和希(K-1ジム五反田チームキングス)
「昨日の試合は結果的には勝ったんですが、僕的には内容は全然ダメダメで。負けるよりかは勝って反省できることはいいことだと思うので、それは良かったと思います。試合自体が10カ月ぶりでしたが、動きはアップから軽くてキレもあるなと感じて。試合もキレがあってよかったと思いました。あとは試合の展開作りがダメだったと思います。

 第1試合のプレッシャーはなく、2~3試合目からするより1試合目でやって火をつけたいというのがあったので逆に1試合目でよかったと思っています。移籍して絶対に強くなっていると確信しました。戦い方も多少なりとも変わったと思っています。倒しに行くスタイルを追求してきて成果はちょっとはありました。でも倒せなかったのが課題です。今後の目標はKOに尽きます。それしてなんぼ。お客さんも高い金を払って見に来てくださっているのでそれに尽きます。勝ったけれど全然ダメダメだったので。Krushに初めての気持ちで出たんですけれど、覚えてもらえるような試合内容ではなかったので、本当に次は絶対に倒します。だから期待していてください」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事