K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】バンタム級トーナメント開幕、8人の勝負メシは焼肉が一番人気も橋本実生は「ペペロンチーノ」萩原秀斗は「タピオカ」で勝負

2020/10/16 18:10
【Krush】バンタム級トーナメント開幕、8人の勝負メシは焼肉が一番人気も橋本実生は「ペペロンチーノ」萩原秀斗は「タピオカ」で勝負

Krushバンタム級王座を目指して8名がトーナメントで争う

 2020年10月17日(土)東京・後楽園ホール『Krush.118』の前日計量&記者会見が、16日(金)都内にて13:00より行われた。

 今大会から開幕する「第6代Krushバンタム級王座決定トーナメント」に出場する8名は全員が計量をパスし、明日の1回戦に臨む。


 その後の会見に同席した石川直生Krushエヴァンジェリストは「若いんですよね。平均年齢を計算してみたらほぼ20歳。20歳くらいの選手が全員優勝するポテンシャルを持っている。僕が現役だった時代に比べれば、20で王座決定トーナメントに出られるんだと。それだけ選手も指導者も競技も進化しているんだなと。未来は明るいなと感じています。明日も起承転結がしっかりしたイベントとして、選手たちが素晴らしい作品を見せてくれると思います。


(写真)左から萩原、峯、藤田、橋本、吉岡、池田、多久田、黒田

 若いだけじゃなく実力も個性も揃っているチャンピオンにふさわしい8選手が揃いました。その中でもこれまでのパフォーマンスから優勝候補を上げるとしたら吉岡ビギン。でも全選手、勢いも成長曲線も著しいので、まずは明日どんなパフォーマンスを見せてくれるのかによって、その勢いや流れは変わってくるので、まずは明日の1回戦4試合を楽しみにしています」とコメントした。

 トーナメントに出場する各選手のコメントは以下の通り。


多久田和馬(K-1 GYM横浜infinity)=52.9kg
「これからリカバリーして明日いい試合が出来るように頑張ります。(相手の今日の印象は)特にありませんが、お互いいい感じにリカバリーして明日は頑張りたいと思います。とりあえず1回戦のことを考えて練習してきました。(勝負メシは)自分もいつも焼肉食べているので、それでリカバリーします」


黒田斗真(K-1ジム心斎橋チームレパード)=52.9kg
「計量も無事に終えて明日に向けてしっかりリカバリーして試合で魅せたいと思います。(相手の今日の印象は)特に思ったことはないですが、しっかり明日は倒したいと思います。僕は20歳までにKrushのベルトを獲るという目標があったので、ベルトをしっかり獲るという強い気持ちで練習してきました。(勝負メシは)いつも試合前の夜は焼肉喰っているのでパワーをつけようかなと思っています」


吉岡ビギン(team ALL-WIN)=53.0kg
「計量も無事終えて、優勝候補である僕が1回戦から優勝候補の実力を見せます。(相手の今日の印象は)対面しても大きいなって印象がありましたね。明日を楽しみにしていてください。優勝候補と言われているからにはその評価に対する練習量もですし、ベルトを獲ることはKrushデビューからずっと思っていたことなので、ベルトめがけて練習してきました。(勝負メシは)自分もいつも肉を食べているので、自分はバンタム級の木村“フィリップ”と呼ばれているので、明日の体格を見てもらえれば分かりますが、リカバリーでもっと身体を戻してパンプアップさせられるようにお肉を食べます」


池田幸司(ReBORN経堂)=53.0kg
「対戦相手のビギン選手は優勝候補と言われていますが、自分は100%自信あるので下馬評を覆します。(相手の今日の印象は)相手も調子がよさそうなのでやってやるぞって気持ちになりました。勝つために何が必要なのかを考えて、コツコツと1日1日やることをやってきました。(勝負メシは)まだ決めてないですね。その時に食べたいものを食べます」


藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)=52.9kg
「かなり仕上げてきたので明日はバチバチ行きます。(相手の今日の印象は)イケメンだなって思いました。めちゃくちゃスパーリングしてきてかなり仕上がっています。(勝負メシは)家の近くのウナギを食べます」


橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=52.9kg
「調子いいので明日試合を見てください。(相手の今日の印象は)いけるなっていう感じですね。人と同じことをしていたら一緒にしかならないから、みんなと違うことをしてきました。(勝負メシは)僕、パスタのペペロンチーノが好きなので食べたいです」


萩原秀斗(K-1ジム総本部チームペガサス)=52.9kg
「過去一仕上げてきて明日は120%の力を出します。トーナメント1回戦の第1試合として僕が火を付けます。(相手の今日の印象は)調子が良さそうだなと思いました。明日は自分の敵は自分だと思っているので自分の殻を破る試合をします。死ぬほど悔しい思いをしてきたので、もうしたくないのでめっちゃ頑張って練習してきました。(勝負メシは)うなぎとタピオカ飲んで元気いっぱいです」


峯 大樹(若獅子会館)=52.7kg
「進化した姿を見せるので楽しみにしてください。(相手の今日の印象は)特に感じなかったんですが、試合が楽しみになりました。まずはこの1勝を勝つために一生懸命に練習してきました。(勝負メシは)焼肉を食べてパワーをつけます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事