キックボクシング
レポート

【NKB】村田裕俊が延長戦で高橋亮を振り切って優勝、直後に引退式で有終の美飾る

2020/10/10 22:10
NKB「交戦シリーズvlo.5」2020年10月10日(土)東京・後楽園ホール ▼第8試合 ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント決勝 3分5R延長1R×高橋 亮(真門ジム/NKBフェザー級王者)延長R 判定0-3 ※9-10×3〇村田裕俊(八王子FSG/元NKBフェザー級王者、現同級2位)※村田がトーナメント優勝。本戦の判定は49-48(高橋)、48-50(村田)、49-49  2019年12月大会より8人でスタートしたトーナメントがいよいよ決勝戦を迎える。  高橋は“高橋三兄弟”の次男で、近年は『KNOCK OUT』にも参戦。2017年12月には小笠原瑛作からダウンを奪って引き分け、2018年5月には宮元啓介、9月には瀧澤博人から勝利を奪い、2019年6月にはホームのNKBでバンタム級に続いてフェザー級のタイトルも奪い、2階級制覇に成功。10月には大ベテランの国崇にもTKO勝利。1回戦でJ-NETWORKフェザー級王者・一仁からダウンを奪っての判定勝利、準決勝ではコッチャサーンに1R1分13秒、TKO勝ちと圧倒的な強さで勝ち上がってきた。  対する村田は何度もタイへ渡り、ムエタイの本場で練習と試合を積んだ。2017年2月には『KNOCK OUT』に初参戦して森井洋介と引き分け、一気に名をあげたがその後はなんと5連敗。一時は引退も考えたというが、2019年4月の試合で連敗脱出。「このトーナメントをもって引退」と発表し、1回戦でテープジュン・サイチャーンに判定勝ち、準決勝ではMA日本ライト級王者・遠藤駿平に判定勝ちして決勝へ生き残った。  1R、サウスポーの両者は右ミドルと左ローの蹴り合い。その中で高橋の左ローが強烈に決まる。  2R、高橋は村田の蹴り足をキャッチしてのボディブロー。村田の蹴りに対してパンチを連打で返していく。  3R、高橋のパンチに村田は右ミドルで対抗するが、前に出る高橋の手数が優る。しかし後半、村田が首相撲からのヒザに活路を求め、首相撲では村田が優勢に。  4R、高橋は捕まれないように動きながら、捕まえに来る村田へ右フックを打つ。しかし、捕まると村田がヒザ蹴り。高橋は組んでくる村田へハイキックを放つ。  5R、前へ出る村田にパンチとミドルで掴ませまいとする高橋だが、村田に捕まってヒザ蹴りをもらう。どんどん前へ出て組み付く村田に高橋はペースを持っていかれ、高橋がヒジで東部カットするも本選の判定は三者三様のドロー。  延長戦になるとどんどん前へ出る村田。ミドルを蹴り、組み付いてのヒザ蹴り。この勢いに押される高橋だが、終盤にパンチを連打していき逆襲。前に出る勢いで優ったことが評価されたか、判定は3-0で村田に凱歌。引退試合で有終の美を飾った。  試合後、そのまま村田の引退式が行われ、日本キックボクシング連盟の渡邉信久会長より「村田、よう頑張った。いい試合だった」、師匠である小林秀至会長より「デビューして8年、24戦、魂のこもった毎回いい試合をありがとう。おつかれさん」との言葉が贈られた。続いて村田からの挨拶。 「私、村田裕俊はキックボクシングの選手として今日をもって最後の試合となります。まだ早いという声を聞かせてもらいますが、もうキックボクシングにやり残したことはなくて悔いはありません。本当にこんな大舞台で引退試合をやれる選手になるとは、長い間応援してくれた皆さんのおかげです。今まで対戦してくれた選手の人たち、特に高橋三兄弟はみんな強くて勘弁してくれって感じだったんですが、三兄弟のおかげで強くなれたし、成長できました。ありがとうございました。  小林会長、八王子FSGの皆さん、長い間このジムのおかげで活動できました。最後に家族と両親にお礼を言わせてください。何から何までサポートしていただき、本当にいい選手生活でした。父さん母さん、今まで本当に心配かけてすいませんでした。でも本当に今、幸せです。生まれてきてよかったと思っています。僕を産んでくれて育ててくれてありがとうございました。僕もこんな家族を持っていくような存在になっていこうと思うのでよろしくお願いします。キック人生でキックを通して出会った人たちは宝物です。ありがとうございました」  最後に、村田は天井を仰ぎ10カウントゴングを聞いて現役生活に別れを告げた。生涯戦績は24戦14勝(6KO)8敗2分。 [nextpage] ▼第7試合 NKBウェルター級王座決定トーナメント決勝戦 3分5R延長1R×稲葉裕哉(大塚道場/NKBウェルター級2位)判定0-3 ※47-49、47-50、46-50〇蛇鬼将矢(テツジム/NKBウェルター級4位)※蛇鬼が新王座に就く。  稲葉は1回戦で笹谷淳(TEAM COMRADE)と延長戦にもつれ込む接戦で、右ストレートと左右ボディブローのパンチを主体としたスタイルで判定2-1の勝利。蛇鬼は1回戦でNKBウェルター級5位・SEIITSU(八王子FSG)1R1分1秒、左フックで倒してのTKO勝ちを収めている。  1Rはローの蹴り合い。蛇鬼はロープにもたれかかっての蹴り、顔をあらぬ方向へ向けてパンチを打つ、リングを走り回るなどトリッキーな動きを見せた。  2Rも稲葉はほぼローでの攻撃。蛇鬼は時折右ストレートで稲葉を脅かす。両者とも手数が少ないラウンドに。  3R、打ち合いを仕掛けた蛇鬼に稲葉も足を止めて打ち合うが、ここで蛇鬼が意表を突く左飛びヒザ蹴り。これがアゴに決まり、稲葉はダウン。立ち上がった稲葉はローを蹴り、パンチの打ち合いも仕掛けるが蛇鬼はのらりくらりと動き、右ストレートをヒットさせていく。  4R、稲葉はヒジと組みヒザでの逆転を狙うが、蛇鬼はアッパー&フックのコンビネーションで対抗。前へ出る稲葉だが、蛇鬼はいいタイミング右ストレートを当てる。稲葉はかなりの消耗が見える。  5R、前に出てパンチを繰り出す稲葉だが動きがかなりスローモーに。蛇鬼はパンチとヒザを単発ながらしっかりと当てる。途中、稲葉のヒザがローブローとなり試合は一時中断。再開後、前へ出てパンチを打って行く稲葉だが蛇鬼はかわし、逆に軽くだがパンチを当てに行く。判定3-0で蛇鬼が勝利し、新王座に就いた。  マイクを持った蛇鬼は「僕の試合見てもらってほんまにありがとうございます。みんなの力でここまで来たと思います。次の目標はRIZINに出ることです」と次の目標を掲げた。 ▼第6試合 ライト級 3分3R〇髙橋聖人(真門ジム/NKBライト級2位)判定3-0 ※30-25×3×野村怜央(TEAM-KOK/NKBライト級3位)  高橋は2018年6月にNKBフェザー級王座を奪取。KNOCK OUTでは駿太に判定負けを喫し、2018年12月の岡山ジム主催興行でのトーナメントでは優勝候補本命といわれながらも決勝で浅川大立に判定負けを喫した。しかし、その後はNJKFやHOOST CUPに出場して3連勝。戦績を15勝(4KO)3敗1分としている。  対する野村は2019年4月に大月晴明と対戦し、判定で敗れているもロー&ミドルキックで大月の強打に対抗。右フックでグラつかせる場面も作った。今年8月にはINNOVATIONのリングに乗り込み、INNOVATIONスーパーフェザー級1位・櫻井健(Hardworker)を2R1分54秒、TKOに破っている。  1R、高橋は右ローと右カーフキックを蹴り、野村がパンチで前へ出ようとすると左ミドルを合わせる。この右ローと左ミドルを組み立て、次々と命中させていく高橋は右ハイで野村をグラつかせる。  2R、右カーフキックで確実にダメージを与えていく高橋。首相撲になっても鋭いヒザ蹴りでペースを握る。野村はワンツーで切り込んでいくが、左ボディをもらってガードが下がったところに右ストレートでダウンを奪われる。  3R、右ストレートで逆転を狙い高橋をのけ反らせた野村だったが、高橋の右ロー、そして左ミドル、前蹴り、組みヒザとパンチでボディを徹底的に痛めつけられ、左ボディからの右ストレートでついにダウン。その後も高橋が攻撃を散らせ、コーナーへ詰めての左右ボディからの右フックでダウンを追加。ジャッジ三者とも30-25の大差で勝利を収めた。 [nextpage] ▼第5試合 67kg契約 3分3R×笹谷 淳(TEAM COMRADE/元J-NETWORKウェルター級王者、元同スーパーウェルター級王者、NKBウェルター級3位)判定0-2 ※28-30、30-30、28-30〇CAZ JANJIRA(JANJIRA GYM/蹴拳ウェルター級王者、J-NETWORKウェルター級2位)  笹谷は2002年11月にデビューし、戦績は26勝(9KO)27敗。対するCAZは2010年5月デビューで戦績は15勝(4KO)16敗4分とベテラン同士の対戦となった。  1R、サウスポー同士。CAZは左ストレートを笹谷の蹴りに合わせていく。両者同時に左フック、ヒジを放つ場面もあるが、CAZがヒットを奪う。  2R、前へ向かっていく笹谷だが、打ち終わりにハイキックやパンチをもらう。さらに笹谷が繰り出す攻撃にCAZはワンテンポ遅れるような攻撃を返してこれがよくヒットする。  3Rも前へ出ていってヒジを見舞おうとした笹谷だが、CAZのワンツー、左ストレート、ヒザ蹴りをもらってしまう。声を上げながら笹谷に打撃を見舞っていったCAZが判定2-0でベテラン対決を制した。 ▼第4試合 63kg契約 3分3R×福島勇史(ケーアクティブ/NKBライト級)TKO 1R終了時〇洋介(渡邉ジム/NKBライト級)  1R、福島が右の蹴りで崩しての右ストレートで優勢に。そのペースのまま初回を終えるかと思われたが、ラウンド終了間際にサウスポーの洋介の左ストレートがクリーンヒット。ゴング後に福島はダウンするが、そのまま立ち上がることができず。ダメージは深く、インターバルが終わっても立ち上がることができなかったため、洋介のTKO勝ちとなった。福島は担架で退場するほどのダメージだった。 [nextpage] ▼第3試合 54kg契約 3分3R×古瀬 翔(ケーアクティブ/NKBバンタム級)判定0-3 ※30-23×3〇七海貴哉(G-1 TEAM TAKAGI/バンタム級)  1R、見るからにパンチが強そうな体格をしている両者。その見た目通り序盤から打ち合いを展開。七海が右の連打でロープ際へ詰めると、古瀬の身体が開いたところで左フックを打ちこんでダウンを奪う。さらに打ち合いで右ストレートでもダウンを追加。  2R、さっそくラッシュを仕掛ける七海が右フックでダウンを奪うも、ここでレフェリーがなぜか七海にカウントを数える珍事が発生。再開後、息を吹き返した古瀬が打ち合いに応じてパンチの打ち合いが繰り広げられる。  3R、右の強打を何度も叩きつける七海だが、古瀬はタフに打ち返す。古瀬は左ミドル、左ボディで七海を削り、顔面へのパンチも当たり始める。右を打ち返しながら耐えた七海が判定勝ちした。 ▼第2試合 バンタム級 3分3R〇ナカムランチャイ・ケンタ(team AKATSUKI/スーパーフライ級)KO 3R 2分59秒 ※パンチ連打×幸太(八王子FSG/NKBバンタム級)  ケンタは右ミドル、ヒザ蹴り、左右ボディと前に出て攻め続ける。2Rになるとようやくサウスポーの幸太がワンツーで反撃を試みるが、ケンタに追われる形が続き、3Rにケンタがロープに詰めての前蹴りでダウンを奪う。最後はコーナーで連打を浴びせたケンタのKO勝ちとなった。 ▼第1試合 60kg契約 3分3R〇誠太(アウルスポーツ/NKBライト級)KO 2R 1分44秒 ×龍ヶ崎マサト(SHIROI DREAM BOX/ライト級)  1Rから誠太が右のパンチを何度もクリーンヒットさせ、左ミドルで竜ヶ崎の身体をくの字にさせる。誠太が前蹴りで吹っ飛ばし、右フックでダウンを奪う。2Rに竜ヶ崎は左ハイキック、左ミドルで反撃するも左インローを蹴られて動きが止まり、誠太のKO勝ち。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事