ONEONE
キックボクシング
ニュース

【RISE】緑川創「ナメんな小僧」、ベイノア「いい勝ち方をして大晦日」ミドル級を再び盛り上げたい2人が合同公開練習

2020/10/01 14:10
【RISE】緑川創「ナメんな小僧」、ベイノア「いい勝ち方をして大晦日」ミドル級を再び盛り上げたい2人が合同公開練習

途中からなぜかムエタイ、そしてMMAのスパーになり、最後は緑川がベイノアに腕十字を極めた (C)RISE

 2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM『RISE DEAD OR ALIVE 2020 YOKOHAMA』に出場する、WKBA世界スーパーウェルター王者・緑川創(RIKIX)と第2代RISEウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)が、1日(木)都内にて合同公開練習を行った。

 7月のRISEで両者は対戦して激闘を展開。2度のダウンを奪った緑川が勝利を収めているが、ベイノアが後半追い上げていく意地を見せた。


 公開練習では1Rのシャドーのあとにマススパーを行ったが、RISEでは禁止されている首相撲で組み合ってのヒザ蹴りの打ち合いやヒジ打ちが出てきたところから雲行きが怪しくなり、ベイノアがテイクダウンしてのパウンドやタックル、寝技になると緑川がバックを取ってパウンドから腕十字を極めるという展開に。

 ベイノアは「お話があれば何のルールにも挑戦する、どの階級でも戦うと言っているので。(MMAを)する気満々ですが、今日はRISEルールと聞いていてリベンジするチャンスだったのに腕を極めてきて、ヒジも打ってきたので話が違う」と抗議。


 緑川は「(腕十字は)初めてやりました。僕は間違いなく(MMAを)やらないので」と笑い、ベイノアは「ポテンシャル半端じゃないのに」と惜しむ声。その後も「RISEルールとしてはいい手応えあったんですが後半わけがわからなくなった」(ベイノア)、「パウンドを最初にされたのでこちもアツくなっちゃって。そうしたらもう腕十字しかないなと」(緑川)とやり取りが続いた。

 息もぴったりな両者だったが、対戦後は特に交流があったわけでもなく「SNSで“いいね”を押し合うくらいの関係」だとのこと。対戦してうえでの印象を聞くと、緑川は「まず体つきがアジア人にはないし、バネが凄い。空手をやってるのもあって一撃のパワーを感じました」、ベイノアは「パンチが強い、体が強い。自分が一階級上げたからとか関係なく、体が強い選手だと肌で感じました。あとは前に出る力も強いし、打たれ強い」と評した。


 緑川は今回、ミドル級(-70kg)3分3R延長1RでWS-cup2018世界王者・海人(TEAM F.O.D)と対戦するが、ベイノアは2019年12月にシュートボクシングのリングで海人とも対戦済み(海人が判定勝ち)。ベイノアに緑川vs海人の展望を聞くと「緑川選手には気合いを入れてゴリゴリに攻めて欲しい。適当に思われるかもしれないが、これがポイントだと思っています。一ファンとして楽しみ」だと言い、緑川は「さっきちょこっといろいろ聞きました」とベイノアから海人の情報を入手したという。


 海人の印象は「若くてずっと強い選手とやっていて、体重も問わずやっていて体も心も強い子なんだなと思っています。あとディフェンスと目がいいと思いました」と高評価ながらも、「最高傑作を壊す(海人はシュートボクシングの最高傑作と呼ばれている)。自分が逆の立場になったことを考えたら、22~23歳の時にこんな凄い選手じゃなかった。そういう意味ではリスペクトしています。でも、この前のインタビューを見たら『僕が一方的に攻撃して(いつの間にか)倒れているやろうなって感じです』と言っていたので、ナメんな小僧、というのはある」と、厳しさを教えてやるつもりだ。


 再びベイノアに勝敗予想を聞くと「僕のイメージ的には強い緑川選手、上手い海人選手。面白い展開、倒す展開になったら緑川選手がいくかも。上手くいなせれば海人選手がテクニックを見せて勝つかもしれませんが、盛り上がる試合、倒すような展開になれば緑川選手かな。(隣にいる緑川を見て)そう言うしかないですよね(笑)」と予想した。

 では、どっちが勝ってほしいと思っているかとの問いには「緑川選手が勝ってタイトルに絡んでくれたらやりやすいので。海人選手にはSBルールで負けているのでSBでやり返したい」と答えた。


 ベイノアはTENKAICHIウェルター&ミドル級王者・宮城寛克(赤雲会)と-70kg契約3分3R延長1Rで対戦する。宮城についてベイノアは「前回、中村寛選手に勝って勢いには乗っていると思いますが、70kgでトップを目指すと言っている以上はここでつまづいていられない」と、乗り越えないといけない相手だとする。

 前回の緑川戦でウェルター級(-67.5kg)からミドル級に転向し、今回が第2戦。ベイノアは「ウェルター級とそんなに違いは感じないですね。対戦相手によって違うものですが、普段の体重に近い分、いい動きが出来る」と手応えを感じており、緑川は「スピードもパワーも感じられたので問題ないです。むしろ70kgの方が動きがいいんじゃないか。試合前に映像を見たんですが、それよりも断然動きがよかった。バネが本当に素晴らしい」と太鼓判を押す。


 宮城も沖縄空手をベースに持っていることから「空手対決という意味でももちろん負けられないし、他にも自然と競っているものがある。前回も獣対決と言われたんですが、今回の相手も沖縄の獣、しかも空手、さらに誕生日も一緒なんです。成増の獣として負けられないです」と、共通点の多さから負けられない一戦だとする。

 また、今回は横浜での試合ということで「“ベイ”エリアということで、自分のホームということで。あと高校生の時に(極真空手の)横浜カップで準優勝しているので」と、無理やりこじつけた。

 かつては花形階級だったミドル級だが、近年は日本人の選手層が薄くなり、軽量級に主役の座を奪われているこの現状を両者はどう見ているのか。


 ベイノアは「70kgでWORLD SERISのようなトーナメントをやったら盛り上がるかなと思っています。(話題が)軽量級の方に行っちゃってますけれど、緑川選手もそうですが迫力ある試合を見せられると思う。70kgがRISEの中心に近づけるように、次回は70kgのトーナメントが見たいとの声が上がるような試合をしたい。ファンの人もバケモノみたいな外国人を生で見たいと思うので、RISEに70kgの選手たちを連れてこれるように努力したいですね」と、ミドル級に注目を戻したいと話す。

 緑川も「トーナメントをやったりして軽量級が盛り上がっていますが、70kgの選手も増えてきて少しずつ盛り上がっている。ここでもう一度盛り上げて、RISEさんでトーナメントをやってもらって最高に盛り上がる試合をしたい」と、ミドル級のトーナメント開催を熱望した。


 今後について緑川は「チームとして切磋琢磨しているので『NO KICK NO LIFE』(RIKIX主催の大会)が復活したのでそこに出たい気持ちもありますが、まずは目の前にある大きい大会に照準を合わせています。『NO KICK NO LIFE』には今後参加させてもらえれば。それとラジャダムナンのタイトルもまだ諦めてはいません。こういう状況下なのでタイに行き来できないので、来年タイに行けるなら頂点を目指したい。僕がずっと夢見てきたものなので、これだけは納得いくまでやりたい気持ちがあります。並行してヒジなしルールの方も自分が盛り上げて行ければなと」と、ムエタイで頂点を目指すことも諦めていないとした。

 ベイノアはRIZIN大晦日参戦をぶち上げており、「(まだ諦めていない?)当然です。今年最後の日にやりたいことがある、とずっと言ってきたので出たい想いがあります。RISE王座と同じ目標です。今回いい勝ち方をしてアピールしたいですね」と語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事