GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】V2に成功した玖村将史「あとはチャンピオンしかいない」とK-1王者・武居由樹との再戦に意欲

2020/09/28 15:09
 2020年9月26日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.117』の一夜明け会見が、27日(日)都内にて行われた。  会見にはメインイベントのKrushスーパー・バンタム級タイトルマッチで、挑戦者・軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)を判定3-0(30-27×3)の完封勝利で2度目の防衛に成功した玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)が出席。前夜の試合を振り返った。 「昨日の試合は良いところもあったんですけど、倒したかった試合です。練習してきたこと、ダウンをとったヒザ蹴りは練習していたし、試合の流れも練習通りにできたんですけど、もっとできることもあったので課題の残る試合だったと思います」  序盤からジャブが当たっていたことについて「流れの中でジャブが当たると思ったのでジャブを出しました」とその場での判断だったと言い、軍司がそれでもなかなか下がらなかったことは「それも想定内だったのでやりづらさはなかったです」と読み通りだったとする。  3Rにダウンを奪ったヒザ蹴りは「流れの中で出そうと思って練習していました。練習していたことが出たかなって感じです」と、練習の成果を出せた。  防衛に成功したことは「とりあえずよかったなと思います。次はK-1のベルトを獲りたいので頑張ります。スーパー・バンタム級のトップ選手は全員倒しているので、あとはチャンピオンしかいないと思っています。もし武居選手と試合が決まれば、K-1 JAPAN GROUPで一番レベルが高くて面白い試合ができると思います」と、武居由樹との再戦につながったとした。 「お互い前回やった時より落ち着いていて、前よりレベルが高いところで試合ができたと思います。K-1大阪ではチャンピオンが2人負けていたし、試合は何が起こるか分からないと思って、気が引き締まりました。またKrushもいいカードがそろっていたので、大阪大会に負けない、面白い試合をしたいと思って戦いました」と、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催された『K-1 WORLD GP~K-1秋の大阪決戦』を意識していたことも明かした。  最後には「これからもっとレベルを上げて、もっと強い姿を見せるので応援よろしくお願いします」とファンにメッセージを送っている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事