SirikaSirika
MMA
インタビュー

【RIZIN】3つの割れた判定──ライト級・久米vs.北岡、武田vs.川名、大原vs.矢地で勝者と敗者は何を語ったか=9月27日(日)さいたま

2020/09/28 15:09

武田「泥臭くても勝つことが第一だった」、惜敗・川名は「作戦通りに出来て負けた」

 一方、第9試合では、川名と武田が対戦。武田は得意のグレコローマンレスリングをハイクラッチのシングルレッグなどで活かして川名に尻餅まで着かせるが、抑え込むことは出来ず。テイクダウンを防ぐ川名は巧みなボクシングでコントロールも、互いに決定打を与えることは出来ず。こちらも接戦の判定は、スプリットで武田が勝利。際どい試合をモノにした。

 しかし、目標を世界に据える武田は試合後、「修斗のチャンピオンで凄く強かった。対策されていましたね。僕が投げてもって行きたかったけど、出来なかった。実力不足だと思いました」と反省しきり。

 北米PFLを経ての修斗王座を戴冠した川名について、「ボクシングが凄く強かったです。肩のフェイントとか、右が見えなかった」と率直に語り、「1、2Rを終えて宮田(和幸)先生と話していたのは、僕はグレコローマンなんですが、1Rが終わって、胴をクラッチしてテイクダウン出来るか? と聞かれ、いつもは『行けます』と言えるんですが、相手が予想以上に強かったので『テイクダウンが出来そうにないです』と答えたくらいで、予想外のことが多かったです」と、苦しい試合展開だったことを明かした。

 それでも「泥臭くても勝つことが第一だったので、勝つことが出来たのは良かったです。もっと練習をしなくてはと思いました」と胸をなでおろした。

 終始、勝者の笑顔は見せなかった武田は、「らしさが出せなかったことが一番大きい。勝てたことは良かったんですが、内容がダメダメなので喜べない。それが顔に出たんだと思います」と語ると、今後について、「今後の展望は読めないです。RIZINが僕をまた使ってくれるのか。使ってくれることを信じて毎日練習をやるだけです。僕が出来るのはそれだけです」と語りながらも、SNSで反応があった「ジョニー・ケースとはやってみたい」と前を向いた。

 敗れた川名は、対戦相手の武田について、「意外とパンチが伸びたなっていうのがあります。“オッ”と思いました」と語りながらも、「作戦通りに出来て負けたので……もう武田選手の勢いが上回ったのかなと。お店(※川名は北海しゃぶしゃぶ湘南藤沢店の店長)の宣伝ができなくて悔しいですよ(苦笑)。それに尽きます。映像で研究した通りで負けました」とサバサバとした表情。

 どちらに軍配が上がっておかしくない中、『作戦通りに出来た』上でのスプリット判定負けには、「こればかりはジャッジの好みなので運が悪かったかなという感じでしょうか。好みが分かれるのはしょうがないので。ジャッジに委ねた時点で、勝つ負けるは仕方がないので不服はないです」と語った。

 RIZIN初参戦で実力の一端を示し、今後の参戦も期待されるが、修斗王者として「修斗は修斗、RIZINはRIZINでうまいこと寄り添って行ってもらえたらと思います」と、調整を望んだ。さらに「今さっき、ツイッターでダミアン・ブラウンが『やろうよ』って言ってきたんですが……怖いなって(笑)。これやらされるんですか? 個人的には怖いので遠慮したいんですが、オファーが来たらやるしかないので、そこはご検討お願いします」と、世界の厳しさを知る川名は、対外国人についても受けて立つとした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年7月号
2021年5月21日発売
「RIZIN」6.13東京ドーム& 6.27大阪を大特集! バンタム級GP全選手インタビュー、朝倉未来vs.クレベル、斎藤裕、堀口恭司、武尊、GSP、那須川天心も
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事