MMA
インタビュー

【RIZIN】3つの割れた判定──ライト級・久米vs.北岡、武田vs.川名、大原vs.矢地で勝者と敗者は何を語ったか=9月27日(日)さいたま

2020/09/28 15:09
【RIZIN】3つの割れた判定──ライト級・久米vs.北岡、武田vs.川名、大原vs.矢地で勝者と敗者は何を語ったか=9月27日(日)さいたま

(C)ゴング格闘技

 2020年9月27日(日)さいたまスーパーアリーナにて、「Yogibo presents RIZIN.24」が開催された。

 第8試合と第9試合では、ライト級相当の71.0kg契約で、国内のMMA団体から王者たちが集結。トフィック・ムサエフを頂点とするライト級戦線を占う激闘が繰り広げられた。

 修斗から川名雄生(Y&K MMA ACADEMY)、PANCRASEから久米鷹介(ALIVE)、DEEPから武田光司(BRAVE)の3王者が参戦。川名が武田と対戦し、元DEEP王者の北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)が久米と対戦した。

 第8試合では、序盤の北岡の右にグラつきながらも、ギロチンを凌いだ久米が、巧みなステップからの打撃、ボディロックからのテイクダウンでコントロールし、接戦をスプリット判定で制した。コーナーを巧みに使った北岡の老獪さに久米が持ち味を出し切れずとも競り勝った試合とも言える。

 試合後、久米は「北岡選手、本当に強い選手でした。想像通りの強い選手でした。戦えて光栄です。いい舞台を用意していただいて強い選手も集まっていて、RIZINに来たのは強い選手と戦いたいというのがあるので、自分がチャレンジの気持ちで戦えるような相手に挑戦していきたいです」と第一声。

 判定が割れたことについては、「凄く強い選手と知っていましたし、(実際)タフな相手でしたからそういう状況になったのだと思います。しんどい試合は覚悟してきたのでその中でも勝ち切れたのはよかったと思います」と、想定していたことだとし、勝因は「パンチや要所で三日月(蹴り)を当てたのと、最後にテイクダウンを取れたのが大きかったと思います」と、要所での打撃と、最終局面でのテイクダウンが決め手となったと振り返った。

 一方、スプリット判定を落とした北岡は、「負けなのでまた負けてしまったな、というところでしょうか。結果を求めてやっているので。でもちゃんと自分の……うーーん、っていう話です」と、複雑な心境を吐露。

 対戦相手の久米については「予想していた通りでしたね。かなりイメージしていて。その通りで想定していた範囲内ではありましたね。強い選手だと分かっていて、だからこそ強い自分を作ろうとして作ってきてリングに上がったつもり、というところです」と、想定していた通り強く、そこに対峙してきた自負をのぞかせた。

 判定は割れ、1者が北岡を支持。全ラウンド通したトータルジャッジで、ダメージ、アグレッシブネス、ジェネラルシップの優先順位で評価されるRIZINでは、自身に票が入ると考えたかの問いには、「うーん、そうですね。それは本当にそう思っています。まあ、割れて勝つんじゃないかくらいに思っていましたね、正直。あの、(退場時の)マイクが拾ったのか、ネットで見かけましたが『フィニッシュに近かったのは俺だ』と思っています。でも負けだって言われて、公式記録で満天下に負けだと言われたので、まあ僕の負けだとも思っています」と、敗北を受け入れながらも、型にハメる時間があったのは自身だという思いも明かした。

 iSOMSでの引き分けを挟み、RIZINでは3連敗に。今後の展望を問われた北岡は、「今後の展望、うーん……」と長考すると、「とりあえず消去法から言うとYouTuberにはなりません(笑)」と笑顔。「いや別にYouTubeやってる人を批判したいわけじゃありません。僕も実はスマホでノー編集の動画を週1回くらいには上げてるんで、YouTuberの人を否定しているわけじゃないですよ。ただ、YouTuberにはならないと思います」と、行く末について、独自の答えで和ませた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年9月号NO.315
2021年7月21日発売
日本格闘技界を席巻するボンサイ柔術とは何か? ホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケを巻頭に、その技と心に迫る。9.19 RIZINバンタム級GP特集、チャンピオン斎藤裕×浜崎朱加、井上直樹×那須川天心、平良達郎らも登場、「いまさら聞けない格闘技の×××」も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事