GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】7連勝でストップの江川優生、左足人差し指の骨折を隠して試合強行出場

2020/09/23 19:09
 2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催された『K-1 WORLD GP~K-1秋の大阪決戦』。その一夜明け会見が23日(水)大阪府内で行われた。  セミファイナル(第10試合)のスーパーファイト-58kg契約3分3R・延長1Rでは、K-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(POWER OF DREAM)が椿原龍矢(月心会チーム侍)に判定2-0(30-29、30-30、30-28)で敗れる大番狂わせが起こった。  会見の冒頭、中村拓己K-1プロデューサーは「椿原選手が下馬評を覆す見事な勝利でした。試合後、POWER OF DREAM側と話をして、江川選手に関しての報告があります。3週間前に左足の人差し指を骨折して、走ることもできない状況でしたが強行出場していたと、試合後に報告を受けました。3月の試合も怪我で欠場していて、また大会に穴を開けることはできない、と怪我を隠して出場していたとの報告も受けました」と、江川が骨折を隠して出場していたことを明かす。  そのうえで「試合としては椿原選手が勝ったので、江川選手の方からは本人の希望もあってベルトを懸けて再戦したいと申し出ている状況もあります。怪我の確認をして万全の状態でやってもらいたい」と、江川が次はタイトルマッチでの再戦を望んでいるという。  椿原も「あとチャンピオンは早く怪我を直して再戦をお願いします」と、タイトルマッチを望んでおり、江川の回復次第で今度はタイトルを懸けての再戦となりそうだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事