GLORIOUSGLORIOUS
K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】快進撃の怪物王者・江川優生をストップした椿原龍矢「そこまで期待されてないなら、お前ら見とけよって気持ちでした」

2020/09/23 18:09
 2020年9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪・第1競技場で開催された『K-1 WORLD GP~K-1秋の大阪決戦』。その一夜明け会見が23日(水)大阪府内で行われた。  セミファイナル(第10試合)のスーパーファイト-58kg契約3分3R・延長1Rで、K-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(POWER OF DREAM)を判定2-0(30-29、30-30、30-28)で破る大番狂わせをを演じた椿原龍矢(月心会チーム侍)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。  椿原は「昨日は月心会が3連勝できて本当に良かったです。TETSUと和島さんがいい感じでつなげてくれて良かったです。試合は最初の1分しか覚えていないんですが 勝ててよかったと思います」と、満面の笑顔。  江川と戦った感想は「試合映像は見たんですが、覚えている間の記憶ではパンチを喰らって軽トラに轢かれた事故くらいの衝撃があるなって(笑)。いい経験になりました。前に立たれて睨まれているのが嫌でした。圧も感じましたし何が出てくるのか分からないし、一発があるって分かっていたので緊張感を持てていました。試合中に全く何を想っていたのか覚えてないですが、敬意を持って戦えたと思います」と、ほとんど覚えていないという。  試合後には歓喜のあまり江川に抱き着く場面も。「プレッシャーもありましたし、江川選手という同じ階級の中でも憧れを持っている選手と対戦出来たので爆発したのだと思います。みんな『よう生きて帰ってこれたな』と言われました(笑)」  試合前の宣言通り番狂わせを起こしたことには「格上の選手とやる時は下馬評が低いのはありました。そこまで期待されてないなら、お前ら見とけよって気持ちでした」と、絶対に引っ繰り返してやるとの強い気持ちがあったとする。  今度はタイトルを懸けての再戦と江川も望んでいることについては「タイトルマッチをさせていただくのは光栄ですし嬉しいです。その前に間に試合を挟んでももちろんいいですし、そう言われるなら目の前の相手を全員倒してそれでタイトルに挑戦でもいいと思っています」と、いつでもいいと話した。  そして「もっと練習を頑張って強くなるので。あとチャンピオンは早く怪我を直して再戦をお願いします」と、タイトルマッチへ向けて意気込んだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事