キックボクシング
ニュース

【REBELS】ぱんちゃん璃奈、変わり果てた顔を見て「面白いと思った」勝利のご褒美はカップ麺

2020/08/31 05:08
 2020年8月30日(日)東京・後楽園ホールにて開催された『REBELS.65』のダブルメインイベント第1試合【創世のタイガ presents】]REBELS-BLACK 女子46kg級初代王座決定戦で、MISAKI(TEAM FOREST)を判定3-0(30-29、30-28×2)で破り初代女王の座に就いたぱんちゃん璃奈(STRUGGLE)が、31日(月)都内にて行われた一夜明け会見に出席した。 「昨日は勝つことだけを考えていたので、タイトルマッチとしては面白くない内容だったかと思いますが、自分では満足しています。MISAKI選手に勝てることが今の実力では凄いことなので。ここから人に魅せられる試合をできるようになれればと思います。半年間このことだけを考えてきたので、ベルトよりMISAKI選手に勝てたことにホッとしています」と、前夜の試合を振り返ったぱんちゃん。  突進してくるMISAKIに攻撃を一発当て、MISAKIのパンチの距離になったら首相撲に持ち込んで動きを封じヒザを蹴るという作戦だったために、組み付き際にはバッティングが数回あった。そのため、左目は黒く腫れあがり変わり果てた姿に。 「バッティングは何回かあったのでこれがいつのかは分かりません。凄い音がして裂けたかと思ったのもありました。でも、組みでも負けていないと思ったので9分間やり切ることしか頭になかった。怪我はどうでもよかったです」とぱんちゃん。  朝起きて鏡を見た時は「自分の顔が面白かったです」と笑ってしまったという。  ついに手に入れた念願のベルトだが「抱いて寝てはいないですね。ベルトへの意欲よりもMISAKI選手に勝つことが大きかったので、MISAKI選手に勝ったことに安心して腰に巻いていたって感じです。家に帰ってからは飾っておいたんですが、寝室ではなかったです」と、MISAKIに勝った方が大きな勲章だと考えている。  チャンピオンになって初めての食事は「どうしてもカップラーメンが食べたくて(笑)。ずっと我慢していたので。凄い好きなんです。会長からアスリートが食べるのは良くないって言われていて、試合後しか食べられないんです。だから試合が終わった後のカップ麺、それが楽しみで。めちゃくちゃ楽しみにしていたので美味しかったです」と笑った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事