K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】階級転向第一戦の佐々木洵樹「格上だと思っていないのでぶっ倒しに行きます」

2020/08/28 07:08
【Krush】階級転向第一戦の佐々木洵樹「格上だと思っていないのでぶっ倒しに行きます」

スーパー・バンタム級転向第一戦に気合いが入る佐々木

 2020年8月29日(土)東京・後楽園ホール『Krush.116』の前日計量&記者会見が28日(金)都内にて13:00より行われた。

 セミファイナル(第7試合)のKrushスーパー・バンタム級3分3R延長1Rで対戦する、第5代Krushバンタム級王者・佐々木洵樹(POWER OF DREAM)は54.9kgでパスしたが、龍斗(K-1 GYM横浜infinity)は55.6kgで600グラムオーバー。再計量でのパスを目指すことになった。


(写真)龍斗は1度目の計量をオーバー

 そのため会見には佐々木のみ出席。「無事計量が終わって、相手は計量オーバーしたみたいですが自分は万全な状態で来たので後はやるだけです。楽しみにしていてください」と挨拶。

 佐々木はバンタム級からスーパー・バンタム級に階級を上げての第一戦となるが、「55kgに上げて減量はラクかと思ったら、最終的にそうでもなく終わってやっとホッとしています」と苦笑い。対戦する龍斗については「(戦い方が)奇麗な選手ですね。プラスマイナスもなく基本通りにやる選手なので自分自身も楽しみです」と評した。


 階級を上げての手応えについては「1週間前でも体重を落とすだけのトレーニングではなく、試合に向けたトレーニングができていました。パワーを見ながらもいろいろな攻撃を出して面白い試合をします」と、自信があるようだ。

 一階級下でも元王者、そしてプロボクシングで元東洋太平洋フェザー級13位、元日本フェザー級7位の実績を残し、キックボクシングで3戦全勝と無敗という佐々木を相手にすることで、龍斗は死に物狂いで向かって来ることが予想される。

 佐々木は「そういう気持ちで来てもらった方がこっちもやる気になる。煽りVでもやる気になってくれていたので、体重は落としてきてくれると思うのであとは迎え撃つだけ。自分は格上だと思っていないのでぶっ倒しに行きます」と、むしろ歓迎だと答えた。

<計量結果>

▼メインイベント(第8試合)第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント決勝戦 3分3R・延長1R
近藤vs海斗の勝者
一吉vs山際の勝者

▼セミファイナル(第7試合)Krushスーパー・バンタム級 3分3R延長1R
佐々木洵樹(POWER OF DREAM)=54.9kg
龍斗(K-1 GYM横浜infinity)=55.6→再計量


▼第6試合 Krushライト級 3分3R延長1R
東本央貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=63.5kg
金子大輝(K-1ジム大宮チームレオン)=63.1


▼第5試合 -72kg契約 3分3R延長1R
藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=71.9kg
MIKE JOE(フィリピン/BATTLE FIELD/TEAM J.S.A/第4代Bigbangスーパー・ウェルター級王者)=71.5kg


▼第4試合 -78kg契約 3分3R延長1R
OD・KEN(ReBORN経堂)=77.2kg
雄人(優弥道場)=77.0kg


▼第3試合 Krushスーパー・ウェルター級 3分3R・延長1R
EITO(HALEO TOP TEAM)=69.6kg
ブハリ亜輝留(WSRフェアテックス幕張)=到着遅れ


▼第2試合 第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
近藤魁成(大成会館)=67.4kg
海斗(ポゴナ・クラブジム)=67.1kg


▼第1試合 第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント準決勝 3分3R延長1R
一吉(RAOU JAPAN/KOSウェルター級&スーパー・ウェルター級王者)=66.6kg
山際和希(谷山ジム/Bigbangウェルター級王者)=67.4kg

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント