MMA
ニュース

【PANCRASE】フェザー級で“若手の壁”田村一聖vs“11連勝”摩嶋一整、杉山和史vs川那子祐輔が決定=5月26日(日)「PANCRASE 305」スタジオコースト

2019/03/21 14:03
【PANCRASE】フェザー級で“若手の壁”田村一聖vs“11連勝”摩嶋一整、杉山和史vs川那子祐輔が決定=5月26日(日)「PANCRASE 305」スタジオコースト

(C)PANCRASE

5月26日(日)新木場スタジオコーストで開催される「PANCRASE 305」のフェザー級2試合が発表された。

▼フェザー級 5分3R
田村一聖(KRAZY BEE/5位/12勝9敗)
摩嶋一整(毛利道場/12勝(10SUB,1KO)1敗)

5分3R、田村一聖vs摩嶋一整は、第6代PANCRASEフェザー級王者と現Rebel FCフェザー級王者の対戦。一期倶楽部での空手の距離と強い組み力をMMAで融合させる田村は、2015年のPANCRASE参戦から5勝2敗。黒星は2017年3月に現PFLファイターのナザレノ・マレガリエに、2018年9月に中島太一相手に喫した2戦のみ。堀江圭功、鈴木琢仁といった上り調子の若手の大きな壁として立ちはだかっており、13勝1敗の摩嶋一整も止めるか。

11連勝中、山口県出身の摩嶋一整は柔道がバックボーン。インターハイ出場経験も持つ摩嶋は毛利道場入門後、DEMOLITION、山口フリーファイト一心杯、グラジエイター等でキャリアを積んだ。2014年のVTJ大阪大会でジャックナイフツネを相手にスプリット判定で唯一の敗北を喫するが、その後は負けなし。2014年にはアマチュア修斗全日本選手権大会に出場、準決勝で松嶋こよみに敗れたものの3位入賞を果たしている。

その後、2015年にプロ修斗新人王決定トーナメント・ライト級で優勝、2016年9月「闘裸男19」で田中半蔵に判定勝ち。2016年12月にはBORDERで現環太平洋王者TOMAにリアネイキドチョークで一本勝ち(※摩嶋は2.2kg体重超過)も収めている。2017年の修斗で星野勇二を2R右フックでKOに降すと海外にも挑戦。Kunlun Fight豪州大会でルーク・ジョーンズにRNCで一本勝ち、2018年4月には上海で行われたRebel FC 7で、ACBでも白星を挙げている強豪ホドルフォ・マルケスを相手にRNCで一本勝ち。直近では地元・山口で開催された闘裸男22で体重超過ながら天草ストロンガー四郎にRNCでタップを奪うなど、3連続RNCでの一本勝ちを収めている。

一本勝ち率8割越え、UFC参戦を目指してきた摩嶋にとっては、ONEのパートナーシップが発表されたPANCRASEで、実力者との試合で結果を残しメジャー行きを狙うか。対する田村は恒例の若手“KILLER”ぶりを発揮するか? 注目の1戦だ。

また、同級3分3R戦で、杉山和史vs川那子祐輔も決定。

▼フェザー級 3分3R
杉山和史(TURNING POINT MMA HF/12位6勝5敗)
川那子祐輔(秋本道場jungle junction/16勝6敗2分)

鈴木琢仁、堀江圭功に判定負けしている杉山は2018年12月の冨田翔市戦で冨田翔市にTKO勝利で復活。川那子祐輔は2017年10月の「TTF Challenge 07」で1年4カ月ぶりに復帰し、門脇英基を相手に判定勝利。続く2018年12月の「PANCRASE 302」でDARANI DATEにも判定勝利を収めており、現在2連勝中だ。気迫と不屈の面魂が真価の杉山と川那子。控えめながら渋い光を放つ両者の試合の行方は?

VHTC ONLINE STOREVHTC ONLINE STORE

関連するイベント

関連する記事