GLORIOUSGLORIOUS
MMA
ニュース

【RIZIN】公開練習でのビッグマウスが話題の皇治「RIZINではぶっ倒してもらえんの楽しみにしとるよ」

2020/08/04 03:08
2020年8月3日(月)に行われたRIZINの公開練習で、変わらぬビッグマウスをさく裂させた皇治(TEAM ONE)が大きな話題となっている。  この日は8月9日(日)神奈川・横浜ぴあアリーナMM『RIZIN.22』にて、白川“Dark”陸斗(志道場)と対戦する萩原京平(Team Smoker)の公開練習だったが、萩原の希望で皇治から打撃を学ぶという趣旨で公開練習が行われた。  皇治もインタビューに答え、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)戦について「やってやってもいいかなって。あくまでも上から(目線)ですよ。冗談抜きで、上でやってるヤツを喰うために格闘技やってきたし、それでここまで来たから。全然避けて通る気もない」と答え、対戦に名乗りをあげたRISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント王者の白鳥大珠(TEAM TEPPEN)には興味がないとし、「メイウェザーと戦いたい」などと発言。  この数々の発言についてファンとアンチが意見をぶつけ合いSNSをにぎわせているが、皇治は自身のSNSにて「盛り上がるならなんでもええ。下馬評、確率なんかにビビッてなんもせん奴が1番イケとらんねやて。腹立つんやったらトットと俺をぶっ倒して黙らしたらええだけや」と、選手に向けて“リング上で俺を黙らせてみろ”とまたも挑発。  さらにこの盛り上がりに対して「K-1やろうがRIZINやろうが俺が話題の中心。RIZINではぶっ倒してもらえんの楽しみにしとるよ」と、良くも悪くも自分の発言が話題になっていることを誇り、K-1でKO負けの経験がないことからRIZINで“俺をKOしてみろ”とやはりファイターたちを挑発した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年9月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事