MMA
ニュース

【ONE】ABEMAが2020年開催大会の配信権契約を更新「次世代の日本の格闘技選手を発掘していく新しいコンテンツを制作予定」

2020/07/31 17:07
テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、2020年に開催する『ONE Championship』(以下、ONE)との配信権契約を更新し、日本国内生中継を「格闘チャンネル」にて配信することを発表した。  ONEはシンガポールを拠点としており、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月28日(金)のシンガポール大会を最後に、大会実施を中止していたが、5カ月ぶりとなる7月31日(金)のバンコク大会を皮切りに、無観客にて大会を再開する。 (写真)7・31バンコク大会にはロッタン(左)とスタンプが揃って登場 今回の配信権契約の更新について、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンCEO兼会長は次のようにコメントしている。 「この度、ONE Championshipは日本最大のインターネットテレビ局である『ABEMA』とのパートナーシップを更新できたことを嬉しく思っております。私たちが2018年に初めてパートナーシップを結んで以来、ONEに所属する日本の格闘技選手たちが、他では見られない驚きのストーリーを世界に発信することができました。  そして、『ABEMA』と協力して次世代の日本の格闘技選手を発掘していく新しいコンテンツを制作予定です。  ONE Championshipには素晴らしい若手日本人格闘家が所属し、まだ知られていない選手も多くいるので、ぜひこのコンテンツでご紹介できればと思います。新型コロナウィルスの影響で、スポーツを会場で観戦する機会も減り、自宅で過ごす時間が増える中、デジタルで視聴する需要は飛躍的に増加し続けています。  私たちは『ABEMA』をご覧になっている皆さまが興奮し、感動するようなライブイベントを提供し、またアーカイブなどで、今までの名勝負なども思う存分、楽しんでいただければと思います」  5カ月ぶりとなる大会『NO SURRENDER』は、本日7月31日(金)夜9時30分より「ABEMA」の「格闘チャンネル」にて生中継。現・世界王者のロッタン・ジットムアンノン(タイ)が元ONEフライ級キックボクシング世界王者ペッダム・ペッティンディーアカデミー(タイ)を相手に王座防衛戦を行うONEフライ級ムエタイ世界タイトルマッチほか、全6試合を実施予定。また、ONEで活躍する女子MMAファイターの平田樹が特別ゲストとして出演する。  また、プレスリリースには「近々にも日本国内での大会開催についてお知らせいたしますので、ご期待ください」とも予告されている。 ■ABEMA『NO SURRENDER』 番組概要放送日時:7月31日(金)夜9時30分~深夜1時(予定)放送チャンネル:格闘チャンネル
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事