K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】再起を懸ける鈴木勇人「最後にリングに立っているのは自分」、FUMIYAは「ビックリするようなKOで勝負が決まる」

2020/07/10 08:07
【Krush】再起を懸ける鈴木勇人「最後にリングに立っているのは自分」、FUMIYAは「ビックリするようなKOで勝負が決まる」

再起を懸ける元王者・鈴木(左)の前に、かつてKO勝ちしているフィジカルモンスターFUMIYAが立ちはだかる

2020年7月11日(土)東京・後楽園ホール『Krush.114』の前日計量&記者会見が、10日(金)都内にて13:00より行われた。


 セミファイナルのスーパー・ライト級(65.0kg)3分3R延長1Rで対戦する、第7代Krushスーパー・ライト級王者・鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)は64.6kg、FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)は64.8kgで計量をパス。その後の会見に臨んだ。

 会見に同席した石川直生エヴァンジェリストは「FUMIYA選手、先日のKO勝利おめでとうございます。そう目の前で言いたくなるくらいのFUMIYA選手の勝利、チームで勝利を喜ぶ清々しい表情は僕まで嬉しくなった。連敗の長いトンネルを抜けることに成功したのでそれで一つの自信が確信に変わったと思う。今回の試合へ向けて急成長の度合いがハンパではなかったと思います。鈴木選手はタイトルを失ったことや連敗していることよりも、3年前の再戦でリベンジすることとか、自分がもう一回成長することしか頭にないと思うので、蹴りのバージョンアップとか自分のことを考えていると思います。タイトルマッチなみの緊張感とレベルになると思うので期待しましょう」と見どころを語った。


 FUMIYAは「連敗から脱出して殻を破ったので、あとはもう目の前の選手を倒すだけです。計量を見ても分かる通り身体が仕上がっていて、今までで一番練習で来た。楽しみにしていてください」と自信たっぷりのコメント。

 鈴木は「FUMIYA選手は自分が2戦目にKO負けしていて、やり返さないといけないと思っていた相手。やっとこの機会が来たので明日が凄い楽しみです」と、リベンジに燃えているとコメントした。


 6戦負けなしからプロ初の連敗を味わった鈴木は「連敗して自分に足りないところを勉強させてもらって、総合的に上げる練習をしてきました。でも自分の武器は左ミドルなので、それを警戒されている時点で武器だと思っています。それをいかに当てるかを考えているのでバンバン当てていきたい」と、相手に警戒されても当てに行くとする。

 連敗中でしかも相手は過去にKOで敗れたことがある選手。精神的に追い込まれる部分はないかと聞かれると、「あまり追い込まれてないですね。勝負の世界って勝った負けたは付き物だと思っているので、それに1回1回自分の気持ちが左右されていたらこういう仕事は勤まらない。だから負けは負けでしっかり受け入れて、その中で何を学べたかを自分は徹底的に考えました。自分は逆境の方が力を発揮できるタイプなのでどの試合も変わらないです。再スタートということもあるので、その部分ではいい試合をしたいと思っていますが、プレッシャーは特別感じていません」と、全く気にならないと答えた。


 それに対してFUMIYAは「FUMIYAといったらKOという感じで周りの人は思っていると思いますが、その通りで。絶対にKOで勝つんじゃないかなと思っています」と、5勝(5KO)6敗と勝ち星の全てがKOという自分の破壊力に自信を見せる。

 鈴木の左ミドル対策については「チームで左ミドル対策をやってはいるんですが、フィジカルで倒せれば一番いいかなと思っています。テクニックも出しつつメインはフィジカルで行こうかなって感じです。今まで以上にフィジカルトレーニングをやって、自分の長所はなんだろうなって考えた時にやはりフィジカルだったので、フィジカルをメインにやってきました」と、“フィジカルモンスター”の異名通り左ミドルをフィジカルで潰すとした。


 さらにFUMIYAは「鈴木選手に勝つのは目標というより当たり前だと思っている。そこを倒して今65kgのベルトを持っている佐々木選手のベルトを奪いに行きたい。前回は4連敗からいい勝ち方でKOできたが、今回も周りがビックリするようなKOで勝負が決まると思う」と、鈴木をKOしてタイトル挑戦に名乗り上げたいとぶち上げる。

 これを聞いても鈴木は表情を変えず、「先のことは考えてはいますが、まずはこの試合です。しっかりいい勝ち方をして自分が狙っているK-1のベルトを獲りに行きます。いつもは思わないんですが、明日はめちゃくちゃ面白い試合になると思う。必ずKO決着になると思うので、最後にリングに立っているのは自分ですね」と、今はFUMIYA戦に集中してK-1でのタイトル挑戦へつなげていきたいと語った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年11月号
2020年11月23日発売
RIZINバンタム級新王者の朝倉海と、REBELS-BLACK女子46kg級初代王者に輝いたぱんちゃん璃奈が表紙の今号の特集は「CHAMPIONS」。第2特集「モディファイドMMA」では、青木真也が自演乙戦を語る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事