MMA
ニュース

【RIZIN】矢地祐介、ホベルト・サトシ・ソウザとの対戦決定に「個人的にテンションが上がる」

2020/07/09 14:07
 2020年7月9日(木)、RIZINが都内で会見。8月9日(日)と10日(月・祝)に横浜「ぴあアリーナMM」にて開催する『RIZIN.22』『RIZIN.23』の一部対戦カードを発表した。  9日のカードとして71.0kg契約 5分3R(※ヒジ無し)で矢地祐介(KRAZY BEE)vsホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)が決定。  矢地はアマチュア修斗を経て2009年4月にプロ修斗でデビュー。2012年11月には王座決定戦を制して修斗環太平洋ライト級王座に就いた。2013年からはグアムの『PXC』に定期参戦を果たし、2015年3月にはPXCフェザー級王者に。2016年12月にRIZIN初参戦して以来5連勝も、ルイス・グスタボ、ジョニー・ケース、朝倉未来を相手に3連敗。復活を懸けた2019年12月の『Bellator JAPAN』で上迫博仁を右フックからのサッカーキックで壮絶なKOに破った。最近では自身のYouTubeチャンネルでのジークンドーを始めとする達人とのコラボに注目が集まっている。  サトシはブラジルのボンサイ柔術に所属し、来日当初は日系ブラジリアンの多い浜松の工場で働き、仕事後に柔術の練習を行っていた。ブラジリアン柔術世界選手権2006、2009、2010を制している日本柔術界の至宝。RIZINでは北岡悟、廣田瑞人にいずれもTKO勝ち。9戦無敗を誇っていたが2019年10月の「ライト級GP1回戦」でジョニー・ケースにTKO負けを喫し、初黒星。RIZINでは2月大会柔術エキシビションイリミネーションマッチを行い、5人を相手に全て一本勝ちした。  会見に出席した矢地は「こんな状況の中で試合をやることにいろいろな声があると思いますが、やるからには少しでも元気を届けたい。精いっぱい戦います。サトシ選手強い選手で、日本人対決しかない中で個人的にテンションが上がるカード。かみ合うと思うので楽しみです」とコメント。「(RIZINの)クラウドファンディングの支援お願いします」と付け加えることも忘れなかった。  対するサトシは「いい試合を見せたい。まだ私のことを信じて。いい試合を見せるから」と日本語で決意を述べた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年9月号(NO.309)
2020年7月22日発売
表紙&巻頭は、8月9日&10日「RIZIN」でバンタム級王座決定戦を争う扇久保博正×朝倉海のリアルフェイスオフ。世界で強豪が集う「黄金のバンタム級」も大特集! 「語り継ぎたい日本人対決」も収録。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事