AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
ニュース

【女子キック】JKからJDキックボクサーへ、教師も目指す聖愛が戦いたい相手は小林愛三

2020/05/25 14:05
 昨年11月8日、東京・新宿FACEにてRISE初となる女子だけの大会『RISE GIRLS POWER』が開催された。関西からの参戦となった聖愛(=せいな/魁塾)はミネルヴァ日本ライトフライ級4位・後藤まき(RIKIX)に勝利し、RISE初陣を飾った。  12月22日には大阪で開催された『DEEP JEWELS』にて、キックルールでくるみ(BLOW)から3度のダウンを奪い初回TKO勝ち。そして今年2月9日、『DEEP☆KICK』でNJKFミネルヴァ認定スーパーフライ級タイトルマッチでも勝利をおさめ、高校生の内にチャンピオンになるという目標を達成した。  高校は3月に卒業、今春からは女子大生として新たな生活が始まっている聖愛。そんな彼女のインタビューが現在発売中の『ゴング格闘技』に掲載されている。雑誌に出るのは今回が初めてとのこと。  聖愛は格闘技を始めたきっかけから高校を卒業するまでを話し、将来は教師になりたいという。 「最近の子はSNSをやることで人とのコミュニケーションの時間が少なくなっていることで面と向かって喋べれない子が増えているというので、たくさん生徒とコミュニケーションを取る先生になって社会に役立てる人になっていきたいと思っています。そして自分は身体を動かすことが好きなので、体育が嫌いな子には身体を動かすことの楽しさが伝えられるようにしたいとも思っています」  キックボクサーとしては「勝ち続けていってベルトの価値を上げることが大事だと思います」と防衛を重ねるとともに「女子の立ち技だとRISEが今盛り上がっていて、小林愛三選手と憧れのベルトであるRISE QUEENのスーパーフライ級タイトルを懸けてやれたらいいなと思います」と、具体的な目標を掲げている。『ゴング格闘技』7月号は絶賛発売中! 聖愛のインタビュー(カラー)は、現在発売中の『ゴング格闘技』7月号(NO.308)にて掲載。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事