AbemaTVAbemaTV
空手
ニュース

【新極真会】スパーリングでの新型コロナウイルス感染リスクを低減させる飛沫カットシールドを開発

2020/05/19 22:05
 全世界空手道連盟・新極真会は「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の提言(5月1日)を受けて「フルコンタクト空手道場運営の感染対策ガイドライン初版(5月2日)」を作成し、約1週間の内部運用による意見交換を踏まえて改訂(5月9日)を行ない5月10日(日)に発表した。  同会では医療関係者の監修によって改定を加えながら、道場内での感染リスクの極小化を進めてきたが、この度、稽古メニューの段階的通常化の施策として、ヘッドガードの飛沫カット「インナーシールド」を開発し発売する。  これは少年部を中心に標準防具となっているヘッドギアのスチール面の内側にシールドを装着して飛沫の低減を図るというもの。運動強度の高い組手競技に求められる通気性に配慮をし、シールド自体が破損しないように耐久性と柔軟性、そして透明度も維持するよう独自開発された。  このシールドを装着することによって鼻や口から漏れる飛沫を防ぐことができ、感染のリスクが下がるため組手稽古(スパーリング)がより安全に可能になることが期待されている。今後、抗菌シールドもリリース予定だという。  価格は1枚660円(税込)で、本日19日より注文を受け付けている。購入希望者は新極真会総本部事務局まで。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事