K-1K-1
K-1
ニュース

K-1創始者・石井和義館長、初代王者シカティックに追悼の意「無口な本物のサムライだった」

2020/03/23 22:03
2020年3月23日(月)に訃報が伝えられた第1回K-1グランプリの優勝者ブランコ・シカティック(クロアチア)。  K-1の創始者である石井和義・正道会館館長は同日、自身のSNSに「ブランコシカテック逝く。93第1回K-1グランプリ王者、無名のダークホースの優勝から僕達のK-1はスタートした。無口な本物のサムライだった、早過ぎる!合掌 安らかに」と綴った。 2000年8月に亡くなったアンディ・フグ(右)とも対戦しているシカティック シカティックは1954年10月3日、クロアチア出身。オランダのドージョー・チャクリキでキックボクシングを学び、ヨーロッパを中心にキックボクサーとして活躍。1993年4月30日に初開催された『K-1 GRAND PRIX '93』(K-1の第1回大会)に初来日。ヘビー級トーナメント1回戦でチャンプア・ゲッソンリット、準決勝で佐竹雅昭、決勝戦でアーネスト・ホーストを全員KOし、初代K-1世界王者となった。  その後もK-1で活躍し、1994年12月に日本で引退試合を行ったが、1997年3月に現役復帰。同年10月11日には東京ドームで開催された『PRIDE.1』(PRIDEの第1回大会)に参戦し、この時はスタンディングバウトとしてキックボクシングルールの試合を行ったが、1998年3月の『PRIDE.2』と1999年9月の『PRIDE.7』ではMMAにも挑戦している。  選手として引退後は母国クロアチアで警備会社を経営。日本クロアチア協会の常任理事も務めた。また、今回訃報を伝えたクロアチアのタイボクシング連盟はシカティックが設立したもの。2017年4月にはパンクラスに自身の弟子たちを連れて来日、同年11月には新生K-1に弟子のアントニオ・プラチバットを連れて来日し、プラチバットはK-1 WORLD GP初代ヘビー級王座決定トーナメントで優勝して初代王者となり、師弟揃ってのK-1ヘビー級王者となった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事