MMA
ニュース

【Resilience】桜井隆多が地元・水戸で格闘技イベントを開催。エキシビションでミノワマンと対戦=4月14日(日)「Resilience01」

2019/02/19 09:02
【Resilience】桜井隆多が地元・水戸で格闘技イベントを開催。エキシビションでミノワマンと対戦=4月14日(日)「Resilience01」

(C)Resilience

桜井隆多が4月14日(日)、地元・水戸のM-SPOまちなかスポーツにぎわい一番アリーナにて、格闘技イベントを開催する。

主催の総合格闘技ジムR-BLOODが「桜井が戦う姿を、地元の皆様に見て頂きたく企画しました」という同大会。 アリーナ内特設リング上で総合格闘技、グラップリング、キックボクシング、プロレスなど12~15試合が行われる予定。「格闘技スポーツの振興を通じて地域の発展をはかり、 募金活動・福祉団体の招待など、チャリティー支援活動を行います」としている。

第2代DEEPミドル級王者の桜井隆多は、1998年8月23日、第5回全日本アマチュア修斗選手権・ライトヘビー級優勝。1998年9月18日、プロ修斗デビュー。2003年4月に茨城県ひたちなか市に自らのジム「R-GYM」をオープンさせた。2019年3月10日(日)には東京・大田区産業プラザPIOにて開催されるGRACHAN×BRAVE FIGHT合同興行『BRAVE FIGHT 18×GRACHAN 39』でGRACHAN初参戦。間宮晃仁(マルスジム)との対戦も決定している。

【決定対戦カード】

▼エキシビションマッチ
桜井隆多(R-BLOOD)vs
ミノワマン(フリー)

【出場予定選手】
二ッ森敬浩(R-BLOOD)、塚越和司(R-BLOOD)、松井勇樹(R-BLOOD)、相田一樹(R-BLOOD)、永井義久(R-BLOOD)、福田貴史(R-BLOOD)、菱沼郷(ハイブリッドレスリング山田道場)、ヨシナリKJハットリ(TURNING POINT)、助川秀之(TURNING POINT)、他

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事