AbemaTVAbemaTV
MMA
レポート

【修斗】青井人が初回TKO勝ちで連敗から脱出、インフィニティリーグ開幕戦は石井逸人が圧勝

2020/02/16 22:02
【修斗】青井人が初回TKO勝ちで連敗から脱出、インフィニティリーグ開幕戦は石井逸人が圧勝

右フックを強打する青井(右)

プロフェッショナル修斗公式戦
「PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.2 Supported by ONE Championship」
2020年2月16日(日)東京・ニューピアホール

▼メインイベント 第7試合 フェザー級 5分3R
〇青井 人(同級環太平洋7位/BLOWS)
TKO 1R 3分20秒 ※右フック→レフェリーストップ
×久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)


 フェザー級環太平洋7位の22歳・青井が、2019年に4連勝し波に乗る長野在住シューター・37歳の久保村と対戦する。


 2015年6月のプロデビュー戦から1分を挟み6連勝した青井は、2017年10月に高橋遼伍に判定2-0負けで左足腓骨骨折もあり長期欠場後、2019年1月の再起戦で仲山貴志に1R リアネイキドチョークで一本負け、同年7月には内藤太尊にも2R KO負けを喫し、現在3連敗中。


 一方、青井に勝って念願のランクインを目指す久保村は2019年4連勝。3月にほしのゆたかを2R KOに下すと、2019年6月には新宿FACEのリングで木下タケアキの反則のヒザ蹴りを受け白星となるも、9月のケージでの再戦では木下を右ストレート&左フックで1R 58秒、きっちりKO。2019年11月には、小川将貴も2R KOに下している。


 1R、久保村のシングルレッグから足を抜いた青井は首相撲からのヒザ蹴り、久保村は左ヒジを打つ。離れるとローとパンチの攻防があり、青井が右フックを強打。久保村は組みに行くが、青井が逆に左足を刈りながら久保村を押し倒し、パンチを見舞う。


 立ち上がる久保村に青井がパンチのラッシュ、飛びヒザ蹴りも放つ。深追いはしない青井は一度離れてローを蹴り、ハイキックを放ったところで久保村が左目の上から流血。ドクターチェックが入る。


 再開後もじっくりと相手を見てパンチで攻める青井。パンチの攻防から中盤に青井がジャブのヒットを皮切りに一気にラッシュ。右フックを叩き込み、久保村がダウンしたところでレフェリーがストップした。


 TKO勝ちで連敗脱出した青井は歓喜。「おかん、やったで、ありがとう。いろいろ環境も変わって自分の中でやらなあかんこととがあって。だんだん環境が整ってきて、今回は自信あったので勝ててよかったです。俺には可能性があると信じているので、これからの俺、バーンと上がっていくので見といてください」と、ここから巻き返すと宣言した。

▼セミファイナル 第6試合 インフィニティリーグ2020 バンタム級 5分2R
〇石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)
判定3-0 ※20-17×2、20-16
×一條貴洋(ブレイブハート)
※石井が勝ち点2を獲得。


 優勝者から歴代王者が誕生する等、修斗の恒例企画となった「インフィニティリーグ」が、2020年は修斗の最激戦区と言われるバンタム級で開催。開幕戦で石井と一條が激突した。


 バンタム級に階級を上げた石井は、2019年7月に2018年修斗新人王のガッツ天斗に判定勝利後、9月の「Road to ONE:CENTURY」では、2年ぶり復帰戦の古間木崇宏を相手に1R リアネイキドチョークで一本勝ち。しかし、PANCRASEに乗り込んだ11月の瀧澤謙太戦では、跳びヒザ蹴りを受け、3R TKO負けを喫している。


 対する一條は、2019年7月に田丸匠に腕十字で一本負け後、10月に榎本明に判定負けで修斗6連敗も、2019年12月の水島宏戦で1R18秒、右ストレートでのKO勝利を挙げており、2016年に新人王を獲ってからの低迷を払拭する鮮烈秒殺劇を見せている。


 1R、ゴングと同時に飛び蹴りの奇襲を見せた石井。パンチから一條がシングルレッグに入ってケージへ押し付ける。一條はボディロックから投げを打つも上になったのは石井の方。マウントからフロントチョークを仕掛ける石井だが、これは極まらず。一條にリバーサルで返されるも、すぐにトップを奪い返した石井はヒジを見舞う。さらにバックを奪って腕十字へ。一条を防戦一方へ追い込んだ。


 2R、パンチで勝負をかける一條だが石井は右ローを蹴っていき、右ストレートの強打でスタンドでも優勢に。一條は左フックから銅タックルで組み付き、投げを見舞う。スクランブルを制したのは石井。上になってハーフの状態からパウンドとヒジを落としていく。一條は起き上がってシングルレッグにいくが、なんと石井は一條の股の間でクラッチして持ち上げ、頭から落とすいわゆるゴッチ式パイルドライバーを繰り出す。


 それでも食らいついていく一條がドライブをかけてテイクダウンに成功し、バックを奪う。しかし、石井は前方に落としてトップを奪うとヒジ打ち。続いてバックマウントかパンチを落とし、肩固めの体勢に。一條が亀の状態になるとさらにパウンドを連打し、圧倒しての判定勝ちを収めた。


 石井はマイクを向けられると「1年間のインフィニティリーグ、初戦一人潰したので残り3人、一列になって待ってろ」と宣戦布告した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年5月号
2020年3月23日発売
RIZIN連戦に臨む朝倉未来。今回は、松原隆一郎教授がこれまで語られなかった朝倉未来の「思考の格闘技」に迫る。そして、青木真也と那須川天心がまさかのスパーリング対談! さらに未来と対戦する朴光哲&矢地祐介、朝倉海×ぱんちゃん璃奈 対談、RENAインタビュー、平田樹らU23特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事