MMA
ニュース

【PANCRASE】連勝ストップの東陽子が再びブラジル選手と対戦=3月8日(日)新木場

2020/02/03 22:02
2020年3月8日(日)東京・新木場スタジオコーストで開催される「PANCRASE 313」の追加カードが発表された。 ▼バンタム級 5分3R東 陽子(和術慧舟會 AKZA)4勝2敗タイナー・ラモニエ[Tayna Lamounier](CT Malayka team/BRAZIL)3勝1敗1分 東は、柔道で2002年全国高等学校選手権優勝、2003年フランスジュニア国際大会3位などの実績を持ち、MMAでは4勝2敗。前戦は10月の「PANCRASE 309」でブラジルのタチアネ・フォンテスと対戦し、得意の払い腰でフォンテスを投げるもスイープされ、スプリット判定で敗れている。 ブラジル人との連戦になる今回の相手は、1997年3月11日生まれの22歳・タイナー・ラモニエ。身長164cm、MMA戦績3勝1敗1分で「Jungle Fight」では1勝1敗。ストライカータイプとの触れ込み通り、「1º Contagem Fight Night」ではキックボクシングの試合で判定勝利している。後半にも切れないスタミナは、組み技ありのMMAではどんな動きを見せるか。 東は2017年12月のMMAデビュー戦でキム・ミョンボに一本負け後、4連勝。前戦で連勝が止まったものの、これまで連敗は無い。頂点を目指すためにはこの国際戦で足踏みは避けたいところだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント