AbemaTVAbemaTV
MMA
インタビュー

【RIZIN&Bellator】浅倉カンナ「いまはメンタル最強です」&扇久保博正「凄いな、俺ならちょっと戦えないです(笑)」

2019/12/19 01:12
【RIZIN&Bellator】浅倉カンナ「いまはメンタル最強です」&扇久保博正「凄いな、俺ならちょっと戦えないです(笑)」

【写真】KOポーズで必勝を誓う浅倉カンナと扇久保博正

2019年12月29日(日)、31日(火)にさいたまスーパーアリーナにて開催される「BELLATOR JAPAN」(29日)および「RIZIN.20」(31日)に出場するパラエストラ松戸の扇久保博正と浅倉カンナが18日、パラエストラ柏で公開練習を行った。

浅倉は29日の「BELLATOR JAPAN」の女子スーパーアトム級(49.0kg)でケージの中で、KOTCアトム級王者のジェイミー・ヒンショー(米国/Fit NHBG)と対戦。

扇久保は31日の「RIZIN.20」で「RIZINバンタム級(61kg)王座挑戦者決定戦」として、リングで石渡伸太郎(CAVE)と対戦する。

公開練習では、浅倉の動きを扇久保が受ける形で2分1Rのスパーリングを実施。浅倉は前戦(8月にアリーシャ・ザペテラに判定勝ち)で進化を見せた打撃からのテイクダウンのトランジッションをスムーズに行って見せた。

3月のDEEP JEWELSでの前澤智戦(浅倉が判定勝利)以来、8カ月ぶりのケージMMAに臨む浅倉は「ケージの方が得意なので、全部が全部マッチすれば最高の試合ができるんじゃないかなと思います。やってみてすごく戦いやすかったし楽しかったので、今回はちょっとわくわくもあります」と、キング・オブ・ザ・ケージの女王との試合を楽しみと話した。

また、修斗世界フライ級王者として君臨し、元バンタム級キング・オブ・パンクラシスト石渡伸太郎の試合を「横目で見てきた」という扇久保は、同時代を生きてきた王者について、「自分は修斗のチャンピオンとしてRIZINに出ているので、絶対に負けられない」と決意を語り、「石渡選手、たまに集中が切れるところが見られるので、そこを突いていこうと思っています」と勝負どころを語った。

囲み取材は2人同時に行われたため、浅倉が11月30日に「天心とはそれぞれ頑張っていくことにしました。お互い話し合って決めたことなので、これからも私たちの応援してくれると嬉しいです」とツィートした別れについて、「いろいろあったんですけど、メンタル部分では最強かな、と思う」と笑顔で話すと、人生の先輩でもある扇久保がすかさず「地獄ですよ。俺ならちょっと戦えないです(浅倉のメンタルが)凄いなと思って」と、笑いに変えて後輩を励ます場面も見られた。

囲み取材での一問一答は以下の通り。

──お二人に現在の心境を。

浅倉 今回も……なんだろう、いろいろあったんですけど、メンタル部分では最強かな、と思うので(笑)、あとはしっかり最後追い込んで調整して試合に臨めればなと思います。

扇久保 ワクワクしています。はやく戦いたいです。

──石渡選手が公開練習で、「僕は攻めるので、向こうは逃げると思う。向こうが頑張って前にくれば激しい試合になるかすぐに終わる。だからつまらない試合になったら僕のせいじゃないです」と発言しました。扇久保選手としては?

扇久保 いやー(苦笑)。やってみないと分からないので、どういう展開になっても僕が勝つだろうな、と思います。(納得できない?)納得できないというか、どうなるか分からないですからね。一発で終わっちゃうかもしれないし。やってみなけりゃ分からない。

──石渡選手をどういう選手ととらえていますか。

扇久保 攻撃力がすごく高くて、やっぱり気持ちの部分が、最後まで諦めない強い選手だと思います。

──気持ちの部分でも扇久保選手は……。

扇久保 負けないです。そこの戦いになると思います。展開としても、簡単にテイクダウンは取れないと思うので、しっかり打撃もやりあおうと思ってます。

──浅倉選手の対戦相手のジェイミー・ヒンショーはチョークが得意ですが、そういった対策は?

浅倉 うーん、普段からやられることはたくさんあって、そのなかから逃げる動きもしているので、特別チョークだけ逃げる練習はしていません。前回の試合で打撃で戦って、少し自信になったので、今回、打撃も寝技もうまく混ざれば、いつもと違う自分を出せるんじゃないかなと思います。グラウンドでも自信を持って戦えます。

──今回はケージでの戦いになります。

浅倉 ケージの方が得意なので、全部が全部マッチすれば最高の試合ができるんじゃないかなと思います。ケージはVTJや、3月にDEEPでも戦っていますし、やってみてすごく戦いやすかったし楽しかったので、今回はちょっとわくわくもあります。

──扇久保選手は石渡選手と同時代を戦ってきて、交わることはありませんでした。どのように石渡選手を見ていましたか。

扇久保 アマチュアも同時期でしたが階級が違った(※共に2005年のアマ修斗フレッシュマンでMMAデビュー。扇久保はフェザー級、石渡はライト級で優勝。プロデビューも同じ2006年)んで、戦うという風には見たことがなかったですけど、横目で見ていましたね。

──石渡選手の試合で印象に残っている、あるいは参考にした試合は?

扇久保 参考にした試合はないですけど、1回目の堀口戦(2013年6月「VTJ 2nd」で5Rに堀口がKO勝ち)はスゲー試合をするなと思ってみていました。僕が惨敗した(2013年3月修斗で堀口に2Rリアネイキドチョークで一本負け)後だったので」

──「簡単にテイクダウンは取れない」という予想のなかで、勝負のポイントになりそうなのは?

扇久保 際(きわ)じゃないですか。

──際を制してフルラウンド通して戦おうと。

扇久保 15分間集中して。石渡選手、たまに集中が切れるところが見られるので、そこを突いていこうと思っています。

──修斗とPANCRASEの王者対決がONEでありましたが、2人はそこには出ていませんでした。扇久保選手にとって、修斗の王者として戦う、という気持ちもありますか。

扇久保 もちろん。自分は修斗のチャンピオンとしてRIZINに出ているので、絶対に負けられないです。

──パラエストラ千葉勢にはケージ使いの得意な選手が多いです。浅倉選手は今回のケージでの試合に向けて、強化してきたこともありますか。

浅倉 普段からケージ、壁際の攻防は常にやっているので、それを今回、うまく使えればなと思います。扇久保先生もそうですし、みんなケージでの戦い方が上手いので、同じジムに見本が身近にいることがありがたいです。自分もそういう戦い方ができるように今回はしっかりケージでも戦えるんだぞ、というところを見せられればいいなと思っています。

──ヒンショーはKOTCアトム級王者ということで、この試合に勝てば世界での立ち位置も見えてくるという気持ちもありますか。

浅倉 そうですね。海外のチャンピオンなので、ここを越えたらまた一個自信になるなと思います。

──相手のテイクダウンに対してフロントチョークでの極め技も持っています。

浅倉 でも自分的にはそんな苦手意識は持っていないです、今回は。いつも通り、自分もテイクダウン狙っていくつもりですし、そのなかでその体勢(ギロチン)にもなると思うんですけど、その対策もしているので、自信を持って戦えば大丈夫かなと思います。

──「メンタルも最強」だと。

浅倉 フフフ、もう大丈夫です(笑)。

扇久保 そこがちょっと一番、気になります(笑)。

浅倉 真逆にいると思うので、扇久保先生とカンナは(笑)。

扇久保 いやいやいや、そんな事ないです(笑)。

浅倉 でも本当に大丈夫なんで。そこを乗り越えて今回試合出るんで……。決まったことに関してはもうやらなきゃいけないんで。

扇久保 ……でも、地獄ですよ。

浅倉 やめてくださいよ! 掘り返さないでください!(笑)

扇久保 凄ェなと思って。

──そういう意味で(別れと出会いを経験した)先輩もいますしね。

浅倉 たしかにそうですね。

扇久保 俺ならちょっと戦えないです(浅倉のメンタルが)凄いなと思って……(笑)。

──扇久保選手は今はもう幸せいっぱいなので。

扇久保 幸せいっぱいなのか分かりませんが(笑)。

──もう十分いただきました。

扇久保・浅倉(笑)

──浅倉選手に恒例の質問ですが、試合前の悪夢は、今回は現実で見てしまったので見ていない感じですか?

浅倉 今回はまだ見てないです。これって言うのはないですね。見るんじゃないかなと思います。

──現実を超えるものは?

浅倉 まずこれといった怖い夢はないですね。ちょっと前はありましたね。追い込みのときは怖い夢を見ましたけど、今はないです。

──ちなみにその夢というのは?

浅倉 何だったのか、そんなに記憶に残るようなものではないですね。怖い夢は今後見ないかもしれないですね。強くなったので(笑)。

──扇久保選手の先の目標はなんですか?

扇久保 もちろん勝ってタイトルマッチのことは考えますね。

──改めて朝倉海選手の8月の堀口戦についてはどう思いましたか?

扇久保 “すごい、やりやがったな”という感じで見ていました。

──格闘技は本当に何が起きるか分からないですね。

扇久保 もちろんそれは思っています。マネル・ケイプも強いですからね。どうなるか楽しみです。

──ケイプとも試合をしてみたいと。

扇久保 ケイプともやりたいと思っています。先のタイトルマッチのためにも、今回しっかり勝ちます。

──今回の朝倉海vsマネル・ケイプはどちらが勝つと思いますか?

扇久保 判定でマネル・ケイプが勝つかなと思います。

──扇久保選手の予想は当たる方ですか?

扇久保 当たると思います。

──石渡選手は「海選手のKO勝ち」と言っていたのですが、「自分の予想は当たらない」とも言っていました。

扇久保 自分のは結構、当たると思います。どうなるか分からないですが。

──ケイプ勝利予想の理由はなんですか?

扇久保 マネル・ケイプは身体が柔らかくて打たれ強いので、(ここ2試合、朝倉海は)1Rで試合を決めているんで、そこに魔が差す時があるので。(試合が)長引いた時にどうなるのかなとは思いますね。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年7月号
2020年5月23日発売
表紙&巻頭は「復活」を期す朝倉海×内山高志のスパーリング対談! 特集「伝説を越えろ」では、木村“フィリップ”ミノル×魔裟斗、武尊、那須川天心らが「レジェンド7」と仮想対決も。朝倉未来をめぐる世界のファイターたち、「日本発世界へ」女子ファイターも多数登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事