K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】KANAの公開練習を安藤美姫が見学「目に魂が宿っている選手は世界を見ても強い選手が多い」

2019/12/03 17:12
【K-1】KANAの公開練習を安藤美姫が見学「目に魂が宿っている選手は世界を見ても強い選手が多い」

K-1名古屋大会アンバサダーに就任した安藤美姫さん(左)がKANAの公開練習を見学

2019年12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』に出場する、第2代・第4代K-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者KANA(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が3日(火)都内所属ジムにて公開練習を行った。


 KANAは「初代K-1女子フライ級王座決定トーナメント」に出場。1回戦ではISKA女子世界-48kg級王者クリスティーナ・モラレス(スペイン)と対戦する。


 大宮司シルバーウルフ代表が両手に持ったスティックで繰り出す攻撃をかわすディフェンス、パンチングミットでのオフェンスの両方を披露したKANA。「日々の身体の状態をコントロールしながらいい状態で練習を積めています。ディフェンスの練習、常に動いている練習を毎日取り入れています」と好調のようだ。

 1日2試合のトーナメント用には「特別なことはそんなにしていません。スパーリングを1日6~8Rやるくらいですかね」と、通常の試合前と同じ練習をしている。


 改めてK-1初の女子トーナメントについて聞かれると「ずっとやりたいと望んでいたので、いよいよ来たかと気持ちが高まりました」と言い、1回戦で対戦するモラレスについては「このトーナメントに出場する選手の中で戦績も一番多いし、経験値は試合でプラスになると思うので1回戦に集中しています」とする。


 この日は、大会アンバサダーに就任したプロスケーターの安藤美姫さんも公開練習を見学。「瞬発力やスピードが速くて目が点になりました。いろいろなトレーニングがあると勉強になりましたし、K-1をエクササイズに取り入れたいなと思いました」と感想を述べた。


 公開練習前に別取材で対談を行ったと言い、KANAは「世界の一流アスリートなので試合前の過程や精神状態のお話をしました」、安藤は「私もフィギュアスケートをやっていて他のアスリートから学ぶことが多いです。プライベートでもお話を聞かせていただいて、身体を絞る能力がフィギュアスケートよりも長けていると感じました。プロになった今でも意識を高めるいい刺激になりましたね」と、お互いに刺激を受け合った様子。

 KANAが安藤から聞いた言葉で印象に残ったのは「感謝の気持ちを忘れないで試合に向かう」との言葉だったという。「試合に向けての感謝の気持ち、強い気持ちはフィギュアスケートも他のスポーツでも共通することだと思います」


 安藤はKANAを見た印象を「印象に残ったのはハイキック。キック力が他の選手よりも長けているのではないかと印象に残りました。あと、他の選手よりも3Rまでいっても足が止まらない。ずっと動いていますよね。単純に見て、KANA選手は日頃から自分を高めているところが試合で出せているのが印象に残りました。スティックを使った練習を初めて見させていただき、スティックを使うことでロングリーチの選手とも戦っていける、精神力や距離感の詰め方など日々研究されているのが分かりました。たくさんの名古屋の女性にKANA選手のファイトスタイル、姿を見て欲しいと思いました」と、世界的アスリートならではの視点で評する。


 さらに安藤は「KANA選手はリング、私はリンクで個人で戦う競技です。コーチの方と練習を重ねて最高の舞台で最高のパフォーマンスをするのは同じ。正反対の競技ですが、共通点がありますね。応援して下さる方の力が試合の力になるという共通点もあります。あと筋肉美でも共通点があると思うので、私はK-1ファイターの筋肉が大好きです。美しいと思いました」と、お互いの共通点を説明した。

 これを聞いてKANAも「リングに上がれば無心の状態なので、最高の動きを出せれば絶対に勝てる。そこは共通点がたくさんあると思います」とした。


 KANAは「対談だけでなく今もいいお話をたくさん聞けたので、いい1日でした」と実りのある顔合わせだったと言い、「優勝したらリング上でトリプルアクセルをやります」と笑う。それを聞いて安藤も「私は、KANA選手が優勝したらリングの上でスパーリングをしようかと思っていました」とそれぞれ公約(?)を掲げる。

 そして、最後には安藤から「KANA選手は目が印象に残る選手だと思っていて。目に力がある、魂が宿っている選手は世界を見ても強い選手が多い。今日も対談の時と練習の時は全然違う目の色で、空気感を変えられる選手だと感じました。名古屋のトーナメントでは海外から来る選手がどういうコンディションで来るか分かりませんが、KANA選手はいい空気を持っていると思うので勝てるんじゃないかなと思っています。怪我無くベストのコンディションで臨めることを祈っています。ベストを尽くせるように陰ながら応援していきたいと思います」とエールを送った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事