AbemaTVAbemaTV
シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】キックボクサー町田光、バックドロップの次は「関節技を狙う」

2019/12/02 20:12
【シュートボクシング】キックボクサー町田光、バックドロップの次は「関節技を狙う」

セミで対戦する西岡(左)と町田

2019年12月3日(火)東京ドームシティホールにて開催されるシュートボクシング協会主催『GROUND ZERO TOKYO 2019』の前日計量&記者会見が、2日(月)都内にて17:00より行われた。


 セミファイナル(第8試合)で対戦する、SB日本ライト級王者・西岡蓮太(龍生塾)は契約体重ちょうどの63.0kg、WPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光(橋本道場)は62.65kgでそれぞれ計量をパス。


 町田は「6月にSBに参戦しまして、村田選手とやりました。7月にはRIZINに参戦したんですが思うような結果が出せず、今後自分はどこへ向ったらいいか分からないと思ったんですが、たくさん考えても答えは出なくて。でも、やっぱり自分は格闘技が好きだなと思って、強いヤツに挑戦したいと思いました。だから西岡選手に全力で挑戦しようと思いました。居合パンチも居合バックドロップも投げられるチャンスがあれば全力でいこうと思っています」と、目標を見失うもリングに帰って来たと元気にスピーチ。


 前回の周囲をあっと驚かせたバックドロップに続き、今回も用意している技があるのかと聞かれると「このルールは僕に合っていると感じていて、今回、関節技を狙ってみようと思っています。その技の名前は極まったら付けます。そこは楽しみにしていてください」と、SBルールで認められている立ったままで極める関節技を狙うと予告した。


 迎え撃つ西岡は「事前インタビューでは居合パンチを出せるものなら出してみろ、当てられるもんなら当ててみろ、と大きいことを言いましたが、町田選手をナメているわけじゃないので、居合パンチも投げも警戒しながら隙を見て倒しに行ける時は倒しに行くので楽しみにしていてください」と、6連勝の油断も驕りもないとする。

 さらに、「僕も最近の相手は他団体の選手が多いので、他団体のチャンピオン、強い選手を倒して自分の名前を上げられるチャンスだと考えています。前回は(町田に)SBが負けているので、SB強いぞってところを見せつけるチャンスだと思っています」と、自分のネームバリューを上げるのとシュートボクサーの強さを見せるチャンスだと答えた、

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事