AbemaTVAbemaTV
グラップリング
レポート

【QUINTET】TEAM CARPE DIEMが優勝、桜庭チームが準優勝

2019/11/30 15:11
【QUINTET】TEAM CARPE DIEMが優勝、桜庭チームが準優勝

2019年11月30日 (土)秋田市文化会館にて「QUINTET FIGHT NIGHT 4 in AKITA」(主催者発表1,093人)が開催された。

4チームによる5対5の団体対抗戦では、「TEAM CARPE DIEM」が1回戦で韓国柔術選抜チームの「TEAM K-TOP BJJ」を2人残しで破り、決勝では桜庭和志率いる「TEAM SAKURABA」に3人残しで勝利し優勝。V3を達成した。

【Final】

○先鋒 世羅智茂 70.8kg
[0分43秒 跳び十字]
×先鋒 鈴木和宏 64.1kg

いきなりシッティングガードの鈴木に対し、ギロチンでパス狙う世羅。鈴木のガードの足を取ってヒザ十字狙い。足を抜いて立つ鈴木の首後ろを右手でとらえると鈴木も左手を世羅の首筋に。その手をすかさず左手で押さえ鈴木の首もとらえた世羅は跳びつき腕十字。うつ伏せから最後は前転させて仰向けでタップを奪った。

○先鋒 世羅智茂 70.8kg
[0分27秒 ヒザ十字] ※8分
×次鋒 出花崇太郎 74.8kg


先にシッティングガードを取るのは世羅。下から草刈りとヒザ裏に足をあてて前方に煽る世羅。足を抜き離れる出花。世羅は下から左手で足首をつかみ左足を出花の右ヒザ裏に。さらに出花の右手を掴むと、そこに出花はジャピングパスガードで前へ。仰向けに倒れた出花の右足に外がけし左手は出花の左足を伸ばしてすくうようにして胸元に抱えると、下の足と外掛けで出花の左足を挟み、ヒざ十字へ。すぐさま出花がタップした。

△先鋒 世羅智茂 70.8kg
[ドロー]
△中堅 星野勇二 68.8kg

レスリングベースの星野に対し、シッテイングガードから右で脇を差し、左ではオーバーフックで星野の腕を絞る世羅は、左足を腰に、右足を星野の左足に内側からかけ、つっかい棒をさせずに左へ回してスイープ、マウントを奪うが星野も極めさせず。両者に指導が入ってしまう。星野はトップ主体でインサイドからパス狙い。世羅はハーフから潜りアンクルを仕掛けタイムアップ。時間切れドローに。

△次鋒 田村幸成 73.8kg
[ドロー]
△副将 中村大介 73.1kg


田村のジャンピングガードからのギロチンを抜いた中村は、田村に逆襲の脇固め。これを防いだ田村はバックを取りにいくが正対した中村は三角絞め狙いも田村は立つ。

二度跳び十字に行く中村に腕を抜き、バックマウントまで奪う田村はチョークを狙いパームトゥパームで組むが極めきれず、時間切れドローに。

○中堅 山田崇太郎 79.3kg
[0分43秒 ストレートフットロック]
×大将 福本よう一 74.9kg


1回戦で2人抜きを果たしている山田。ハーフガードの潜りから福本に外掛けで前方に煽り、福本にアキレス腱固めを極める。

※TEAM CARPE DIEMが3度目の優勝(決勝で2人残し)

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事