K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】城戸康裕が再度ドーピングチェック導入を訴える「こんなこと許されちゃダメです」

2019/11/25 17:11
2019年11月24日(日)神奈川・横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~』の一夜明け会見が、25日(月)都内にて行われた。  神保克哉(K-1ジム目黒TEAM TIGER)を2R2分29秒、右ストレートでKOして下剋上を阻止した第2代K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級王者の城戸康裕(谷山ジム)が出席。試合を振り返った。 「集合が11:45だったんですが、起きたら11:00過ぎていてすぐ来ました。ビビった」と、遅刻してきた城戸。試合の感想を聞かれると「ウケてくれたので良かったです。あれが城戸の本気です。これまで30作品くらい作って、だだスベることがなかったけれど大阪で死ぬほどスベって。今回は気合い入れて作りました。緊張しちゃった。笑いが起こって緊張が解けてリラックスできました」と、試合前に流れる煽りVの話に。  試合の感想を求められると「城戸の上手いところ出ました。あいつは上手いわ。体力が衰えないんですよね」と自画自賛する。  会心のKO勝利に気を良くしたか、「K-1 MAXに出ていた時はヘビー級と70kgしかなかったから、みんな頑張って上げてきたんですよ。それで中量級に火が付いた。魔裟斗さんのせいで(笑)。今はいろいろな階級があってベスト体重でやっているからね。というわけで来年3月トーナメントやっちゃいましょうよ」と、空位となっているスーパー・ウェルター級の王座決定トーナメントをやろうとぶち上げた。  また、試合後のマイクで「ドーピングチェックをやって欲しい」と訴えたことについては「いきなりオリンピックのドーピングレベルは高いですし、あそこまでは求めてないですが、ステロイドは選手生命どころかその人の生命を短くする。それをK-1が検査してないのは容認していると見えなくもない。キック系の団体でドーピングチェックはやっていない。一切ない。そこであえてK-1が一発目をやることでインパクトになるかな、と。K-1は違うぞ、ちゃんとやっているんだと。そのせいで急に強くなるとか普通にあり得るんですよ。パンチ力が3倍くらい強くなるし、脳から筋肉への伝達が異常に早くなる。僕は体育大学で勉強したから。ステロイドを使った人は還暦を迎えるのは不可能と言われているんです。免疫力も落ちるし。何が一番かと言うと、やっている選手は自殺行為、それをやられた選手が被害を受ける。こんなこと許されちゃダメです」と、再びアンチドーピングを訴えた。  最後には「3月のトーナメント楽しみですね、とどんどんつぶやいて」と、SNSでトーナメント開催を後押しして欲しいとアピールした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年3月号
2021年1月22日発売
特集は「2021年、注目の人」。朝倉海に勝利し、RIZINバンタム級王座を奪還した堀口恭司&名将マイク・ブラウンに加え、Bellator王者アーチュレッタ、斎藤裕×石渡伸太郎、朝倉未来、那須川天心、志朗も登場
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事