K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1 KRUSH】玖村将史が苦戦も初防衛に成功、和島大海と海斗が圧勝で復活勝利

2019/11/17 03:11
【K-1 KRUSH】玖村将史が苦戦も初防衛に成功、和島大海と海斗が圧勝で復活勝利

Photo(C)M-1 Sports Media

「K-1 KRUSH FIGHT.108」
2019年11月16日(土)大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター第1体育館

▼メインイベント(第9試合)K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級(55kg)タイトルマッチ 3分3R・延長1R
〇玖村将史(王者/K-1ジム五反田チームキングス)
判定2-0 ※29-28、29-29、29-28
×林 勇汰(挑戦者/FLYSKY GYM)
※玖村が初防衛に成功。


 玖村にとって今回は2019年2月に獲得したタイトルの初防衛戦であると同時に、K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント決勝で武居由樹に2RKO負けを喫して以来の再起戦にもなる。戦績は13勝(7KO)3敗。


 林は林三兄弟の三男で戦績は5勝(1KO)5敗1分1無効試合。金子晃大がタイトルマッチを辞退し、その金子に敗れた林が挑戦者に選ばれるというチャンスを迎えた。


 1R、前に出る玖村はスピードのある左ミドル・三日月蹴りを連発し、ジャブで距離を取る。林はボディストレートからコンビネーションにつなぐ。玖村も負けじとボディブロー。玖村は右フックが相打ちになるとすかさず飛びヒザ蹴りを発射する。


 2R、林の左ボディに玖村が左フックを合わせてスリップダウンを奪うが、これはノーカウント。林はどんどん前へ出てパンチを打つが、玖村はカウンターを合わせに来る。前蹴りとジャブで距離をとる玖村にどんどん距離を詰める林。玖村がカウンターを奪うと林は不敵な笑みを浮かべる。


 3Rも前に出るのは林。カウンターを奪いに行くのは玖村。リングを大きく使って右へ回り込む玖村を追い詰めていく。頭を振りながら左フックや左ボディを打つ林。玖村は手数が少ない。手を出し続ける林が玖村をコーナーへ追い詰めて左右ボディと左フック。玖村もカウンターを返すが、手数がかなり違う。


 クリーンヒットの玖村か、手数の林か。判定は2-0で玖村が初防衛に成功したが、勝った玖村も納得のいかない表情。マイクを持った玖村は「試合内容が全然納得いかなくて、つまらない試合をしてしまったと思いますが、これが今の自分の実力なので仕方ないと思います。でも、ここで終わるのではなく来年K-1チャンピオンと戦えるようになって、また大阪へ戻ってきます」と、悔しい表情を浮かべてさらに強くなることを地元に誓った。

▼セミファイナル(第8試合)K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ウェルター級 3分3R・延長1R
〇和島大海(月心会チーム侍)
判定3-0 ※30-26×3
×藤村大輔(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)


 勝利した9試合が全てKO勝ちの和島は階級の壁を超えた対戦として注目された3月の『K'FESTA.2』で木村“フィリップ”ミノル戦で自身初となるKO負けを味わった。8カ月の充電期間を経て、地元・大阪で藤村を相手に再起のリングに上がる。戦績は9勝(9KO)3敗。


 大阪に乗り込む立場の藤村はKREST移籍初戦となった7月KRUSH後楽園大会での日中対抗戦で勝利するなど、大きくトレーニング環境が変わって心身共に充実している。戦績は11勝(5KO)4敗1分。


 1R、サウスポーの和島が左ハイ2発から左ロー2発で先制。藤村もローを蹴り返す。和島は左ミドルからの左ストレートも放ち、先手先手で攻めていく。


 2R、藤村が近づいてくると和島は左ヒザを突き上げ、左ミドルと左ストレートで突き放す。和島は左ハイで藤村をグラつかせ、動きが止まった藤村に左ミドル。前に出る藤村にまたもヒザを突き刺し、ハイキックとミドルで攻め立てる和島。


 3R、藤村は思い切り距離を詰めて勝負に出るが、和島の左ストレートからの連打でスタンディングダウンを喫する。和島は左ストレートを連打して前進。ハイキックも混ぜて倒しに行くが、藤村も反撃。KOはできなかったが、大差の判定圧勝で和島が再起戦を飾った。


 マイクを持つと「判定なんですけれど地元で試合を組んでもらえて嬉しいんですが、連敗してしまい、このリングに戻ってくることが出来ました。戻って来たからには世界を目指してまた頑張ります」と新たなスタートを切った。

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事